Reporting To You X

Archive

February 2, 2018

無実の罪で23年を刑務所で過ごした男性。自由の身となった彼を待っていた現実とは

身に覚えのない殺人罪で逮捕され、刑務所で23年を過ごした男がいる。自由の身になれたらやりたいと夢みていたことがたくさんあった。野球観戦、海水浴、逮捕時に赤ちゃんだった娘との時間。長い年月を経て無罪が認められ釈放されたが、手にした自由は思い描いたより厳しいものだった。

Why Would A Mother Imagine Abandoning Her Life?

"It’s a just-in-case move, in and of itself ridiculous; she wouldn’t go live in a tent. But she might. She could. The important thing to remember is that she could." (A short story from Danielle Lazarin's collection Back Talk.)

back to top