Reporting To You X
Skip To Content

Archive

January 7, 2020

デパコス界に激震!440円アイシャドウが「可愛すぎてしんどい」と大絶賛!セザンヌ最強すぎない…?

セザンヌ「シングルカラーアイシャドウ」がプチプラとは思えないクオリティーでした…絶妙なくすみピンクと上品なキラキラ感のあるラベンダーアイシャドウが可愛すぎ!!発色も抜群で、440円で買えるなんて信じられない…

「川崎でヘイト禁止条例の成立後、拉致被害者のポスターが撤去」はミスリード。ネットで拡散

拉致被害者、横田めぐみさんの父・滋さんと母・早紀江さんが暮らす市内のマンション住民有志「あさがおの会」と市、神奈川県が連携し、張り出したポスターの張り替えと、ヘイト禁止条例を結びつけるツイートが拡散している。

ゴールデングローブ賞授賞式で「中絶の権利」を強く訴えた女優。選択権がなければ「受賞できなかった」

「『選択肢』が存在する社会でこの瞬間を生きられていることに、感謝します。女性として生きる上で、自分の選択によらないことが、自分の体に起こる可能性があるからです」と、テレビ映画部門の主演女優賞に輝いたミシェル・ウィリアムズは語った。

まもなく開かれる相模原事件初公判 「内なる優生思想」に私たちはどう抗うか

障害者入所施設「津久井やまゆり園」で元職員の植松聖被告が入所者19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた相模原事件の初公判が間もなく開かれる。「起こるべくして起こった」とこの事件を考え、「内なる優生思想」をテーマに対談集も出版した作家の雨宮処凛さんに、植松被告を生み出した日本社会についてお話を伺った。

back to top