推しに染められたい、あなたへ

    Nikonが作った「推しのための双眼鏡」を使ってみた

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ライブやコンサートで推しの姿をあますことなく見届けるには、双眼鏡が役立つ。

    しかも、その双眼鏡が自担のカラーだと嬉しい。そういうものらしい。

    Asami Togi / BuzzFeed

    その潮流にのり、Nikonが新しい双眼鏡を発売した。

    青、赤、緑、黄色、紫、白、黒の7色から選べる双眼鏡「アキュロンT02」だ。

    Asami Togi / BuzzFeed

    わずか195gという軽さで、かつコンパクト。

    ポケットにしまっておけるから、荷物を減らしたい現場でも邪魔にならない。

    Asami Togi / BuzzFeed

    性能のほどを見てみよう。

    Asami Togi / BuzzFeed

    ここは国立競技場。

    2階席からスタジアムを見下ろしている。

    Asami Togi / BuzzFeed

    白く囲んだあたりを双眼鏡で覗いてみる。

    Asami Togi / BuzzFeed

    視界があまりにクリアで驚いた。

    肉眼だと、このスマホ画像よりずっと鮮明に見える。もはやレンズを感じさせない。

    倍率もなかなかのもので、和太鼓を叩く一人ひとりの顔がはっきりとわかる。

    Asami Togi / BuzzFeed

    ピント調節は中央のネジを回す。

    片手で調節できてしまうので、片手がペンライトでふさがったままでも構わない。

    Asami Togi / BuzzFeed

    価格はカラーによって異なるが、6000円から7000円ほどで購入可能。

    持ち運びに便利なエントリーモデルを探すなら、この双眼鏡が推せる。

    自担カラーにこだわるなら、なおさらだ。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。