Reporting To You X
Skip To Content

Archive

September 10, 2019

千葉の停電、46万戸で続く。東電「11日中の復旧見通し立たず」 木更津エリアの修理は3割にとどまる

東京電力は台風15号の影響で続く停電状況について説明した。千葉県内では現在も約46万戸で停電が続いているが、11日中の復旧の見通しは立っていないと発表した。

こんなにスッキリするなんて…!キャンドゥの“収納グッズ”が画期的すぎる

小さいから、迷子になりがちなショートソックス、CanDo(キャンドゥ)の「ソックスハンガー」でスッキリ収納できるよ〜!

「働き盛りの男性を被害者にも加害者にもしないために」 厚労省が企業向けの風しん対策セミナーを実施

2018年からの流行が未だに食い止められない風しん。国は流行の中心となっている40歳〜57歳の男性に抗体検査や予防接種を無料にする追加対策を始めましたが、働き盛りのこの世代が受けやすくするために、企業に協力を呼びかけています。

「夢のために」セクハラも我慢する。フリーランス・芸能人のハラスメント被害が調査で明らかに

これまで実態が明らかにされてこなかった、芸能関係者などのフリーランスに対するハラスメント。3団体が共同で実施した調査では、回答者の約6割がパワハラ、3割以上がセクハラを受けたことがあると答えた。

批判あいつぐ外国人の長期収容。入管庁長官が会見で語った解決方針とは

入管庁の佐々木聖子長官が、難民申請や入管施設内の医療について日本外国特派員協会で開かれた会見で話しました。

相次ぐ当選や得票の取り消し。なぜ要件を満たさない候補者が立候補?

足立区や新宿区の区議会議員選挙など、相次ぐ得票の無効と当選取り消し。なぜ、要件を満たさない立候補することが可能なのか。専門家に話を聞いた。

「アーティストの力だけでは足りない」 表現の自由を守るため、アーティストが語ったこと

「表現の不自由展・その後」。その展示の再開を求める「Re Freedom Aichi」プロジェクトが始まった。9月10日現在、35組のアーティストが賛同している。記者会見に臨んだ8名のアーティストが語ったこととは。

千葉県の台風被害が深刻、停電・断水続く。エアコン使えず熱中症の危険も

千葉県内では、台風15号の影響でなおも停電・断水している地域も。県危機管理課は「二次被害として熱中症の危険性が高まっている」と警戒を呼びかけている。

「表現の自由の完全なる回復を」あいちトリエンナーレ、アーティストたちが声明【全文】

「ReFreedom_Aichi」では、テロ予告などで閉鎖された「表現の不自由展」会場などの壁を使った参加型のプロジェクト「Y/Our Freedom」を実施する。資金はクラウドファウンディングで募っていくという。こうした動きが出るのは、一連の問題が起きてから初めて。

分断を生まないために。芸術家たちがいま問う「表現の自由」とアートの意味

テロ予告などで閉鎖されたあいちトリエンナーレ「表現の不自由展」。その再開を求め、アーティストたちが立ち上がった。資金はクラウドファウンディングで募っていくという。こうした動きが出るのは、一連の問題が起きてから初めて。果たして、その思いとは。

「仕事ほしいんでしょ」「何もしないからホテル行こう」 女性声優が語るセクハラの実態

「業界内には『パワハラもセクハラも、文句を言うやつがおかしい』という空気があります。被害の数も、女性声優でセクハラされたことがない人なんていないんじゃないかってくらい」

back to top