Reporting To You X

Archive

August 15, 2019

あいちトリエンナーレで海外作家計12組が出展辞退や一時中止「政治的圧力あった」「表現の自由は重要」

企画展「表現の不自由展・その後」が中止されたことにより、あいちトリエンナーレに出展していた海外の作家が作品の一時展示中止などを表明し、抗議の姿勢を示しています。

これは危険なやつ…無印の「190円おつまみ」中毒性がエグすぎました

無印の「カシューナッツ カレー味」の中毒性がハンパじゃないんです…。 コク深いカレー味とまろやかなカシューナッツの甘みが相性良すぎて、やめられない止まらない! 値段も190円とお買い得だし、イイとこ三昧すぎる…!!

これ考えた人天才! ディズニーランドで見つけた「実用的すぎるお土産」がすごいwwww

ディズニー映画のキャラのデザインを生かした、めちゃくちゃ実用的なグッズとは...!?

“心配性すぎる犬”を描いたマンガに共感の声が殺到「あるある」「分かりみが深い」

いちいち心配する“しんぱいいぬ”も可愛いんだけど、それを優しく見守る“とささん”もステキ…尊い…。

「平和ってまぶしいんだ」あの日、13歳の少年が思ったこと。

終戦記念日の8月15日、戦争と平和について書き続けてきた児童文学作家、早乙女勝元さんが、終戦や戦争体験、平和への思いを語りました。

ローソンの“168円和菓子”が神すぎた…絶対に買って損しない美味しさです!

ローソンの「北海道産小豆使用のこしあん大福」がすごいんです…。 モッチモチのお餅になめらかなこしあんが入っててとっても美味しい! 小分けになっているので、好きな時に食べられるのもポイント高いです!

ポイント使いでおしゃれな目元に!最新版おすすめ「ブルーコスメ」とメイク方法を解説

夏になると挑戦したくなるブルーのアイメイク。涼しげでおしゃれな目元に憧れますよね。でも、お肌から浮いてしまいそうでいつもチャレンジできない…。そんな方のために、最新版のおすすめアイテムとメイク方法を解説します!

これ、パティスリーの味だ…!ファミマの“マフィン” クオリティがすごかった

見た目も味も抜群に良いスイーツをファミマで見つけちゃいました…! このマフィン、人気パティスリーの「Rouge Blanche(ルージュブランシュ)」が監修しているんです! 本格的な味で生地もしっとり!見た目も可愛くて最高です!!

「自動車事故は一部の人たち」はもう通じない。ある思いを胸に患者たちはラジオを手に取った

病気には偏見がつきまとう。言えずにいた思いを、そのラジオは伝えた。すると、人々が集まり始めた。

「日本は吹き溜まりの国」ガンダム生みの親・安彦良和と考える、“この国”のかたち

改元で新たな時代を迎えたいま、「天皇」と「この国」の成り立ちをどう捉えたら良いのか。そのヒントを安彦氏に聞いた。

意外と知らなかった!肌悩み別におすすめフェイスマスクをまとめてみた

お肌を整えてくれるフェイスマスク、なんとなくいつも同じものを選んでいる方も多いのではないでしょうか?実は、フェイスマスクもお肌の悩みに合わせて選ぶことが重要なんです。今回は、お肌の悩み別におすすめアイテムをご紹介します!

平成から受け継がれた平和への思い 令和最初の追悼式で天皇のお言葉は

戦争への反省の思いを上皇さまから受け継ぎ、より国民の目線に立つ。そんな思いがにじむ「お言葉」だ。

天皇陛下「過去を顧み、深い反省の上に立って…」戦没者追悼式で初のおことば(全文)

元号が「令和」に改まってから初となる戦没者追悼式が8月15日、東京千代田区の日本武道館で開かれた。

終戦の玉音放送を現代語にすると...「耐え難いことにも耐え、我慢ならないことにも我慢して…」

1945年8月15日正午、昭和天皇が「終戦の詔書」を朗読した音声、いわゆる「玉音放送」がラジオで全国放送された。国民はこのラジオを通じて「敗戦」を知った。

タピオカと戦争の意外なつながり、知っていますか?

柳田國男の朝食にもなっていたと話題を呼んだ「タピオカ」。明治時代にハイカラな高級食材として西洋から取り入れられ、戦時中には米の代わりになった、その歴史を振り返る。

トリエンナーレの少女像、スペインの実業家が購入 バルセロナで撤去された作品集め博物館開館へ

スペインの実業家が、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」で展示されていた、平和の少女像を購入しました。

東京からたった2時間!絶景とグルメが満喫できる『初島』は最高の癒やしスポットでした

熱海旅行の際は、全力で初島をおすすめします。自然も遊びもグルメも楽しめる完璧な観光スポットです。

「人と人はわかり合えない」ガンダム生みの親・安彦良和は語る、人類と歴史の宿命を。【終戦の日】

71歳の安彦氏は、実際の「歴史」とも向き合っている。目下のライフワークは近現代史をテーマにした作品。『虹色のトロツキー』では中国東北部に存在した日本の傀儡国家「満州国」を描いた。連載中の『乾と巽』では「シベリア出兵」に取り組んでいる。

浅草ランチで迷ったらここが正解! このホテルを覚えておけば安心です。

お店選びのセンスがないって言われがちな人にこそ知ってほしい、おしゃれなダイニングレストランがあります。

肉好きが恵比寿でランチするなら、絶景レストランのステーキ。これ一択。

恵比寿ガーデンプレイスの中にある、あの高級焼肉店が手掛けるステーキレストランです!

back to top