Reporting To You X

bf4girls

bf4girls

もしも、女子サッカー選手が「革命」を起こしたら。

なでしこリーグ2部の「スフィーダ世田谷」で活躍する下山田志帆選手が、女性スポーツ界から社会問題の解決を目指す会社を立ち上げた。

彼女は痴漢をした男を捕まえ、裁判に発展した。そして、今も苦しみ続ける。

連載記事の2本目。彼女が痛感した現代社会だからこその苦悩。そして、この件が刑事裁判になるまでの大変さや判決結果を伝える。

生理用品に「満足していない」のに、毎月使い続けるのはなぜ? #だから話そう生理のこと

話しづらいから、ついつい我慢してもそのままにしている......そんなからだの悩み、ありませんか。見て、触って、話して、楽になるイベントを開きました。

二階堂ふみらが試写会で語った、ツキイチの「生理ちゃん」との絶妙な関係

11月8日に公開される『生理ちゃん』。10月6日に試写会が行われた。品田俊介監督は「生理ちゃんは、一人一人の一番近くに寄り添って、親友以上の存在です」と語る。

身体を傷つける儀式を9割の少女が受ける国で。撮影したジャーナリストの思い

およそ90%の女性がFGM(女性器切除)を受けるシエラレオネ。女性が「一人前」になるうえで大切な通過儀礼とされている。その国でFGMに立ち向かう2人の少女の活動を、伊藤詩織さんがカメラを通して見つめている。

「痴漢しましたよね」と人生で初めて男の腕をつかんだ。彼女が選んだその後。

連載記事の1本目。人生で初めて「痴漢しましたよね」と声をあげた女性に起きたこととは。

「悪いことをした人の味方もするのはなぜ?」小学生が弁護士にインタビューしてみた

弁護士ってどんなお仕事?タトゥー医師法裁判やGPS捜査裁判などを担当してきた亀石倫子さんに、小学生がインタビューしてみました。

Twitterで「#国際ガールズデー」の横に表示されてる絵文字って、何だと思いますか?

10月11日は「国際ガールズ・デー」。Twitterでは2018年から国際NGO「プラン・インターナショナル」と連携して、国際ガールズ・デーのハッシュタグと一緒に絵文字を表示させる取り組みを始めました。

明日も、がんばる私たちへ。女の子たちに贈るメッセージ

10月11日は国際ガールズ・デー。さまざまな業界で活躍する女性たちに、なりたい自分を目指す女の子たちへのメッセージを聞きました。

「私は日韓ハーフなんだけど…」彼女がいま、カミングアウトした理由

車椅子の詩人・豆塚エリ。日韓ハーフで、四肢に障害を持っている26歳の彼女は、なぜ言葉をつむぐのか。韓国をめぐるヘイトや罵詈雑言が溢れる今に生きるからこそ、伝えたい思いがある。ロング・インタビュー後編。

月経カップは生理用ナプキンよりも低コスト 研究で明らかに

3300人の女性に月経カップを使用してもらったところ、約70%の女性が使い方に慣れれば月経カップを使い続けたいと答えた。

大声で言えないけど、実は妊婦さんたちがやっていること

赤ちゃんのためだもん、仕方ないよね。

目が見えなくてもおしゃれがしたい。視覚障がい者向けのネイルサロンが叶えたもの。

目が見えなくてもおしゃれを楽しんでほしい。そう願ってネイルやメイクを提案する日本に唯一の視覚障がい者専門のネイルサロンが埼玉県にある。名前は「ネイル ルブライユ」。経営業態は主に出張型だ。どうして目の見えない人をターゲットに?そこには意外な答えがあった。

16歳の冬、彼女はなぜ自宅のベランダから飛び降りたのか。

車椅子の詩人・豆塚エリ。日韓ハーフで、四肢に障害を持っている26歳の彼女は、なぜ言葉をつむぐのか。韓国をめぐるヘイトや罵詈雑言が溢れる今に生きるからこそ、伝えたい思いがある。ロング・インタビュー前編。

リアルユーザーに聞いた!月経カップはこう使おう!

使ってる人も、使ってない人も読んでみて。

ピル服用をアプリでサポート。「ルナルナ」にピルモードができた理由

生理アプリ「ルナルナ」に、低用量ピルを服用している人のための、ピルモードができました。ルナルナ事業部長に開発の背景を聞きました。

水泳の補講を受けさせられる、子どもとのお風呂がつらい、妻の気持ちがわからない。 いろいろな人の「生理のときに困ったこと」

生理のつらさって人それぞれだよね。だからこそ、生理がない人も、どういたわればいいかわからないことも…。

話題の「生理用パンツ」はナプキンもタンポンもいらなかった。1年間はいてみてわかったこと

ナプキンで肌がかぶれる、タンポンを使うのが怖い、布ナプキンを使ったことがあるけどモゴモゴする、環境に優しい商品を使いたい、楽に生理期間を過ごしたい、などなど生理がくるすべての人におすすめします!

これからは隠さず「魅せる」。ある補聴器ユーザーが起こしたおしゃれ革命

ある補聴器ユーザーの女性が「補聴器をもっと気軽でポジティブにしたい」という思いで、全く新しいデコ補聴器を開発しました。

ありのままが美しい 加工無しで「リアル」を晒した海外セレブたち

セルライト、ストレッチマーク、妊娠中のむくんだ足首。ありのままの「女性の体」をファンに届けるセレブたちをご紹介します。

難民の女の子たちに問いかける「大きくなったら、何になりたい?」

「イスラム国は、イラクを破壊しています。だからイラクを再建できる仕事がしたい。私がこれまで住んだ家は全部破壊されてしまいました」

「どうして白衣を着ないの?」 女性の寿司職人に小学生がインタビューしてみた

日本で初めて、女性職人だけがお寿司を握る「なでしこ寿司」。店長の千津井由貴さんに小学生がインタビューしました🍣

車椅子の彼女は、なぜ夜の歌舞伎町に救われたのか

物心がつく前からの車椅子生活。障がいがコンプレックスで、自分を抑えつけた。そんな彼女を救ったのは、夜の歌舞伎町。偏見がない人と出会ったことで、恋愛にも積極的に動き出した。

「体重は健康の指数じゃない」有名ドラマ出演女優が、摂食障害に苦しんだ過去を告白

「私が学年で一番重かったの」。ドラマ『グッド・プレイス』への出演で知られる女優ジャミーラ・ジャミルが、過去のトラウマについて語った。

「専業主婦の世帯は優遇されている」は本当か? 高校生が本気で考えた男女平等の作戦

男女平等の指数が149カ国中110位の日本で、どうすれば男女格差をなくせるのか。高校生が大人たちに提言しました。

「ナプキン着けて生活もしてみた」男性監督が、生理のドキュメンタリーを撮る理由

生理をテーマにドキュメンタリー映画を撮っている男性監督がいます。その思いとは。

なかなか言えないけど、知ってほしい。女性たちが抱える「性行為の悩み」

悩んでいるのは、あなただけじゃない。性行為への複雑な思い、自分の体に抱く不安を、女性たちが包み隠さず語りました。

「なぜ男と女の命の重みは違うの?」ある少女たちの問いかけ

イラン映画「少女は夜明けに夢をみる」が、私たちに語りかけるものとは。

一度は「死にたい」と口にした。両足が動かなくても、どこへでも行く母

車いすでバリバリ運転する母親の様子をおさめた動画がTwitterで話題に。大動脈解離で倒れてから11年、「いまが一番楽しい」という理由とは。

何人知ってる? 今ロールモデルにしたい世界の女性31人

ガールパワーが炸裂しているスターたちをご紹介します😘

2つの国で「よそ者」だった母が、子どもの給食にこだわる理由

生まれた時から「無国籍」だった女性がいる。「外人」と呼ばれながらも、日本人として母となることを決めた彼女。女性として、母として、彼女が追い求めるものとは。

誰にでもある身体のコンプレックス。長い時間をかけて克服した女性たちが送るエール

人それぞれに悩みはある。成長して、自分を好きになれるときがきっとくる

痩せているのは「ずるい」こと? 痩せ型の人がなかなか言えない15の悩み

体重を増やしたくても増えないこともある。痩せていることは「ずるい」ことじゃない。

77歳の元芸者で、シングルマザーの半生と教え。

「芸者になってから、好きな人ができました」。どんな半生を過ごしてきたのか。歳を重ねることをどう思うのか。

子育て中の女性医師も当直勤務を そして、男性も家事・育児を

育児と仕事をどう両立させるか? そしてなぜこの課題に頭を悩ませるのは決まって女性ばかりなのか。仕事も育児も男女平等に、と働く母親の立場から、平等な勤務を提案した産婦人科医にお話を伺いました。

「ねえグーグル、おとぎ話をして」 84歳のおばあちゃんが、ITで楽しむひとり暮らし

年齢や性別、民族に関係なく、友達になれる。インターネットはシニアの世界を広げていく。

傷、そばかす、アザ......「完璧」ではない私たちの話

完璧な人なんていない。ただ、私の場合、それが見た目にわかりやすいだけ。

「試合後にアイス食べますか?」小学生が女子サッカー選手にインタビューしてみた

「疲れた時に癒してくれるのは?」「えー?彼女」「かのじょ…?!」

あの時の私へ、今だから言えること

自分らしくていい。自分らしいのがいい。

50歳になったジェニファー・アニストン 年齢について語る

「急に『その歳でそんなに綺麗だなんて』みたいなことを言われるようになるって、変な感じ」

10月11日は #国際ガールズデー🧚‍♀️ 特集記事をまとめて読むにはスマートニュースが便利です

ずっと付き合う「からだ」のことだから、みんなで悩みを分け合えたら、毎日がもっと楽しくなるかもしれない。BuzzFeed Japanでは性や健康について考え、「男らしさ」や「女らしさ」を超えて、自分らしく生きる人を応援するコンテンツを届けていきます。

生理のちょっとした疑問、話せてますか? 身体のことをじっくり語る「夜の会」にようこそ

生理がつらい人も、そうじゃない人も。「これ誰かに言っていいんだっけ?」な本音をゲストのはましゃかさん、西本美沙さんと語る会を、10月9日(水)夜に開きます。

「ヒールの強制禁止」を命令した国があるって知ってた?

実は各国で起きていた #KuTooの動き。フィリピン政府も2017年に労働雇用省令を出して、職場でのヒール・パンプス着用義務を禁止していました。

back to top