Reporting To You X

bf4girls

bf4girls

産後の体は、奇跡の証。ママたちがリアルな体を見せてくれました

世界のいろんなお話を届ける「ベッドタイムストーリー」。妊娠中の女性の体の変化について語られることはあっても、出産直後の変化についてはあまり耳にしない…。そこで今回は、世界の先輩ママたちにリアルな産後の姿と体験談をシェアしてもらいました。

生理用の吸水ショーツ、障がい者向けのラインも発売!どんな体勢でも簡単に着脱可能

オーストラリア発のフェムテックブランド、「Modibodi」から、体の機能に制限がある人に向けた生理用の吸水ショーツが発売されました。ユーザーは「自立し、プライバシーと尊厳のレベルを保つのは、私にとってとても重要なこと」と語ります。

「成績順にすると女子が圧倒的に多くなってしまう」共学の私立中学受験、女子が不利になるのはなぜ?

共学の私立中学校には、受験の際に男女で募集人数や合格最低点が違う学校があります。慶應義塾中等部、渋谷教育学園渋谷中学校、青山学院中等部、早稲田実業学校中等部、法政大学第二中学校、明治大学付属明治中学校に見解を聞きました。

「なんで黒人がいるんだ」。街中で突然投げかけられた言葉を胸に、彼女がビューティコンテストに出た理由。

コンゴと日本の架け橋となって、Beauty Japanに出場したある女性がいました。自身が日本で受けてきた差別やBlack Lives Matter運動への思いを胸に、彼女がコンテストのステージで語った言葉とは。

「みんなが自分を卑下せずにいられる場所を作りたい」自称・こじらせ女子がミスiDセミファイナリスト、そして起業家にになるまで。

先日ミスiDセミファイナリストに選出され、起業家としても活動するミヤジサイカさん。しかし、今までの彼女は「普通」の軸に縛られて苦しむことが多かったといいます。彼女がどのように「普通」から自由になったのか、話を聞きました。

「見はじめたら止まらない…」Huluのガールズドラマ、笑って泣いて、超勇気もらえる…。

Huluプレミア「NYガールズダイアリー〜大胆不敵な私たち〜」が恋愛から社会問題まで、現代の様々な悩みや出来事を明るく描いた超ポジティブドラマなんです!これを見たら元気にならないはずがない〜!!

「乳首はホントに痛い」出産前に知りたかった、授乳にまつわる27のこと

授乳は身体的にも精神的にもかなり大変。授乳の素晴らしさを語る記事ならたくさん見つかりますが、授乳の辛さや、時には授乳が不可能であることについて語られることは、あまりありません。そこで、第一子を授乳中の私が学んだことを、皆さんに共有します!

「親戚に『女の子だからそんなに勉強しなくていい』と言われた」ジェンダー・ギャップ121位はただの数字じゃない。

昨年12月に発表された「ジェンダー・ギャップ指数」で、過去最低の121位を記録した日本。BuzzFeed NewsのLINE公式アカウント「バズおぴ」に寄せられた読者の皆さんの声をご紹介します。

裁判をしてもレイプ被害の傷が癒えることはなかった。だから私は、直接容疑者に会った。

レイプ被害で負ったトラウマは、警察にも、法廷までもついてきた。「加害者が投獄されれば、すべての被害者は癒やされる」という前提に、ある被害者は異議を唱え、話し合いを重視する「修復的司法」を用いることにした。

身体を傷つける儀式を9割の少女が受ける国で。撮影したジャーナリストの思い

およそ90%の女性がFGM(女性器切除)を受けるシエラレオネ。女性が「一人前」になるうえで大切な通過儀礼とされている。その国でFGMに立ち向かう2人の少女の活動を、伊藤詩織さんがカメラを通して見つめている。

「私は日韓ハーフなんだけど…」彼女がいま、カミングアウトした理由

車椅子の詩人・豆塚エリ。日韓ハーフで、四肢に障害を持っている26歳の彼女は、なぜ言葉をつむぐのか。韓国をめぐるヘイトや罵詈雑言が溢れる今に生きるからこそ、伝えたい思いがある。ロング・インタビュー後編。

目が見えなくてもおしゃれがしたい。視覚障がい者向けのネイルサロンが叶えたもの。

目が見えなくてもおしゃれを楽しんでほしい。そう願ってネイルやメイクを提案する日本に唯一の視覚障がい者専門のネイルサロンが埼玉県にある。名前は「ネイル ルブライユ」。経営業態は主に出張型だ。どうして目の見えない人をターゲットに?そこには意外な答えがあった。

16歳の冬、彼女はなぜ自宅のベランダから飛び降りたのか。

車椅子の詩人・豆塚エリ。日韓ハーフで、四肢に障害を持っている26歳の彼女は、なぜ言葉をつむぐのか。韓国をめぐるヘイトや罵詈雑言が溢れる今に生きるからこそ、伝えたい思いがある。ロング・インタビュー前編。

話題の「生理用パンツ」はナプキンもタンポンもいらなかった。1年間はいてみてわかったこと

ナプキンで肌がかぶれる、タンポンを使うのが怖い、布ナプキンを使ったことがあるけどモゴモゴする、環境に優しい商品を使いたい、楽に生理期間を過ごしたい、などなど生理がくるすべての人におすすめします!

back to top