• bf4girls badge
  • kodomo badge

もし電車で痴漢にあったら。周りの大人に助けを求める方法

満員電車などで通学中の生徒たちも被害に遭う、痴漢。もし痴漢に遭ったら、どう助けを求めたらいい?痴漢抑止活動センター代表の松永弥生さんに話を聞きました。

毎日、電車で通学する中高生たちにとっては、不安の種である「痴漢」。

もし、自分が被害に遭ったら、どう対応したらよいのでしょうか…?

痴漢から子どもたちを守る活動を続けてきた、痴漢抑止活動センター代表の松永弥生さんに、助けを求める方法や、抑止のためにできることについて、話を聞きました。

Tetsuya Maruta / Getty Images

(イメージ写真)

もし被害に遭ったら、どう助けを求める?

通学中の満員電車などで、もし被害に遭ったら、どのように助けを求めればいいのでしょうか。

警視庁は、「鉄道警察や各警察署の生活安全課に通報、相談すること」や、「大声で助けを求める」などの対策を呼びかけています。

電車内で被害を訴えたり、助けを求める方法について、松永さんはこう話します。

「電車の中で『痴漢です』と大きな声をあげるのには、勇気がいります。小さな声でも大丈夫なので『やめてください』『手が当たっているのでどけてください』と言って、『いやだ』ということを示してください」

「触られていた人の手をつかむのは『違う人の手をつかんでしまったら…』『何かされたらどうしよう』と躊躇してしまいという、子どもの被害者の声も聞かれます。小さな声で大丈夫なので、周りの大人に助けを求めてみてください」

Getty Images

(イメージ写真)

そして、松永さんは「あなたは絶対に悪くない」ということを、被害を受けた児童・生徒に伝えたいと話します。

痴漢など性被害をめぐってはインターネット上などでも、被害者の「落ち度」などを責める二次被害も起こっていますが、悪いのは痴漢をした加害者です。

自分を責めたり、助けを求めることを諦めたりせず、「周りの大人などに声をかけて」と呼びかけます。

警視庁は被害にあったら、鉄道警察や各警察署の生活安全課に通報、相談することを呼びかけています。

警視庁ウェブサイト上では、東京、新宿、上野、立川各駅の鉄道警察隊の分駐所の場所の地図も示されています。

バッジで伝える「痴漢は犯罪です」「泣き寝入りしません」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

2019年のコンテストで特別審査賞を受賞した作品「NO!!!」

松永さんは2015年から、電車通学をする生徒たちを痴漢から守る活動をしています。

主な活動として毎年、「痴漢抑止バッジデザインコンテスト」を開催しています。

コンテストでは全国の中高生や大学生が、「痴漢は犯罪」「泣き寝入りしません」などのメッセージが入った缶バッジのデザインを考え、応募します。

バッジコンテストの優秀作品は、実際にバッジとして商品化されます。生徒が通学カバンに着けることで、「私たちは許さない」というメッセージになるのだといいます。

実際にバッジを着けた生徒からは、「バッジを着けてから痴漢されることがなくなった」「安心して通学できる」といった声が寄せられています。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

実際に痴漢抑止バッジをつけた生徒から寄せられた声

コンテストは「バッジで子どもを痴漢から守る」、そして「痴漢について知ってもらう、考えてもらう」という2つの目的があるといいます。

「バッジのデザインを考えてもらうだけでなく、痴漢について実態を知り、社会の問題として考えてほしいという思いがあります」(松永さん)

今年のコンテストは国土交通省と文部科学省も後援につき、JR西日本も協賛しています。

これまでのコンテストで受賞した作品は商品化され、ネットショップで販売されています。

痴漢抑止活動センター

かばんに痴漢抑止バッジをつけた様子

松永さんは今、痴漢の実態について広く学生たちに知ってもらうために、アニメーション動画も作っています。

動画では、どのような種類の痴漢被害がどこであり、万が一被害に遭ったときは、どう対応すればよいかについて、アニメーションでわかりやすく説明します。

松永さんはクリエイターと協力して、11月20日までクラウドファンディングで支援金を募りながら動画作成を進めています。

痴漢抑止活動センター / Via readyfor.jp

痴漢の実態について知ってもらうためのアニメーション動画のイメージ

痴漢被害を防ぐ取り組みとしては、痴漢抑止活動センターが展開する痴漢抑止バッジの他にも、RadarLabが運営する痴漢レーダーアプリの「Radar-z」などもあります。

このアプリでは、痴漢被害情報を共有し、被害場所や時間の可視化し、他のユーザーにも注意喚起をすることができます。

警視庁が公表するデータ(2019年)によると、東京都内の痴漢(迷惑防止条例違反)の検挙が最も多い場所は、「電車」(45%)で、次に「駅構内」(19%)です。

このアプリでも、駅などでの被害が多く報告されています。

📣「仕方ない」で終わらせるのはもうやめよう。 一緒に声をあげたい。あなたの声がみんなの勇気になる。 過去の被害も要望も登録可能! みんなの声を集めて実情に即した防止策を提言しよう。 みんなの声をRadar-zにのせて、痴漢ゼロへ。 https://t.co/qr4V9vxnyk #NoMoreChikan

@Radar_z_jp



Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here