• bf4girls badge
  • womenjp badge

産後うつの経験を、アカデミー女優が語る「誰も教えてくれなかった」

3人の子どもを持つリース・ウィザースプーン。出産後の状態は、3回全て違ったといいます。

『キューティ・ブロンド』や『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』主演のリース・ウィザースプーンは、オープンで飾らない人柄が支持されています。

Rachel Murray / Getty Images

アカデミー賞やゴールデングローブ賞の受賞歴もありながら、映画のプロデュース業や女性や子どもを支援する慈善事業にも力を入れています。

いつも明るい印象のリースですが、『グッド・プレイス』のジャミーラ・ジャミルのポッドキャスト『IWeigh』に出演した際、自身の産後うつについて語りました。

Frazer Harrison / Getty Images

リースには3人の子どもがいますが、産後の状態は毎回まったく違ったといいます。「軽い産後うつが1回ありました。重度で、何も考えられず薬を飲まないといけなかったことも。そして、まったく症状がなかった時もありました」

Alberto E. Rodriguez / Getty Images

「卒乳後、あんなにホルモンバランスが崩れるなんて思いもしませんでした」

Jean-baptiste Lacroix / Getty Images

「第一子を生んだのは23歳のときだったけど、卒乳でどうなるかなんて誰も教えてくれなかった。人生で一番気持ちが沈み込んで、うつ状態になりました。怖かったです」

リースは現在44歳。最初の夫ライアン・フィリップとの間に女の子と男の子を1人ずつ(現在20歳と16歳)、現在の夫ジム・トスとの間に男の子を1人(現在6歳)授かっています。

Todd Williamson / Getty Images

産後うつに陥る中、誰からも説明や助けがなかったというリース。そこにあったのは、恐怖だけだと明かします。

Jamie Mccarthy / Getty Images

「ホルモンはまだまだ未知の分野で、解明されていないことが多いです」

Leigh Vogel / Getty Images

「ドクターに何度も答えを求めたけれど、そもそも(ホルモンが与える)女性の体への影響に関する研究がまだ少なく、ホルモン変化の重大さが軽視されていると思う」

「今、産後うつと戦っている女性に深く共感します。産後うつは、リアルな問題です」

Amy Sussman / Getty Images

リースが産後うつを語ったジャミーラのポッドキャストは、こちら(英語)から。

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan