Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

lgbtjapan

lgbtjapan

異性愛者のふりをして、過ごしてきた日々。「自分のあり方はこのままでいいんだ」と希望がもてる社会にするために。

性的マイノリティに対する差別を禁止する「LGBT平等法」の制定を求めて、国際署名キャンペーンが行われています。どうして“ルール”が必要なのか。一般社団法人LGBT法連合会・理事の五十嵐ゆりさんに聞きました。

「特別な配慮」が生きづらさを生む場合も。「LGBTを受け入れよう」から「全ての性を尊重しよう」へ

10月から11月、「SAITAMA RAINBOW フェスティバル」が開催された。最終日、講演会に登壇した中島潤さんは、性的マイノリティを取り巻く課題に対処する上で、多様な性を包括する視点が欠かせないと話す。

HIVに感染していてもセックスや恋愛を楽しめる 「U=U」キャンペーンサイトがオープン

HIVに感染していても、適切な治療を受けてウイルスを抑え込んでいれば、コンドームなしでもセックスの相手に感染させることはありません。この科学的な事実を知らせるためのキャンペーンサイトがオープンしました。5言語にも対応します。

60年以上前の、忘れられない恋。90歳の男性がSNSでカミングアウト

敬虔なカトリック教徒の家庭に育ち、ゲイは「地獄に落ちる」と思っていたある男性は、20代の頃に経験したある恋を忘れられなかった。新型コロナの自粛生活で回顧録をつけることにした彼は、過去の恋愛と自身のセクシュアリティについて考え直す。

極右団体「プラウド・ボーイズ」のハッシュタグをのっとろう!ゲイ男性たちが対抗し、カップル写真を数多く投稿

白人至上主義、反トランスジェンダーを掲げるメンバーの多い男性のみの極右団体「プラウド・ボーイズ」。トランプ大統領が討論会で「待機しておけ」と言及し、注目を浴びた。しかし、ツイッターで「#ProudBoys」と検索すると…。

「今でも男だと思っている」という父の言葉。彼女が “すっぴんの自分”で伝えたかったこと

設計事務所で働きながら、トランスジェンダー女性として講演活動などをしているサリー楓さん。ドキュメンタリー映画の撮影のために、父と初めて自身のジェンダーについて話した瞬間を振り返った。

男性、女性、トランスジェンダーであるよりも。サリー楓が「情けない自分」も全て見せる理由

トランスジェンダー女性のサリー楓さんの生活に密着した映画「You Decide. (邦題:息子のままで、女子になる)」が、ロサンゼルス・ダイバーシティ・フィルムフェスティバル(LADFF)で、ベストドキュメンタリー賞を受賞した。

LGBTの「今」を切り取った印象的な9枚の写真

世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーGetty ImagesではLGBTQに関するビジュアルも豊富に取り揃える。印象的なのは、よりリアルで自然なビジュアルの数々だ。

「ハリポタのタトゥーを除去したい」原作者のトランスジェンダー差別的な発言を受け、決意するトランスジェンダーたち

小説「ハリー・ポッター」の原作者である J・K・ローリング氏の、トランスジェンダー差別的発言を受け、タトゥーをカバーアップしたいと考えるトランスジェンダーが増えている。

「間違いなく人生が変わった」「人生で最高の1日」LGBTQを祝うプライドパレード、参加してみてどうだった?

LGBTQの歴史や文化を祝う、プライドパレード。今年は新型コロナウイルスの影響で、オンライン開催の場所もありましたね。BuzzFeed読者に、初めてプライドに参加した時の思い出を語ってもらいました🌈

愛し合う女性カップル、結婚はまだできない。でも「誓いのセレモニー」を挙げて見えたもの。

ある女性同士のカップルが、愛を誓い合う「誓いのセレモニー」を挙げた。セレモニーを通して勇気づけられた人がたくさんいる。その一方で、「同性婚の法制化」に対する理解はまだ深まっていない。

小さな旅館の"できちゃった"設備と快適さ 「あらゆる人が普通に過ごせるように」

「あらゆる人をフラットに受け入れる」というインクルーシブな姿勢を取っている富山県の「喜代多旅館」。旅館という場所だからこそできる取り組みやこれからのステイの姿について話をうかがいました。

おうちから世界のバー巡り!?AirbnbがLGBTQ+について学べるオンラインサービス

旅行コミュニティプラットフォームのAirbnb(エアビーアンドビー)が6月の「プライド月間」に際して、自宅からLGBTQ+コミュニティについて学ぶことのできるオンラインコンテンツを提供すると発表した。

「葬式専門」を変えたい。僧侶がカラフルな袈裟をまとう理由

同性同士のカップルの挙式を受け入れている、埼玉県川越市の最明寺。そもそも仏教でLGBTはどう考えられているのか?なぜ、お寺で「LGBTウエディング」なのか?副住職の千田明寛さんによると、仏教界も変化しているという。

新型コロナのパンデミックに乗じて加速する、LGBTヘの攻撃や差別

新型コロナウイルスのパンデミック下で、世界各国ではLGBTの人々をやり玉にあげる「スケープゴート化」が起きている。ゲイクラブで集団感染が発生した韓国では、メディアがアウティングに加担した。他の国では、警察がロックダウン中の規制を利用して、LGBTの人たちを非人道的に扱うケースや、政府が機会に乗じてLGBTを排除する動きを強めるケースが見られる。

LGBTメディアに未来はあるか?

いまは、メディアにとっての暗黒時代だ。特にLGBTメディアにとっては。なぜそうなったのだろうか。そして、 生き残るにはどうすればいいのだろうか。

同性パートナーの犯罪被害給付金訴訟 「残酷判決」を受け止め、投げ返すために

同性パートナーは事実婚が認められるか? 事実婚の配偶者として、国の犯罪被害者給付制度の支援金を求めた同性パートナーの請求を棄却する判決が出ました。同性愛者の権利擁護をライフワークとする行政書士の永易至文さんが判決の問題を解説します。

「新型コロナかも知れない…」不安と戦う男性に手を差し伸べたのは、出会い系アプリで出会った人だった

「多くの人が必需品の買いだめをしている中、喜んで支援してくれる人がいる。これは、特に私たちのような(性的マイノリティの)コミュニティにとっては、本当に大きな意味があることです」

トランスジェンダーの女性だと公表した美容系ユーチューバー。アウティング脅迫に中指

美容系YouTuberのニッキー・デ・ジャガーは、「I'm Coming Out(カミングアウトします)」というタイトルの動画を投稿した。専門家たちは、外部がセクシュアリティを勝手に公表する「アウティング」の危険性を語る。

世間から求められる「男らしさ」が嫌だった。Twitterが広げてくれたセクシュアリティへの理解。

ゲイであることを隠し、「男らしさ」を装うため、長年編み物をしていることを隠してきたという男性。Twitterに作品を投稿するようになってから「幅広い年代の方がLGBTへの理解を深めてくれるようになった」と話します。

HIV患者が戦うのはウイルス、だけではない

台湾最大級の現代美術館で、HIV・エイズをテーマにした美術展が開かれている。展示実現の背景には、社会が抱えるこれからの課題がありました。

自分たちらしくいられる衣装で二人の門出を祝った日 Xジェンダーカップルのウェディングフォト

男らしさを求められるのが苦手でMtX(男性として生まれ、性自認は男性ではない人)と感じているサキさんが、女性であることに違和感があるFtX(女性として生まれ、性自認は女性ではない人)のパートナーと結婚。互いが自分らしくいられる衣装で、ウェディングフォトを撮ってもらいました。

back to top