Reporting To You X

historyjp

historyjp

社民党、ギリギリで政党要件を維持。でも「復活」は厳しそう。

今回の選挙戦では、吉川元・幹事長、福島瑞穂・副党首が選挙戦を率いた。2人が街頭で有権者に訴えたのは、「崖っぷちの戦い」という言葉と「2%」という数字だ。

Kei Yoshikawa • 5時間前

「世界一短い三国志」がめちゃくちゃ壮大だった。

たった11文字の記録が伝えるもの。それは壮大な中国史の1ページだった。

ダンボール18箱に詰まっていたのは、高畑勲の青春だった。

2018年4月に亡くなったスタジオジブリの高畑勲監督。その創作活動をふり返る展覧会で始まった。展示されるのは、高畑さんに関するアニメーションの資料。その数は1000点にのぼる。新たに発見された資料から見えてくることとは。

人類は見た、この世の終わりを。第一次世界大戦のきっかけ「サラエボ事件」から105年

「6月28日」という日付は、人類の歴史にとって大きな意味を持つ。

「手遅れになる前に目を覚ませ」EU大統領が広島で語ったこと

「世界の未来を左右する立場にいる者が、それが今日でなかったとしても、将来この広島を訪れることには意味があるのです。この重要なシンボルをよく解釈し解読するためにです」

「天皇陛下が友達になってくれた」ある留学生が語る、44年前の思い出

「はじめまして。私はアンドルー・B・アークリーです。オーストラリアから来ました。僕とお友達になっていただけますか」

秘蔵写真でみる「天皇陛下の青春時代」 友人との旅、ビールを酌み交わす姿も

学習院高等科で天皇陛下と友人になったアンドルー・B・アークリーさんのアルバムを中心に、天皇陛下の陛下の青春時代をたどります。

ゴッホが自殺したピストル? オークションで落札、お値段は…

CBSによると、ヴァン・ゴッホ研究所は「この銃とゴッホの死が関連していることを示唆するものは何もない」「悲劇の商品化だ」と非難した。

政治に利用された「女性向け雑誌」 の歴史、そしてインターネット時代の今

講談社のファッション雑誌「ViVi」のサイト上で展開された自民党の広告キャンペーンをきっかけに、メディアと政治の関係が議論になっている。

日本で生理用品が進化しなかったわけ 昔の女性も悩んでいた

経血は「不潔」ではあるけれど、月経は「不浄」ではありません。

あの日、世界の命運が決まった。ノルマンディー上陸作戦から75年(画像集)

第二次世界大戦における「ノルマンディー上陸作戦(D-Day)」の開始日から75周年を迎えた6月6日、フランス北西部ノルマンディーで記念式典が開かれた。

安倍首相が単独3位、首相在職2721日 では歴代最短は?

安倍晋三首相の首相在職日数が6月7日、第1次内閣からの通算で2721日となり、歴代単独3位となった。

戦争中、女性は生理をどう過ごしていたのか。明治〜昭和の広告でわかること

脱脂綿を洗って何度も使うリサイクルや、ぼろ布や糠袋での代用が提案されていました。

「まるで香港の九龍城」代々木の東豊書店が6月末で閉店 その姿よ永遠に…(画像集)

入居する「代々木会館」は老朽化が激しくなり、「東京の九龍城砦」「魔窟」との呼び声もある。

東豊書店が6月末で閉店。大量の在庫はどうなる?

入居する「代々木会館」は激しく老朽化し、「東京の九龍城砦」「魔窟」との呼び声も。

昭和の満員電車がいまと変わらなさすぎて二度見した

1960年台から2010年台までの東京の通勤風景を、13枚の写真で振り返る。

【写真】太平洋戦争で沈んだ重巡洋艦「古鷹」 海底に眠る姿をカメラがとらえた

太平洋戦争中、南太平洋で沈んだ旧日本海軍の重巡洋艦「古鷹」が、ソロモン諸島・サボ島沖合の海底1400メートルで見つかった。

重巡洋艦「古鷹」ソロモン諸島沖の海底で発見 太平洋戦争で沈没

太平洋戦争中、南太平洋で沈んだ旧日本海軍の重巡洋艦「古鷹」が、ソロモン諸島・サボ島沖合の海底1400メートルで見つかった。

「畏れ多い気持ちで受け取りました」 新天皇をこの世に送り出した産婦人科医の祝福

上皇后・美智子さまの初めてのお産は、さながら国家プロジェクトでした。徳仁親王の誕生に立ち会った産婦人科医の記憶。

平成から令和に変わるとき、渋谷は雨だった 新しい時代のはじまりの記録

令和に向けたカウントダウン。時代の変わり目に、あったことを記録していきます。

「天皇」になる我が子を慈しみ、母は愛をこめて和歌を詠んだ。

ご出産、沖縄復帰、お子さまの結婚…折に触れて、皇后美智子さまは和歌を詠み続けてきた。

天皇陛下から皇太子さまへ、受け継がれた「歴史」との向き合い方

戦後74年、戦争を経験した世代は歴史の表舞台から去りつつある。折に触れて「歴史」を学ぶ大切さを語ってこられた天皇陛下。その姿勢は、皇太子さまにも受け継がれていた。

「平成最後の昭和の日」 昭和天皇、その激動の生涯を伝える35枚の写真

4月29日は昭和天皇の誕生日にあたる「昭和の日」だ。

「皇后」美智子さまが歩まれた平成の30年。友人が見た苦悩と葛藤の日々

四半世紀にわたって、皇后・美智子さまと交流を育んできた末盛千枝子さん。時には「皇后」として苦悩し、思いを巡らされた場面を垣間見たという。

新元号「令和」の出典『万葉集』の序文、ルーツは中国の『文選』と指摘も

「令和」は国書である『万葉集』が典拠とされた。だが、国書に記されている言葉のおおもとをたどれば、中国の古典に由来するものが多い。

新元号「令和」ローマ字表記はR?L? 内閣官房に聞いてみた

果たして、令和は「Reiwa」と「Leiwa」のどちらで表記されるのか。

新元号の出典は?これまでは中国の古典だったが…

出典が明らかなものに限り、全て漢籍(中国の書物)を典拠としている。

満州引揚者が暮らした「町」が、大阪にある。生まれ育った子どもたちが直面する現実

かつて満州に暮らし、過酷な引き揚げを経験した人たちが暮らした「満州引揚者住宅」。西日本に唯一残る大阪府の「東貝塚住宅」では、戦後生まれの世代が立ち退きを求められている。何が起きているのか。

本当の被害を、新聞は報じなかった。東京大空襲から74年

300機以上のB29によって首都は焼き尽くされ、10万の命が奪われた。大本営発表もメディアも、その被害の実態を伝えることはなかった。

東京大空襲から74年。あの日、火の海になった東京はいま…(写真)

74年の時が経た今も、東京都内には戦争の遺構がいくつも残っている。

沖縄・県民投票「まとめサイト」が大手メディア超える拡散力 知事や反対派の批判が中心

「アノニマスポスト」や「Share News Japan」などのサイトが多くの記事を配信していた。

沖縄戦に参加したドナルド・キーンさん 『源氏物語』から学んだ平和への思い

日本語を学び、日本文学に生涯を捧げたキーンさん。その背景には、母国と日本が戦火を交えた戦争があった。

2月11日は「建国記念の日」であって「建国記念日」ではない。

『日本書紀』に基づく神武天皇の即位日がそもそもの由来だが…

太平洋戦争で沈んだ戦艦「比叡」を発見 海底に眠る姿をカメラがとらえた

米マイクロソフトの共同創業者で昨年亡くなったポール・アレン氏が設立した財団の調査チームが発見した。

センター試験の日本史で「平成」の出来事を選ぶ問題 どんな内容?

1990年代の日米の軍事・防衛関係についての問題でした。

あの作曲家が送った壮絶な過去 戦争の記憶と、書き残した曲とは

「もし戦争から帰ってくることができなければ、これくらいしか残らない」

「ラストエンペラー」から消された“幻のシーン”とは

映画界の巨匠、ベルナルド・ベルトルッチ監督が死去。77歳だった。

学生たちの悲劇は、あの競技場から始まった 目撃した女性が託した想いとは

「学徒出陣壮行会」は、降りしきる冷たい秋雨のなかで開かれた。

佐々淳行さんが捜査を指揮した「あさま山荘事件」 現場は極寒、弁当も凍った

事件があったのは1972年2月。あまりの寒さに、弁当も凍った。

自民党総裁選は、権力闘争の歴史だった。現職に挑み、冷遇された人も…

いまなお語り継がれる、過去の総裁選をふり返る。

【高校野球】秋田県勢103年ぶりの決勝。当時は延長13回の大接戦だった

当時の秋田中が逃した優勝旗。大阪桐蔭を前に、果たして持ち帰ることができるのか。

私はあの日から、誕生日を祝うのをやめた。硫黄島に生まれた彼女の73年

その島に生まれ育った女性。守備隊が玉砕した3月17日は、12歳の誕生日だった。

戦前の硫黄島を収めた貴重な写真たち

人工知能を使って、カラー化した。

back to top