Reporting To You X

factcheckjp

factcheckjp

動画は2015年8月に中国・天津で起きた爆発事故の様子を撮影したものだ。

「いくらでも印象は作れる! 情報操作はできる!!という好例」などと拡散していた。

高裁判決は、まとめ行為が「2ちゃんねると独立した別個の表現行為」としていた。

日本でもフェイクを検証しようという動きは始まった。しかし、諸外国よりも小さく、遅い。

レッテル貼りに使われ、対立を深刻化する恐れもある。使い方には気をつけたほうがいい。

なぜ、嘘や歪曲がまるで本当のニュースであるかのように信じられ、拡散される背景には「嘘と憎悪の負のスパイラル」がある。

「原爆看板」をめぐる記事はネット上で拡散していた。

8万近くリツイートされた画像によって、誤解はろう者までに広がった。

ネット上の情報をつなぎ合わせる「まとめサイト」。大手メディア並みのビューを持つサイトもあるが実態は知られていない。ある管理者がBuzzFeed Newsの取材に実態を語った。

誤報や曲解などが問題視されている「netgeek」。元ライターが取材に応じ、退職時に損害賠償を求められたことを証言した。

被害を受けたという人々に集団で訴訟しようと呼びかけている。

もともとの画像はすでに削除されています。

BuzzFeedは独自取材で関係者の証言や内部資料を入手した。表舞台に出てこない運営者、法人所在地を訪ねた。

情報は拡散し、転載が繰り返されたままになっている。

まとめサイト「Buzz Plus News」が配信した。

助産師から科学的根拠のない療法や商品を勧められたという話があとを絶ちません。

Twitter上で拡散され始めている。

Buzz Plus Newsが掲載した記事をファクトチェックした。

SNSで拡散されている「キャベツ枕」を医学的に検証してみました。

DHCテレビの「虎ノ門ニュース」などにおける発言が広がっている。

「中華料理店シンドローム」信じている人、まだいませんか?

ネット上で拡散している情報のひとつだ。

いったい、何が起きているのか。

総務省によると、携帯電話料金を引き下げる権限は知事や国にはない。そういった法律もないという。

「リベラルVS保守」の図式で見えなくなるもの

特に新興住宅街での避難者が増加したという。

「貧血のせいだから鉄剤が効く」という思い込みには落とし穴があるのです。かえって体調を崩すことも

ロイター通信が報道しているように、ロヒンギャに関するフェイク(偽)ニュースが広がっているのはFacebook上だけではない。

旭川市の「石狩川浄水場の自家発電が故障しており、このままだと市内の約7割が断水する」という内容だった。

学生の逮捕で、あらぬ噂がネット上で拡散された

ネット上には、すでに不確かな情報が流れ始めている。

憶測で患者について無責任な言葉を投げることがどれほど罪深いか考察した連載、前編です。

災害時は、曖昧な情報やデマが拡散されやすい。

「8日に本震が来る」という噂には、科学的な根拠がない。ただし、地震そのものへの警戒は続ける必要がある。

確かに喫煙は乳がんのリスクを高める可能性が高いですが、個人が乳がんになった原因は誰にもわかりません

「吉田くんが一から野球部を作ったらしい!!」←そんなわけないだろ。秋田出身の記者が解説します。

アトピー性皮膚炎治療における洗浄に関して専門医が解説します。

当初は警備員が受け取りを拒否していたが…

Twitterで憶測が拡散している。

災害発生時はデマや曖昧な情報が出回る。

食物アレルギー予防の観点から専門医が解説します。

薬剤師という専門家を気軽に利用してください

府内の動物園、災害対策本部に取材。デマを投稿した人物にも連絡を取っている。

熊本地震直後、デマがツイッターにあふれた。

Twitterで拡散している。

「情報速報ドットコム」というサイトが拡散に一役買っている。

何度も使い回されているものだ。

食中毒の危険性をどう考えているのでしょうか

首相動静を削除したとされていたが…

研究者から批判されている点について、明確な説明はなかった。

back to top