Skip To Content

あのチキンの揚げ油を売ってみたら。ファミリーマートが次々と「祭り」を仕掛ける理由。

ファミチキやサンドイッチの40%増量など次々とキャンペーンを打ち、売上の前年比増を更新し続けているファミリーマート。どうすれば人の心をつかむ話題がつくれるのか。仕掛け人に聞きました。

Akiko Kobayashi 1 year ago

共働きで2人の子どもを育てる夫婦が、5歳の子を自宅に迎えた理由

さまざまな事情で親と暮らせない子どもたちを預かる「養育里親」は、親の出産や病気など短期間でも利用することができます。里親として子どもを預かっている共働き家庭を、福田萌さんと犬山紙子さんが取材しました。

Akiko Kobayashi 1 year ago

脱プリント地獄。学校の連絡がアプリに変わったら「聞いてないよ」がなくなった話

学校から家庭への連絡手段がプリントからアプリに変わりました。欠席や検温の報告がスマホで完結し、ハンコも不要に。ランドセルの底からプリントの束を引きずり出していた苦労はなんだったのか......。もっと早く導入してほしかった〜!!

Akiko Kobayashi 1 year ago

上司が予行練習、給料のシミュレーション...「男性育休」の先進企業がやっていること

男性が育児休業を取りやすくするために、職場や上司はどのように環境を整えればよいのでしょうか。部下が育休を申し出たときのロールプレイをしたり、収入のシミュレーションを提示したり。先進企業3社のトップが、工夫を明かしてくれました。

Akiko Kobayashi 2 years ago

8歳の少年が描いた1枚の絵が、NFT取引で160万円相当に! 「ポケモンカード買えてうれしい」

アーティストの草野絵美さんの長男が描いたゾンビの絵が、ブロックチェーン上で高値で取引され話題になっています。大人でも難解すぎるデジタル最先端の世界で、8歳の少年は何を見ているのでしょうか。インタビューしました。

Akiko Kobayashi 2 years ago

九州・沖縄のおいしい! 「かき氷」しか勝たん。ひんやりスイーツにかける本気度を知ってほしい

全国各地のグルメな情報を届ける特集「全国のおいしい!」。地元の人がいつも食べているのは? 地元以外にもっと広めたい一品は? 各都道府県発のグルメ情報、今回は【九州・沖縄編】です。

Akiko Kobayashi 2 years ago

「俺のせいで、悪いね」 夫を看病しながら直木賞作家が書いたのは「生きること」の物語だった

直木賞作家の小池真理子さんは、両親を見送り、肺がん末期の夫を在宅で看病しながら、570ページにわたる長編小説『神を憐れみたまえ』を書き下ろしました。それは、両親を同時に殺された12歳の少女の物語でした。

Akiko Kobayashi 2 years ago

中国・四国のおいしい! どの家庭にも必ずある、朝の定番「ふりかけ」。かける派?混ぜる派?

全国各地のグルメな情報を届ける特集「全国のおいしい!」。地元の人がいつも食べているのは? 地元以外にもっと広めたい一品は? 各都道府県発のグルメ情報、今回は【中国・四国編】です。

Akiko Kobayashi 2 years ago

関西のおいしい! 「そうめん」といえばコレだったから、違うの食べたときの衝撃がすごすぎた

全国各地のグルメな情報を届ける特集「全国のおいしい!」。地元の人がいつも食べているのは? 地元以外にもっと広めたい一品は? 各都道府県発のグルメ情報、今回は【関西編】です。

Akiko Kobayashi 2 years ago

関東のおいしい! B級グルメの王国では「焼きそば」にポテトのせちゃうって、豪快すぎない?

全国各地のグルメな情報を届ける特集「全国のおいしい!」。地元の人がいつも食べているのは? 地元以外にもっと広めたい一品は? 各都道府県発のグルメ情報、今回は【関東編】です。

Akiko Kobayashi 2 years ago

北陸・中部のおいしい! 運動会のお弁当は、みんな「とろろ昆布おにぎり」だった?

全国各地のグルメな情報を届ける特集「全国のおいしい!」。地元の人がいつも食べているのは? 地元以外にもっと広めたい一品は? 各都道府県発のグルメ情報、今回は【北陸・中部編】です。

Akiko Kobayashi 2 years ago

北海道・東北のおいしい! 道産子の「やきとり」、串に刺さっているのは...?

全国各地のグルメな情報を届ける特集「全国のおいしい!」。地元の人がいつも食べているのは? 地元以外にもっと広めたい一品は? 各都道府県発のグルメ情報、今回は【北海道・東北編】です。

Akiko Kobayashi 2 years ago

「つっぱり棒はオワコンじゃない!」 3代目社長の "突っ張りすぎない経営"とは

どこの家庭にも1本はありそうな収納用具「つっぱり棒」。老舗メーカーの竹内香予子社長は「つっぱり棒博士」として、つっぱり棒の新たな活用法を発信しています。育休でいったん仕事を離れ、復帰から半年、いまの心境を聞きました。

Akiko Kobayashi 2 years ago

“つっぱり棒=ダサい”はもう終わり。プロに聞いた「見せる活用術」で部屋がオシャレに生まれ変わる!

壁を傷つけず、誰でも手軽に使える“つっぱり棒”。あえて「見せる」活用術を、つっぱり棒を知り尽くした老舗メーカーの社長に教えてもらいました!どれもオシャレで、今すぐ真似したくなるものばかり。つっぱり棒のイメージがひっくり返りますよ!

Shiori Saijo 2 years ago