Skip To Content

死にゆく子を置いてなぜ。「鬼母」と罵られたシングルマザーに、山田詠美が語らせた言葉

「知らないふりをして遊び続けている間に、どんどん子どもたちは命の危機にさらされていく。そのことをふっと思い出したときに、どれほどの奈落が待っているのだろうか」

Akiko Kobayashi • 4 days ago

倉敷だけじゃもったいない。岡山を知り尽くす「大人の遠足」にようこそ

通だけが知る究極の"穴場"5選(ちょっぴり鉄道寄り)。旅から帰ったら、蘊蓄が語れるようになるかも!

Akiko Kobayashi • 7 days ago
Akiko Kobayashi • 7 days ago

妻は何も言わず植物になった。女の毛穴から芽吹いた情動を、作家が語る

ファンタジーを突き詰める小説家・彩瀬まるさんは、男女の間にある固定観念を、登場人物を通して何度も何度も問いかける。

Akiko Kobayashi • 11 days ago

【今さら聞けない】ダイバーシティ・インクルージョンってお金になるの? 5分で説明します

「ダイバーシティポリコレ疲れ」になるのは、あの視点が足りていないから。

Akiko Kobayashi • 16 days ago

あのドロッと出る感覚は嫌だけど......「生理は恥ずかしい」「タンポン怖い」のイメージは変わるのか

自分たちがほしい生理用品のパッケージを開発するプロジェクトが始まっています。

Akiko Kobayashi • 23 days ago

参院選で、女性の当選者が過去最多に。増やしたのはどこの党?

女性候補者の割合が過去最高だった今回の参院選。当選者も過去最多タイで並びました。そこには理由がありました。

Akiko Kobayashi • One month ago

入場券を忘れちゃった!なくても投票できるって知ってた?

おでかけのついでに投票に行こうと思っていたのに、うっかり入場券を忘れてしまったーー!! そんな時も、あきらめないでください。

Akiko Kobayashi • One month ago

そのとき、父はーー。ずっと不遇だった「就職氷河期世代」が家族に求めることとは

児童虐待や家族の問題を取材してきたルポライターが見た、「よい家庭」を築きたいと願う父親たちの葛藤。

Akiko Kobayashi • One month ago

歓送迎会での嫌がらせも、就活セクハラもNG。ILOのハラスメント禁止条約って?

「批准するかどうかは各国の主権が重要視されています」

Akiko Kobayashi • One month ago

子どものために、誰もが"親"になれる。そう気づいたアーティストが伝えたいこと

アーティストの草野絵美さんが「社会で子どもを育てたい」との思いを込めたイラストを公開しました。

Akiko Kobayashi • One month ago

「生理で休んでいいのは1回まで」「見学は甘え」 生理中の水泳の授業で嫌だったこと

水泳の授業を休む場合、生理日数を申告させていた高校の理不尽なルールが話題になっています。見学するとペナルティを課したり、強制的にプールに入らせたりしている学校もあるようです。

Akiko Kobayashi • 2 months ago

憂鬱だった生理をラクにするためのグッズと本を教えます

ハヤカワ五味さんが、生理用品のセレクトショップを立ち上げました。女性の身体やジェンダーについて考えるヒントになる本をいくつか教えてもらいました。

Akiko Kobayashi • 2 months ago

金融庁の「老後2000万円」にショックを受けたら、いますぐやるべき5つのこと

あなたは貯めるタイプ? 貯められないタイプ? チェックリスト付き。

Akiko Kobayashi • 2 months ago

「虐待かも?」 保育士の勘は子どもの命を救えるのか。ある保育園長の思い

子どもが発信している膨大な量の小さな情報。ごくたまに「助けて」のサインがその中にまぎれていることがある。

Akiko Kobayashi • 2 months ago

14歳の帰り道、車でさらわれた。あれが「魂の殺人」だと、今の私は思わない

国際政治学者の三浦瑠麗さんが、過去に受けた性暴力や長女の死産の経験を綴った自伝を出版した。孤独だったこと、傷ついたこと、それが自分の人生にどんな意味を持ってきたのかということ。

Akiko Kobayashi • 2 months ago

日本で生理用品が進化しなかったわけ 昔の女性も悩んでいた

経血は「不潔」ではあるけれど、月経は「不浄」ではありません。

Akiko Kobayashi • 2 months ago

「すべての人は平等だから、選択肢の保障を」同性婚を認める法案を野党3党が共同提出

「すでに多様な家族がいます」同性同士で結婚できることを法律に明記すべきとして、立憲民主、共産、社民の野党3党が衆議院に改正法案を提出しました。

Sumireko Tomita • 2 months ago

戦争中、女性は生理をどう過ごしていたのか。明治〜昭和の広告でわかること

脱脂綿を洗って何度も使うリサイクルや、ぼろ布や糠袋での代用が提案されていました。

Akiko Kobayashi • 2 months ago

守りきれない無力感。子どもを送り出すのがつらいあなたへ

また子どもが犠牲になる事件があった。四六時中、親がそばにいるわけにもいかない。この途方もない不安感をどうすればいいのだろう。

Akiko Kobayashi • 2 months ago