Skip To Content

管理職が肝に銘じたい一つのこと。「会議では、黙ったほうがうまくいく」

さまざまな世代の人がいる組織では、考え方の違いによって、誤解や軋轢(あつれき)が生まれることがあります。「ジェネレーションギャップ」を「ジェネレーションシナジー」に変えることができた、ある企業の挑戦を聞きました。

Akiko Kobayashi 18 days ago

「パラサイト 半地下の家族」のジャージャーラーメンが食べたい! 高級肉にジャンクを合わせる背徳感

ついに地上波でも放映の映画「パラサイト 半地下の家族」。物語の重要な場面に登場する「ジャージャーラーメン」に思わず目が釘づけになりますが、おうちでも簡単に作ることができるんです。

Akiko Kobayashi One month ago

飛べ!帰れ! 「伝書鳩」を研究する高校生が願う、携帯電話や電気に頼らない世界

鳩が生まれた場所に帰る能力を利用して、災害のときに孤立した人たちを助けたい。古くて新しい通信手段を研究している高校生がいます。

Akiko Kobayashi 2 months ago

被害を訴えたときに、立ちふさがる時効の壁。デイズジャパンでの性被害、「消耗した」と語る女性たち

フォトジャーナリストの広河隆一氏による性暴力やパワーハラスメントをめぐり、デイズジャパンに損害賠償を請求していた被害者の1人は、民法上の時効を理由に慰謝料などが支払われなかった。

Akiko Kobayashi 2 months ago

「あなたを許していない私がここに存在する」。デイズジャパンでの性被害 女性2人に慰謝料

フォトジャーナリストの広河隆一氏による性暴力やパワーハラスメントをめぐり、デイズジャパンに損害賠償を請求していた被害者の2人に、慰謝料などが支払われた。

Akiko Kobayashi 2 months ago

「できれば男性を、といまだに言われる」 履歴書の性別欄をなくすことに賛同した、採用のプロの思い

採用のときに性別や容姿による先入観をなくそうとユニリーバが始めた取り組みは、転職支援会社などの協力によって実現した。履歴書から性別の情報をなくす作業は手間がかかるものだったが、なぜ協力することにしたのだろうか。

Akiko Kobayashi 2 months ago

いつものメイク用品を安く買えて、ごみも減らせたら最高じゃない?

アスクルの通販サイト「LOHACO(ロハコ)」のアウトレット「Go Ethical Beauty(Goエシカル ビューティー)」では、捨てられる運命だった化粧品を安く買うことができます。環境にやさしくて、お財布にもやさしい!

Akiko Kobayashi 2 months ago

ものを捨てるのが後ろめたいと感じたら...今年こそ、ごみを出さない大掃除をしてみませんか

自分にとってはごみでも、誰かにとっては必要なものかもしれないーー。フリマアプリ「メルカリ」と中古本販売の「ブックオフ」、家事支援サービス「カジタク」の3社が「捨てない大掃除」を提案しています。

Akiko Kobayashi 3 months ago

ぬっくぬくで手放せない…!韓国発の靴下がまさに「履く肉」だった

在宅勤務が続き、足元が冷えるこの季節、韓国発の靴下「ポソン」を手に入れました。内側がすべてボア仕立てで、足と同化するような絶妙なフィット感◎ いったん履いたら、もう二度と離れられません!

Akiko Kobayashi 3 months ago

なぜ性のことは語りづらいの? 古きタブーを打ち破る2つの鍵

生理や性的同意など、タブーとされてきた性に関することにアクセスしやすくするためにはどうすればいい? クリエイティブディレクターの辻愛沙子さんに話を聞きました。

Akiko Kobayashi 3 months ago

コロナ禍のインターン、みんなどうしてた? この夏、旅行の代わりにハマっていたのは......

ゴールドマン・サックスが、世界各国のインターンにアンケートした結果をイラストにまとめて公開しました。

Akiko Kobayashi 4 months ago

コロナを経験し、18〜25歳が重視するようになった「職場の4つの条件」とは

アンケートに回答した97.1%が「職場でダイバーシティ&インクルージョンが推進されていることは、職業を選ぶときや働き続けるうえで重要な要素」だと答えました。

Akiko Kobayashi 4 months ago

コロナで困っている女の子へ、ネットが怖いあなたへ。スプツニ子!さんからの提案

2人に1人がオンラインハラスメントの被害に。女の子だから不安、発言するのが怖い。そんな思いをしなくて済むように。スプツニ子!さんが国際ガールズ・デーに向けて語ったこととは。

Akiko Kobayashi 5 months ago

知っておけば損しない!「育休なんて無理」と思っている男性が、誤解しがちな5つのこと

「収入ゼロになったら困るから」「うちは妻が専業主婦だから」......育児休業について不安に感じていること、それ誤解かもしれません!

Akiko Kobayashi 5 months ago

コロナ禍の出産、頼みの綱は夫。「育休を取得できた」という男性が増えた理由とは

感染予防のため、出産のために里帰りすることも、入院中に家族が面会することもできない。そんな孤独な出産の"最後の砦"となったのは「父親の育児休業」だった。

Akiko Kobayashi 5 months ago

育児休業さえ取れない会社は、生き残れるのか? コロナでわかった育休の「質」の大切さ

「とるだけ育休」はなぜ起こるのか。9月19日の「育休を考える日」を前に、仕事と育児の両立について考えるフォーラムが開かれました。

Akiko Kobayashi 5 months ago

子どもが外したマスクどうする? 感染対策を徹底する保育園で、もっとも大切なこと

消毒、換気、手洗いに検温......感染対策でやるべきことが増えた一方、プールや行事などやれないこともある。保育の現場はどうなっているのか。

Akiko Kobayashi 5 months ago

翻訳家は、言葉でワインスタインと対峙した。#MeToo の原点を記録したノンフィクション

ハリウッドの著名プロデューサーによって繰り返されてきた性的暴行。スクープ記事を報じた2人の女性記者の記録を日本語で伝えるため、翻訳家の古屋美登里さんはどのように言葉を選んだのか。

Akiko Kobayashi 6 months ago

高校生の妊娠は「かわいそう」でも、性的同意を取るのは「恥ずかしい」。15〜24歳のリアル

「早すぎる妊娠」「デートDV」「性的同意」について、若い世代はどう考えているのか。アンケートの結果が公表されました。

Akiko Kobayashi 7 months ago

虐待の連鎖を止めるために大切なひとつのこと。「ほどよい育児」のすすめ

3歳の女の子を放置して死亡させた母親は、虐待された経験があったという。国会議員らによる勉強会で、虐待を防ぐための取り組みが話し合われた。

Akiko Kobayashi 7 months ago