厚生労働省の「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」もいよいよ佳境。懇談会からの提案たたき台と国民に向けた5つのメッセージ案が出されましたが、激しい議論となり、改めて練り直すことになりました。

Naoko Iwanaga • 4 days ago

性暴力の相談にのってきた産婦人科医の宋美玄さんが、性の同意・不同意をやんわりと伝えるかわいいLINEスタンプを作りました。

Naoko Iwanaga • 5 days ago

様々なマイノリティが一堂に会した集会で、熊谷さんは、障害者やLGBTなどある特定の属性に刻まれる負の烙印、「スティグマ」について、どう対抗していけばいいのか語りました。熊谷晋一郎さん講演詳報の最終回、第3弾です。

Naoko Iwanaga • 7 days ago

政治家の「生産性がない」発言に対抗しようと、様々なマイノリティが一堂に会した対話集会。熊谷さんは、障害者やLGBTなどある特定の属性に刻まれる負の烙印、「スティグマ」について説明します。講演詳報第2弾。

Naoko Iwanaga • 8 days ago

杉田水脈議員の「生産性がない」寄稿をきっかけに、社会の様々な壁を感じて生きるマイノリティが声をあげた対話集会で、熊谷晋一郎さんが投げかけた言葉。熊谷さん講演詳報第1弾です。

Naoko Iwanaga • 9 days ago

梅毒はどんな病気で、どんな人が気をつけたほうがいいのか。感染症専門医の今村顕史さんにじっくり伺ってきました。

Naoko Iwanaga • 11 days ago

市民公開講座「風しんから妊婦を守るために」が開かれ、企業が対策に動くために、国が制度の裏付けを整備する必要性が訴えられました。

Naoko Iwanaga • 14 days ago

厚生労働省のモデル事業第1号となったコンドームメーカー大手の「不二ラテックス」で、HIVや梅毒の現状を学び、検査機会を提供する説明会が始まりました。

Naoko Iwanaga • 20 days ago

上手な医療のかかり方を広めるための懇談会は3回目を迎え、これまでの意見をまとめる段階に入ってきました。

Naoko Iwanaga • 28 days ago

感染症関連学会8団体や子どもの医療啓発団体などが参加して、国民運動に

Naoko Iwanaga • One month ago

風疹をなくそうの会「hand in hand」や「VPDを知って、子どもを守ろうの会」らが自民党厚生労働部会長の小泉進次郎氏らに面談し、風疹流行を食い止める政策を要望しました。

Naoko Iwanaga • One month ago

乳腺炎の対処法として助産師からキャベツ湿布を勧められた女性。助産師教育の参考書にも掲載され、日本助産師会は「助産師会として統一の見解はない」と否定もしませんでした。

Naoko Iwanaga • One month ago

仕事と育児の両立を支えるために、まずは子どもの病気を知るところから始めましょう。

Naoko Iwanaga • One month ago

「医療現場の働き方の改革と同時にやらないと、問題の本質的な解決にはならない」とも訴えた。

Naoko Iwanaga • One month ago

厚生労働省の「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」2回目が開かれました。

Naoko Iwanaga • One month ago

幼い子供を遺して逝く母、手術を受けて婚約破棄された若い女性ーー。多くの女性の涙を見てきた産婦人科医がHPVワクチンを勧める理由

Naoko Iwanaga • One month ago

10年間の不登校経験の末に、起業家として活躍する小幡和輝さんインタビュー後編。1億円のファンドマネジャーや最年少の内閣府「地域活性化伝道師」として力をつける中で、不登校の子ども支援に乗り出した小幡さんの今を伺います。

Naoko Iwanaga • One month ago

このまま放置していたら、毎年、本来予防できたはずの5000人前後が子宮頸がんになり、1000人前後が死亡するかもしれません。

Naoko Iwanaga • One month ago

幼稚園から小中学校の不登校を経て、高校3年生で起業、大学生になった今、1億円のファンドを作り、内閣府から最年少で地域活性化伝道師に選ばれた小幡和輝さんインタビュー前編です。

Naoko Iwanaga • One month ago

10月13日(土)、14日(日)の2日間、「LGBT医療福祉フォーラム2018」が東京で開かれます。

Naoko Iwanaga • 2 months ago