Skip To Content

医師の残業規制でお産できる施設が半減? 日本産科婦人科学会試算

医師の働き方改革が始まろうとする中、日本産科婦人科学会は、残業時間が規制されたら、お産できる施設がどれぐらい維持できるか試算しました。試算した医師は「地方だと1県3〜4施設ぐらいに減らさないと、お産は担えなくなると思います」と予測します。

Naoko Iwanaga • 3 days ago

国民皆保険、若い人ほど続くかどうか悲観的 高額医薬品は保険適用を

医療費を皆で支え合う「国民皆保険」の維持に不安を持つ人が一定程度おり、特に若い人で悲観的な意見が多いことがわかりました。

Naoko Iwanaga • 5 days ago

風邪やインフルエンザに抗菌薬・抗生物質は効果なし 知らない人が半分以上

抗菌薬・抗生物質の使い過ぎで薬が効かない薬剤耐性菌が増えている問題は、どれほど理解されているのでしょうか?

Naoko Iwanaga • 5 days ago

HPVワクチン、7割が「何のために打つのかわからない」 意識調査でわかったこと

ワクチンのしくみや副反応があることは知っていて、風疹ワクチンへの理解も進んでいる。けれど、HPVワクチンは何のためにうつのかもわからないーー。そんな国民の意識が日本医療政策機構の調査でわかりました。

Naoko Iwanaga • 5 days ago

「そんなふうに生きていたのね」 足もとの植物が教えてくれるこの世界の豊かさ

『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい』を出版したばかりの植物観察家、鈴木純さんと一緒に街を歩きながら、植物の魅力をいっぱい教えてもらいました。

Naoko Iwanaga • 6 days ago

患者を悪化させる治療者にならないために 患者さんの訴えと治る力を信じること

HPVワクチン接種後の体調不良を診てきた慢性疼痛の専門家、三木健司さんは、治療者が患者を悪化させることもあると注意します。患者を信じて、患者が自ら治す力を発揮するためにどんな治療が必要なのでしょうか?

Naoko Iwanaga • 10 days ago

HPVワクチン接種後の痛みとは? 原因がなくても人は痛みを感じる生き物

慢性の痛みを専門とする大阪行岡医療大学特別教授、三木健司さんが、HPVワクチン接種後の体調不良を行動医学の考え方から説明します。

Naoko Iwanaga • 11 days ago

「働き盛りの男性を被害者にも加害者にもしないために」 厚労省が企業向けの風しん対策セミナーを実施

2018年からの流行が未だに食い止められない風しん。国は流行の中心となっている40歳〜57歳の男性に抗体検査や予防接種を無料にする追加対策を始めましたが、働き盛りのこの世代が受けやすくするために、企業に協力を呼びかけています。

Naoko Iwanaga • 12 days ago

HIVの常識は変わった。ゲイコミュニティも変われる。

社会やLGBTコミュニティが、HIVへの偏見を乗り越えるために必要なこととは。

Shunsuke Mori • 12 days ago

「HPVワクチンのせい」として深刻な問題を見逃す恐れも 原因究明だけにこだわるのは危険

北海道大学で「HPVワクチンの副反応」を訴える患者を診てきた児童精神科医の柳生一自さん。講演詳報第2弾では、症状を長引かせる要因や、「HPVワクチンのせい」だとして他の原因を見逃す恐れについて語ります。

Naoko Iwanaga • 13 days ago

広い範囲での停電も予測される台風15号 電気が必要な医療機器を使う在宅の人はどうしたらいいか

関東地方を直撃する台風15号「ファクサイ」。記録的な暴風雨で広い範囲で停電が起こることも予測されており、電気が必要な医療機器を使う在宅療養者は警戒と準備が必要だ。

Naoko Iwanaga • 13 days ago

「身体が原因でなければ心の問題でしょ?」 HPVワクチン接種後に訴えられる症状を悪化させてきたもの

HPVワクチン接種後に体調不良を訴える女子が相次ぎ、安全性が国内外の研究で明らかにされた今も、不安が根強く残っています。この症状はいったい何なのでしょうか?

Naoko Iwanaga • 14 days ago

将来の子宮頸がん予防よりも、目の前の不安を優先 お母さんたちは人間らしい選択をしている

上田豊先生の講演詳報、最終回。どうしたら目の前のワクチンに対する不安から、将来の子宮頸がんの予防意識に変えていくか、行動経済学の視点からその方策を探ります。

Naoko Iwanaga • 15 days ago

HPVワクチンで子宮頸がん撲滅も視野に 国内外で明らかになる効果

産婦人科医の上田豊さん講演詳報第2弾は、国内外で積み重なっているHPVワクチンの効果と安全性についての研究を紹介します。

Naoko Iwanaga • 16 days ago

若い女性に増える子宮頸がん 赤ちゃんと子宮を一緒に失う悲劇を防ぐために

婦人科がんを専門とする大阪大学産科婦人科学講師、上田豊さんの講演詳報第1弾は、日本で若い女性を襲う子宮頸がんの現状をお伝えします。

Naoko Iwanaga • 17 days ago

「逃げろ」だけでは無責任 子どもの居心地のいい場所を見つけるために

夏休み明けに増える子どもの自殺。長年、不登校や行きしぶりの子どもを診てきた小児科医が語る、今、子どもの命を救うために必要なこととは?

Naoko Iwanaga • 29 days ago

「上手な医療のかかり方」を広める取り組みを表彰 「いのちをまもり、医療をまもる!アワード(仮称)」を創設

厚生労働省は上手な医療のかかり方を広めるために先進的な取り組みをしている団体を表彰するアワードを創設します。

Naoko Iwanaga • One month ago

「被害を受けたのはアーティストだけではない」 「表現の不自由展」緊急シンポで出展作家らが訴え

あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」が中止されたのを受け、緊急シンポジウムが開かれた。出展していた作家たちが登壇し、「表現の自由を守れ」と展示再開を訴えた。

Naoko Iwanaga • One month ago

「言えないことは身体が語る」 夏休み明け前後に増える自殺の要注意サイン

「まさかうちの子が」「なぜ気づいてあげられなかったのか」。子どもを自殺で失った遺族が何度も繰り返す問い。夏休み明けに増える子どもの自殺という悲劇を食い止めるために、私たちはどんなサインに注意すべきなのだろうか?

Naoko Iwanaga • One month ago

パンダ愛の強い同志たちよ! 聖地は上野、神戸、和歌山だけじゃないぞ!

あのみんな知っている観光名所にもパンダ好きが訪れるべき場所があるんです。

Naoko Iwanaga • One month ago