Reporting To You X

femtechjp

femtechjp

生理について「息子にもちゃんと伝えたい」ある母親が描いた漫画が話題

娘だけでなく、息子にも自分の生理について話したら「お互いこんなにハッピー」。子どもに生理についてオープンに話す母親を描いた漫画が話題になっています。

「生理で休んでいいのは1回まで」「見学は甘え」 生理中の水泳の授業で嫌だったこと

水泳の授業を休む場合、生理日数を申告させていた高校の理不尽なルールが話題になっています。見学するとペナルティを課したり、強制的にプールに入らせたりしている学校もあるようです。

憂鬱だった生理をラクにするためのグッズと本を教えます

ハヤカワ五味さんが、生理用品のセレクトショップを立ち上げました。女性の身体やジェンダーについて考えるヒントになる本をいくつか教えてもらいました。

日本で生理用品が進化しなかったわけ 昔の女性も悩んでいた

経血は「不潔」ではあるけれど、月経は「不浄」ではありません。

戦争中、女性は生理をどう過ごしていたのか。明治〜昭和の広告でわかること

脱脂綿を洗って何度も使うリサイクルや、ぼろ布や糠袋での代用が提案されていました。

こんなナプキン、あったらいいのに…ユニセックスでオシャレなデザイン案がすごい

可愛すぎず、おしゃれで、ユニセックスで。薬局で手に取ったり、トイレに持っていくのも気にならない生理用ナプキン。

生理用品を黒い袋に入れるのは日本だけ? 世界の友達に聞いたらなんかスゴイことに!

「えっ、そこまででは......そんな驚きも、また発見でした」

「ガラスの天井」を破るために。私たちが勇気づけられた4つの言葉

「女らしさ」「男らしさ」の壁を超えるために、一歩を踏み出したときのこと

生理は100人100通り!これが私の生理革命

人によって生理の重さや長さ、ライフスタイルも全く違うのに、みんなナプキンだけを使い続けているのはなんで?毎月の生理が楽しみになる、そんな生活ちょっと良いかも。

生理用ナプキンを買うとき、二重包装してほしい? それとも必要ない? お店の対応は

生理用品がレジ袋から透けて見えないようにするサービス、どう思いますか? Twitterでアンケートをしてみたら、さまざまなご意見をいただきました。

日本の女性は、世界で一番「見た目」に自信がない。調査でわかった7つのこと

ダヴの調査によると、容姿に自信がない女性ほど、美しさへのプレッシャーを感じたり、やりたいことを諦めたりする人が多い傾向にあるという。

「一人でする」のは男性だけじゃない。TENGA女性ブランドの広報担当が言いたいこと

「女性がまっすぐ自分の喜びや快感に対して肯定的になれたら」ーー。女性用セルフプレジャー・アイテムの広報担当者はそう話します。

もう生理をなおざりにしない。日本の「パッドウーマン」が作った新しいナプキン

「生理だからといってその期間に普段と同じパフォーマンスが出せないのは絶対にだめだと思っていました」

学校で、職場で......やりたいことを本気で実現したらこんなにカッコイイ25選

そういえば小さい頃からやってみたいことがあった。 #わたしの本気はすごい選手権

レイプ被害者の「魂の声」。その日常には憎しみや悲しみだけではなく、彩りもある

「男性の多くがそうだと思いますが、性暴力の話題には、どちらかというと距離を置いていました」

夢に性別は関係ない。わたしが本気になったとき、世界は変わった

女の子なんだからここまで、って誰が決めた? #わたしの本気はすごい選手権

「見た目コンプレックス」と生きる8つの“魔法”教える

BuzzFeed Japanが配信する番組「もくもくニュース」では、見た目コンプレックスに関するアンケートを実施。みなさんから寄せられた「コンプレックスとの付き合い方」を紹介します。

生理に悩んでいても、朝は来る。女性が女性の身体のために開発した小さなツール

「PMSがつらい人に『ときには休んでもいいよ』と言えるツールを作りたかった」

もう我慢するのはやめよう。生理のつらさを解消する #フェムテック を知っていますか

3月8日は国際女性デー。女性が抱える身体や性の悩みを解決するテクノロジーをテーマに「BeautyTech.jp」とコラボして記事をお届けします。

「きちんと管理していることで叩かれるなんて…」ルナルナの“中の人”が思うこと

「きちんと管理していることで叩かれるなんて、そんな悲しいことはないですよね 」

女子ならわかる「生理あるある」9選

11月22日(木)午後10時配信の「もくもくニュース」のテーマは「生理のこと、一緒に知ろう」。生理中のあるあるを、読者アンケートで聞きました!

生理のとき、男性に知ってほしい9つのこと

女性スタッフに聞きました。

整形で胸を大きくするべきか、悩んだ私が踏み切った理由

整形手術とフェミニストとしての理念の実践は相いれないのだろうか。

辞めるくらいなら暴れなさい。"サンノゼの母"が、日本の女性に伝えたいこと

男性中心のシリコンバレーで、女性起業家を育てるために奮闘している日本人女性がいる。18歳で渡米し、仕事と育児と介護を経験。スタートアップの常識を覆した。

生理用ナプキンを買えない女の子たちがいること、知っていますか?

Instagramが、ケニアのスラム街を救うかもしれません。

この前行ったランジェリーのファッションショーが最高だったから紹介させて!

リアーナのランジェリー・ブランドのショーは、女性として生まれたことを祝う、まさに祭典でした。以上!!!

ファッション業界を取り巻くボディポジティブの動き でも、まだ道半ば

写真の修正をやめるのは80点。私たちが目指しているのは、100点。

「最強に盛れる自撮りアプリ」がヤバイ、とにかくヤバイ

自撮りが「盛れる」アプリでかわいく・かっこよくなってみたい! 話題の加工アプリを使ってみたら、予想の斜め上を行く結果に......。

女の子が思わず心の中でガッツポーズする瞬間あるある

日々の生活の中のちっちゃなこと!

生まれたときは、男の子だったシンデレラ。整形は彼女に“魔法”をかけたのか

整形前と整形後。彼女たちの中で本当に変わったこととは?

同じ女子でもこんなに差が!? タンポン経験者 VS 未経験者

あれ一般人でも使っていいんだ…。

男性が「おっぱいのある1日」を過ごしてわかったこと

やってみてわかった、おっぱいにまつわる苦労

男が化粧でここまで変わる!メンズメイクで魔法にかかった話

メンズにも化粧に興味をもつ人が増加中です。ジャニーズみたいなメイク男子に憧れて、男が化粧を習ってみました。「まず何を買えばいい?」「メンズにおすすめの口紅は?」プロに教わった、メイクの始め方や簡単なやり方をまとめています。

back to top