• bf4girls badge
  • femtechjp badge

生理のちょっとした疑問、話せてますか? 身体のことをじっくり語る「夜の会」にようこそ

生理がつらい人も、そうじゃない人も。「これ誰かに言っていいんだっけ?」な本音をゲストのはましゃかさん、西本美沙さんと語る会を、10月9日(水)夜に開きます。

生理痛がつらいとき、上司にどう伝えたらいいかわからない。

ピルを飲んだほうがいいのか、誰に相談したらいいんだろう。

身体や性に関する悩みは、ささいなことから深くて人に言いづらいことまで、さまざまです。

でも、ひとりで悩んでいても解決するものではありません。悩みや不安を共有して心が軽くなることもあれば、21世紀の令和の時代には、テクノロジーによって解決したり身体を楽にしたりすることも、できるようになりました。

<フェムテックについて、はましゃかさん、西本美沙さんと語るイベントの詳細は、記事下をご参照ください。お申し込みはこちらから>

イベントのゲスト、はましゃかさんと、西本美沙さん

いま話題のフェムテックとは......?

フェムテックとは、「Female + Technology」を組み合わせた造語で、不妊治療や生理など女性の健康に関する問題を、テクノロジーを用いて解決する分野のこと。

日本でいち早くフェムテックの動きを報じているメディア「BeautyTech.jp」の矢野貴久子編集長によると、日本では、18年前にサービスを始めた健康管理アプリ「ルナルナ」が、フェムテックの先駆けだといいます。

月経や排卵の管理だけでなく、妊産婦のサポート、骨盤ヘルスケア、生理用品、セクシュアルウェルネスなども、米国ではフェムテックと分類されています。女性が抱える身体や性の悩みを、信頼できるアプリやプロダクトで解決していけるようになったらどんなにいいだろう、という発想です。

Pxhidalgo / Getty Images

にわかに注目を集めているフェムテックについて、BuzzFeed Japanの記事はこちらのページにまとめています。2019年3月にはBeautyTech.jpと共同で、特集を実施しました。

ゲストと参加者が一緒に語ります

BuzzFeed JapanとBeautyTech.jpは国際ガールズデーに向けて、読者のみなさんと直接、対話をしながらフェムテックについて理解を深めるイベントを、10月9日(水)夜に開催します。

ゲストは、Instagramなどでマルチな表現活動が注目されているフリーランサーのはましゃかさんと、生理の最新事情を発信するサイト「ランドリーボックス」を運営する西本美沙さん。

BeautyTech.jpからはフェムテックの最新トレンドについて、BuzzFeed Japanからはアンケートでわかった読者の本音について、報告します。

来場されるみなさんとゲストが双方向で疑問や悩みを語り尽くすイベント。次の日にはもっと前向きになれるはず。ぜひお誘いあわせのうえ、ご参加ください!

からだのことを知れば、もっとわたしが自由になる 〜フェムテックがもたらす新しい発想〜

【日時】2019年10月9日(水)19:00〜21:00 (18:30開場、受付開始)

【会場】アルモニーソルーナ表参道(東京都渋谷区神宮前6-28-6)

【参加費】(軽食・ギフト付き) 3000円(税込)

【主催】BuzzFeed Japan、BeatyTech.jp

【会場協力】株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

【お申し込み】こちらから(先着順)

🧚‍♀️はましゃかさん🧚‍♀️

shakachang

1994年生まれ。多摩美術大学卒。イラストレーター、コラムニスト、俳優、モデルなど多岐にわたり活躍するフリーランスマルチタレント。Instagramで発信する手書き文字を書き加えた #しゃかコラ や、女子力について疑問を投げかけたコラム「サラダ取り分け禁止委員会」が話題となり、SNSを中心に日々邁進中。 Twitter : @shakachang

🧚‍♀️西本美沙さん🧚‍♀️

Misa Nishimoto

中央大学を卒業後、PR会社を経てドワンゴにて広報業務に従事。2016年独立。会社員の傍らはじめたブログをきっかけに、女性の体や性を取り巻く環境に対する関心が高まり、自身でWebメディア「ランドリーガール」を開設。2019年2月、ランドリーボックス株式会社設立。2019年8月より、生理など女性が抱える悩みに関するメディアコマース「ランドリーボックス」を運営。Twitter: @like_cat_or_no5

ランドリーボックス / Via laundrybox.jp

イベントのお申し込みはこちらから。

先着順のため、お早めにお申し込みください。

🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️

昨日も、きょうも、これからも。ずっと付き合う「からだ」のことだから、みんなで悩みを分け合えたら、毎日がもっと楽しくなるかもしれない。明日もがんばる私たちへ。BuzzFeed Japanでは性や健康について考え、「男らしさ」や「女らしさ」を超えて、自分らしく生きる人を応援するコンテンツを届けていきます。

10月1日から10月11日の国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)まで、こちらのページで特集を実施します。