Skip To Content

病を得ても大切な「役割」を守り続ける 「こどもとの時間を奪われるなら治療なんて受けません」(後編)

幼い息子とできるだけ一緒に過ごすために抗がん剤治療を始めたタムラさん。しかし、病状の悪化と共に、また治療の希望は変わっていきます。人は「役割」を失っては自分らしく生きられない。新刊『がんを抱えて、自分らしく生きたい』から、印象深いエピソードをご紹介します。

Tomohiro Nishi • 3 months ago

医療が目指すのは延命だけ? 「子どもとの時間を奪われるなら治療なんて受けません」(前編)

幼い子どもを抱え、ある日突然、すい臓がんと診断されたタムラさん。「治ることはない」と突き放されて、民間療法をやろうとしますが.......。医療は何を目指すべきか、患者と医師の対話はどうあるべきか。新刊『がんを抱えて、自分らしく生きたい』から、印象深いエピソードをご紹介します。

Tomohiro Nishi • 3 months ago

緩和ケア病棟から追い出される? ケアの現場に持ち込まれた「連帯責任制」

最期まで自分らしく生きることを支えるホスピスで異変が起きています。なぜ、追い出される人が増えているのでしょうか?

Tomohiro Nishi • 4 months ago

がんになる前から、人生を通じて対話をしよう

隠された本心は分かり合えなかったとしても

Tomohiro Nishi • 8 months ago

人は病を得た時に患者になるのではない

患者は病院という「場」でつくられる

Tomohiro Nishi • 9 months ago

「もっといい治療法があるわよ」という知人から心を守るには

あなたも「呪いの言葉」をかけていませんか? 憶測で患者の治療について無責任な言葉を投げることがどれほど罪深いか考察した連載、後編です。

Tomohiro Nishi • One year ago

あなたも「呪いの言葉」をかけていませんか? 「別の治療法なら治る可能性があったのに」という医療者から心を守るには

憶測で患者について無責任な言葉を投げることがどれほど罪深いか考察した連載、前編です。

Tomohiro Nishi • One year ago

積極的安楽死に反対の緩和ケア医が、安楽死の議論を始めようとするワケ

自らの生と死は自らの意志で選び取っていきたい

Tomohiro Nishi • One year ago

死は受け入れられるのか否か

「悔いのない生」のために

Tomohiro Nishi • One year ago

「あとどれくらい生きられますか」 余命を話し合うときに大切なこと

大事なのは患者さんがなぜそれを知りたいのかに耳を傾けること。

Tomohiro Nishi • One year ago