Skip To Content

台風直撃で氾濫相次ぐ 河川の状況はこのサイトでチェック

多摩川、入間川、千曲川、都幾川など各地で河川が氾濫し、荒川や阿武隈川、相模川も氾濫危険水位に達している。

Ryosuke Kamba • One day ago

矢沢永吉、台風対応めぐるメールに激怒「言いたいこと言ってんじゃねーよ」

台風19号の影響で、矢沢永吉が日比谷野音で予定していたライブ「THE STAR IN HIBIYA 2019」を中止。急遽決めた限定映像の配信も延期した。一連の対応をめぐり寄せられたメールに対し、公式サイトで怒りをあらわにした。

Ryosuke Kamba • One day ago

彼女はなぜ、イレズミを焼いたのか? 沖縄女性がタトゥーを「汚い」と蔑まれた悲しい理由

沖縄県立博物館・美術館で開催中の「沖縄のハジチ、台湾原住民族のタトゥー」。公立博物館では異例となるタトゥー展の狙いとは。企画者で『イレズミと日本人』などの著書もある、都留文科大学の山本芳美教授に聞いた。

Ryosuke Kamba • 2 days ago

「政治と宗教はやめておけ」漫画家がアドバイスを無視して突っ走った結果

『ザ・ワールド・イズ・マイン』『キーチVS』『SCATTER』…。数々の衝撃作を発表してきた、鬼才・新井英樹。不朽の名作『宮本から君へ』が池松壮亮と蒼井優の出演で映画化されるのを機に、漫画と政治、生理の関係を語った。

Ryosuke Kamba • 8 days ago

「蒼井優に遊ばれた!」初共演した鬼才が受けた手荒い洗礼とは?

新井英樹原作の漫画『宮本から君へ』が、池松壮亮と蒼井優の出演で映画化された。新井は主人公・宮本浩の父親役で、俳優としても出演。蒼井とのドキドキの初共演を振り返った。

Ryosuke Kamba • 9 days ago

タトゥーがこんなにも嫌われる理由

ラグビーW杯をめぐり、国際統括団体は日本国内でタトゥーを隠すよう選手に注意喚起した。「タトゥー禁止」の入浴施設は多く、来年の東京五輪での混乱も予想される。タトゥーはなぜ嫌われるのか。山本芳美・都留文科大学教授に聞いた。

Ryosuke Kamba • 10 days ago

関西電力役員が小判を受領「ウチの“山吹色のお菓子”を使っていれば…」

小判を模した「山吹色のお菓子」を販売する、有限会社「セントラル・スコープ」代表の野原実さんを直撃した。

Ryosuke Kamba • 11 days ago

「金属バットの2人もHIV検査受けて」支援団体が指摘する「差別」と「他人事意識」

吉本興業所属のお笑いコンビ「金属バット」のネタ動画について、HIV陽性者を支援するNPO法人「ぷれいす東京」の代表・生島嗣さんに見解を聞いた。

Ryosuke Kamba • 12 days ago

金属バットのエイズネタは「確信犯」観客の笑いに絶望を覚えた HIV陽性者団体に聞く

吉本興業所属のお笑いコンビ「金属バット」のネタ動画について、NPO法人「日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス」代表の高久陽介さんに見解を聞いた。

Ryosuke Kamba • 12 days ago

「猿としたらエイズ」「黒人とかな」 吉本芸人のネタにHIV陽性者ら批判「差別を強化」

吉本興業所属のお笑いコンビ「金属バット」のネタ動画に対し、HIV陽性者の団体や支援団体から批判の声があがっている。

Ryosuke Kamba • 12 days ago

「ふざけんじゃねー!」池松壮亮をガチギレ奮起させた、蒼井優の最高すぎる言葉

新井英樹の名作漫画『宮本から君へ』が、池松壮亮と蒼井優の出演で映画化された。熱血サラリーマン・宮本浩を演じる池松は、原作を愛するあまり自らの歯を抜こうとまで考えていたという。

Ryosuke Kamba • 16 days ago

これが「死んだ目」に見えますか?

池松壮亮と蒼井優が出演する映画『宮本から君へ』が公開された。原作・新井英樹、監督・真利子哲也。池松は生気ほとばしる熱演で、主人公・宮本浩になりきっている。

Ryosuke Kamba • 16 days ago

「黒人が触ったもの座れるか!」吉本芸人のネタに批判 「Aマッソよりひどい」

お笑いコンビ「Aマッソ」の大坂なおみさんに対する差別ネタが炎上するなか、ライブで「黒人が触ったもの座れるか!」と発言した「金属バット」にも、批判や疑問の声が寄せられている。

Ryosuke Kamba • 18 days ago

免許返納は「全然ドラマチックじゃない」75歳の大物俳優が明かした裏側

杉良太郎、伊東四朗、加山雄三、尾木直樹(尾木ママ)…。高齢ドライバーによる交通事故が社会問題となり、著名人の運転免許証返納が報じられる機会も増えた。返納に至った経緯を杉が明かした。

Ryosuke Kamba • 21 days ago

超大物俳優がヤクザに「お世話になりました」と言われた意外すぎる理由

『遠山の金さん』『大江戸捜査網』で知られるベテラン俳優の杉良太郎が、芸人の「闇営業」や移籍・独立したタレントへの「圧力」など、芸能界の問題を忖度なしにぶった斬る。

Ryosuke Kamba • 22 days ago

MOMOは生きていた! 世界中を恐怖に陥れた呪いのモンスターが銀座に降臨

国内外を震撼させたSNS時代の都市伝説「MOMO自殺チャレンジ」。噂はまったくのデマだったが、MOMOのキャラクターはいまなお根強い人気を誇る。廃棄されたと言われていた像がこのほど発見され、東京・銀座のヴァニラ画廊で展示されている。

Ryosuke Kamba • 22 days ago

舞台で「切腹」した役者の狂気 「救急車!」「警察へ電話せえ」客席は大パニック

『遠山の金さん』『大江戸捜査網』『右門捕物帖』など、数々の時代劇ヒーローを演じてきた杉良太郎が語る狂気の演技論。

Ryosuke Kamba • 23 days ago

「いってらっしゃい」は覚悟の言葉 パンクロッカーが語る震災と息子とお弁当

パンクバンドBRAHMANとアコースティックバンドOAUのボーカル TOSHI-LOWが、『鬼弁〜強面パンクロッカーの弁当奮闘記〜』を刊行。弁当を6年間つくり続けた息子への思いや、東日本大震災の被災者から受け取ったものを語った。

Ryosuke Kamba • 23 days ago

強面パンクロッカーの豪快すぎる手づくり弁当。息子の感想がめっちゃグッとくる

パンクバンドBRAHMANとアコースティックバンドOAUのボーカル TOSHI-LOWは、愛する息子のために6年間お弁当をつくり続けた。弁当づくりは「過去の自分と向き合える作業」だという。

Ryosuke Kamba • 23 days ago

「羽生結弦には言霊がある」龍玄とし(Toshl)がゲキ推しする珠玉の一冊

「彼の言葉はすごくボキャブラリー豊かで、舞やパフォーマンスと同じように心をこめて伝えてくれる」

Ryosuke Kamba • 28 days ago