Reporting To You X
Skip To Content

Fashion

肌のまだら模様を活かしたボディペイントが美しい…!

一部の肌の色素が抜ける「尋常性白斑」。ある女性が、自分の白斑に絵の具を塗る写真や動画をSNSで投稿し、注目を集めています💛💜💖

人気インフルエンサー、体型批判するアンチを一刀両断!→「デブって、人に言ってはいけないんですよ」

TikTokで27万人のフォロワーを抱えるオナー・ホプキンズさん。ボディ・ポジティブを発信する彼女が、投稿に集める体形批判について語りました。

女王が日本で手に入れた真珠も。国葬で英王室メンバーが着用していた「思い出」のジュエリー

9月19日にロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われた、英エリザベス女王の国葬。参列した王室の女性メンバーたちは、それぞれ女王から貸与されたり贈られたりしたジュエリーを身につけていた。

「メガネでアイシャドウが隠れる…」そんな悩みから生まれた "画期的なメイク" に称賛の声

メガネをつけるとアイシャドウが隠れる…。そこで女性が生み出したのは、発想を転換させたメイクでした。

体のラインが強調される服は「教師としてふさわしくない」? SNSで非難された教師が反論

「体が曲線的だから体型批判するのは差別」と教師はSNSに書いた。

いつもピースサインしてないですか? 「写真写り」テクニックをプロが伝授

「カメラを向けられると、ぎこちなくなっちゃう…」というミレニアル世代以降のみなさん、高いアングルからの自撮り、アヒル口からはもう卒業ですよ。

エコな服って高い! でも実情は「1万円で売っても利益は出ない」…説明動画が話題

女性は、ものづくりにかかる本当のコストを訴え、人々に「消費についてもっと真剣に考えて」ほしいと話します。

えぇ…豪華すぎるって! レジェンド選手、ダイヤ入りシューズで試合に出場してしまう

今年8月に引退を示唆した、テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手。全米オープン2022では、ダイヤモンドが散りばめられたシューズを試合で着用し、話題になっています。

エリザベス女王、服のカラーバリエーションが豊富すぎる

英国女王のコーディネートを、「pHスケール」や「サッカーシューズ」の画像と並べると…😳

ワイルドすぎる8歳児、髪型コンテストで優勝! 賞金34万円は「ゴーカートに使う」

アメリカ・ミシガン州で開催された「全米マレットヘア選手権」。キッズ部門で優勝したエミット・ベーリー君(8)が話題になっています。

Lol

ゴミ袋が…24万円だと!? 高級ブランドの新バッグにネットざわつく

「Balenciaga(バレンシアガ)」が「ゴミ袋ポーチ」を1790ドル(約24万円)で販売開始!あまりの値段の高さに、ツイッターは大盛り上がりです。

「恥っっず」ビリー・アイリッシュが昔の自分のファッションを採点

歌手のビリー・アイリッシュが、インスタグラムのストーリーに過去のコーデ写真を連投し、自己採点。自分のファッションをどう評価したのでしょう?

WTF

「スーパーの会員カードを忘れないため」QRコードのタトゥーを入れた男性

スーパーマーケットのさまざまな割引やお買い得商品を逃さないよう、入れたんだとか…😅

「ブラを外せと指示された」当時15歳のトップモデル、撮影現場を逃げ出した過去を明かす

モデルのケイト・モスが、撮影現場から逃げ出した過去を明かした。当時15歳だったケイトは、トップレスになるよう男性カメラマンから指示されたという。

「私の上半身をジロジロ見て…」タトゥー施術中に女性の体型を侮辱→男性彫り師に批判【2022年上半期回顧】

ジムで出会った男性タトゥーアーティストの店に行ったところ、思いがけないことを言われ、お金だけ払って店から飛び出したという女性。「男性は、私の上半身をジロジロ見て…」【2022年上半期回顧】

ジムで盗撮された女性が、経験をSNSでシェア→「私もされたことある」コメント多数【2022年上半期回顧】

ジムでの運動中に、1人の男性から盗撮されたという大学生。「ジムは(誰にとっても)安全な場所であるべきなのに、女性たちがこんなことを経験しなきゃいけないなんて、悲しいです」と、彼女は語った。【2022年上半期回顧】

女性のトップレス写真を使った広告が「違反」→使用禁止に。「なぜ?」ネットで疑問の声【2022年上半期回顧】

アディダスのスポーツブラの広告が、イギリスの広告審査機関から注意勧告を受けた。女性のバストの多様性を謳った広告には、トップレスの女性の写真が使用されていた。【2022年上半期回顧】

「胸の写真でフォロワーが10万人減った」ビリー・アイリッシュ、特定のスタイルに縛られるのは「人間性を奪う」【2022年上半期回顧】

歌手のビリー・アイリッシュが、2021年に世間を騒がせた3つのできごとを振り返った。【2022年上半期回顧】

伝説のスーパーモデルが再集結。ファン大喜びと思いきや…残念がる声も。その理由とは?【2022年上半期回顧】

キム・カーダシアンが手掛ける下着ブランド『SKIMS』のキャンペーンに、ヴィクトリアズ・シークレットの元エンジェルたちが起用された。“どんなサイズの人にでも合う”というコンセプトの商品にも関わらず、スリムなモデルたちの起用に批判的な声も…。

ミニマルの逆をいけ!ド派手な「マキシマリスト」ファッションがキテる

原宿系ファッションや派手な柄、過剰な重ね着や大胆なシルエットの服で遊ぶ「マキシマリスト」。見ているだけて不思議な感覚に!💖🧡😳

「ファッションにルールはない」プラスサイズ女性、海外セレブのコーデを再現!インスタが素敵すぎた【2022年上半期回顧】

インスタグラムで、約70万人のフォロワーを抱えるケイティ・ストゥリーノさん。ボディ・ポジティブを広める活動が、注目を集めています。【2022年上半期回顧】

「給料10万円の人を半額の5万円にすると…」ユニクロ柳井氏の「名言」拡散も虚偽と否定。誤情報はどこから?【2022年上半期回顧】

ユニクロの柳井正氏のものとされる発言がTwitterで大きく拡散。すぐに「事実無根であり、虚偽の内容」と否定されたが、この「名言」は一体どこから出てきたのか?【2022年上半期回顧】

ただのファッションじゃない!有名人の「タトゥー」に込められた意味が深すぎて泣ける

海外ではファッション感覚でタトゥーを入れる人も多いですが、タトゥーに込められている意味もさまざま。海外セレブたちが入れたタトゥーにも、いろんな物語がありました。

ある日突然「中国版インスタ」でバズった結果…!一般人の私は、異国で“ファッションデザイナー”になった。

プロのデザイナーでもマンガ家でもない。無名の私が描いたロリータファッションのイラストが、そっくり同じデザインの服で発売されることに…!SNS時代ならではの嘘みたいな本当の話。

「ド派手で何が悪い!」独自のファッションセンスが激アツな有名人

『ファンタビ』のエディ・レッドメイン、『イカゲーム』のイ・ジョンジェ、『ストレンジャー・シングス』のガテン・マタラッツォなど…。15人のレッドカーペットコーデを紹介します!

黒スーツはもう時代遅れ?→ センス抜群なメンズコーデを着こなすセレブ11人

BTSやハリー・スタイルズ…。レッドカーペットで一際目を引く男性陣の衣装を紹介します!

バービー史上初!トランスジェンダーの人形が発売。モデルは有名トランス俳優

アメリカの玩具メーカー「マテル」から、初のトランスジェンダーのバービー人形が誕生した。『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』や『令嬢アンナの真実』に出演している、トランス俳優のラバーン・コックスがモデルとなっている。

日系モデルが有名誌の表紙に。アジア系プラスモデルとして初「歴史を築けて光栄」

さまざまな年齢、人種、体型の人を起用し、美の多様性を表現してきた、雑誌「スポーツ・イラストレイテッド」の特集。今年は日系人のユミ・ヌーさんが、アジア系プラスサイズモデルとして初の表紙を飾った。

「私の上半身をジロジロ見て…」タトゥー施術中に女性の体型を侮辱→男性彫り師にネットで批判殺到

ジムで出会った男性タトゥーアーティストの店に行ったところ、思いがけないことを言われ、お金だけ払って店から飛び出したという女性。「男性は、私の上半身をジロジロ見て…」

People Who Have Worked In The Fashion World Are Sharing Their Secrets And Stories, And WHEW, They Are Toxic

"One time, I was told that I was being 'treated' to a trip to Paris with the sales team to sell the collection to Paris clients. The brand didn't even book me a room or a bed to stay in for the week, so I had to sleep on the floor. Unpaid. Didn't even have enough daily food budget to feed me properly."

女性のトップレス写真を使った広告が「違反」→使用禁止に。「なぜ?」ネットで疑問の声

アディダスのスポーツブラの広告が、イギリスの広告審査機関から注意勧告を受けた。女性のバストの多様性を謳った広告には、トップレスの女性の写真が使用されていた。

「ファッションにルールはない」プラスサイズ女性、海外セレブのコーデを再現!インスタが素敵すぎた

インスタグラムで、約70万人のフォロワーを抱えるケイティ・ストゥリーノさん(41歳)。ボディ・ポジティブを広める活動が、注目を集めています。

「ふわふわ…すご」履いた瞬間、そう呟いた…。あのファミリーマートソックスから、期間限定カラーが登場!

ファミリーマートから、性の多様性やLGBTQ+支援を意味する、レインボーカラーのソックスが発売しました。売り上げの一部が、LGBTQ+支援団体に寄付されます。

伝説のスーパーモデルが再集結。ファン大喜びと思いきや…残念がる声も。その理由とは?

キム・カーダシアンが手掛ける下着ブランド『SKIMS』のキャンペーンに、ヴィクトリアズ・シークレットの元エンジェルたちが起用された。“どんなサイズの人にでも合う”というコンセプトの商品にも関わらず、スリムなモデルたちの起用に批判的な声も…。

back to top