back to top

【クイズ】災害時にやるべきこと、やってはいけないこと

全部で10問あります!

  1. Correct
    Incorrect
    171
    Correct
    Incorrect
    111
    Correct
    Incorrect
    191
    正解!
    不正解!

    正解は「171」

    被災者が安否メッセージを登録することで、他の人が聞ける「声の伝言板」になります。

  2. Correct
    Incorrect
    テーブルを抑える
    Correct
    Incorrect
    テーブルの下に隠れる
    Correct
    Incorrect
    テーブルの上に立つ
    正解!
    不正解!

    正解は「テーブルの下に隠れる」

    物が飛んできた場合に備えて、自分の身を守りましょう。

  3. Correct
    Incorrect
    電気をつける
    Correct
    Incorrect
    出口を確保する
    Correct
    Incorrect
    火元を確認する
    正解!
    不正解!

    正解は「電気をつける」

    電気のスイッチに触ると、火災や爆発の危険があります!

  4. Correct
    Incorrect
    ブレーカーを落とす
    Correct
    Incorrect
    すぐに部屋から出る
    Correct
    Incorrect
    窓を開ける
    正解!
    不正解!

    正解は「窓を開ける」

    ガス漏れに気づいたら、窓を開けて換気しましょう。

  5. Correct
    Incorrect
    道路の左側に停車する
    Correct
    Incorrect
    鍵をかけて駐車して避難する
    Correct
    Incorrect
    揺れが収まるまで車内で待機する
    正解!
    不正解!

    正解は「鍵をかけて駐車して避難する」

    緊急車両通行時に車を移動できるように、キーはつけたままにしておきましょう。

  6. Correct
    Incorrect
    公園
    Correct
    Incorrect
    学校
    Correct
    Incorrect
    正解!
    不正解!

    正解は「駅」

    交通機関が停止している駅周辺は、人があふれて大変混雑します。混雑による混乱やパニック、二次災害などの事故を避けるため、近づかないようにしましょう。

  7. Correct
    Incorrect
    硬いものでドアや壁をたたく
    Correct
    Incorrect
    大声で叫び続ける
    Correct
    Incorrect
    じっとしながら待つ
    正解!
    不正解!

    正解は「硬いものでドアや壁をたたく」

    大声を出し続けると体力を消耗し、命の危険があります。硬いものでドアや壁を叩いて、自分が屋内にいることを知らせましょう。

  8. Correct
    Incorrect
    ドアをこじ開けて脱出する
    Correct
    Incorrect
    インターホンや電話で外部へ連絡する
    Correct
    Incorrect
    非常ブザーボタンを押す
    正解!
    不正解!

    正解は「ドアをこじ開けて脱出する」

    ドアを無理にこじ開けて脱出すると、昇降路に転落する原因となります。そのまま待機しましょう。

  9. Correct
    Incorrect
    体を強く揺する
    Correct
    Incorrect
    肩を軽く叩いて呼びかける
    Correct
    Incorrect
    顔に水をかける
    正解!
    不正解!

    正解は「肩を軽く叩いて呼びかける」

    「わかりますか」と呼びかけて、意識の有無を確認しましょう。

  10. Correct
    Incorrect
    5日分
    Correct
    Incorrect
    7日分
    Correct
    Incorrect
    3日分
    正解!
    不正解!

    正解は「7日間」

    大災害でインフラが寸断された場合、行政が機敏に動くことが難しい状況になります。支援が届くまで、少なくとも1週間は暮らせる準備が必要です。

Images Courtesy of Getty Images

参照元:東京防災、日本自動車連盟 (JAF)、首都直下地震帰宅困難者等対策連絡調整会議、三菱日立ホームエレベーター株式会社

大人でも忘れがちな災害時の対応。ましてや、子供ならなおさらです。

まさかの時にも、自分のスマホがあれば、離れた家族と連絡を取ったり、自分の身を守ることにもつながるはず。SoftBankの学割モンスター U18は、お子様のスマホにぴったりなプランです。