Reporting To You X

描いたのは、被告の似顔絵。相模原事件、初公判に「実名」で参加した父の思い

相模原事件の植松聖被告の初公判が8日に開かれた。植松被告は謝罪の言葉を述べた直後、暴れだすなどしたため取り押さえられ、一時休廷の事態となった。差別や偏見を懸念した遺族らの希望により、「匿名審理」となった裁判に唯一実名で 参加した被害者の父が語ったこととは。

コンビニのレベル超えちゃってるよ!ファミマの“138円シフォンケーキ”がフワッフワすぎて神なんだけど…!

Family Mart(ファミリーマート)の「ミルクティーのような味わいアールグレイシフォンケーキ」が最高でした。アールグレイ味のふわふわシフォンケーキの中に甘さ控えめのホイップが…!一口で幸せになれる味でした。

相模原事件、植松被告の初公判。傍聴希望の約2千人が列、開廷に遅れも

障害者入所施設「津久井やまゆり園」で元職員の植松聖被告が入所者19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた相模原事件。初公判が開かれた1月8日朝、整理券の配布と抽選が行われた裁判所近くの「象の鼻パーク」には、冷たい雨が降りしきるなか、人々が列をなしていた。

「バカ!クズ!」“暴言を吐く人への対処法”を描いたマンガに絶賛の声「読んでラクになった」「同意すぎる」

「暴言を吐く人について気付いたこと」を描いたマンガがSNSで話題になっています。「暴言を吐く人は“汚い言葉”と“鋭い指摘を混同しているのでは?」という作者の気づきに、多数の共感の声が寄せられていました。漫画制作の背景について、作者の竹内絢香さんにお話を伺いました。

英タブロイド紙による「メーガン妃いじめ」。トップ記事の比較で、キャサリン妃との報道の違いが明らかに

王室の主要メンバーから「距離を置く」と発表したハリー王子とメーガン妃。背景には「何年にもわたる英国メディアの偏った不公平な報道」があった。デイリー・メール紙やデイリー・エクスプレス紙のキャサリン妃とメーガン妃の報道を比較したところ、2人の扱いには明らかな違いがあった。

世田谷一家殺人事件 事件現場となった家屋内を遺族が一部メディアに公開

警察から取り壊し要請を受けて、遺族が一部メディアに事件現場となった家屋の中を公開しました。「証拠の保全も十分できたかどうか判断できない状態で、このままここを無くしてしまっていいのか、メディアを通じて皆さんにも見てもらいたいと思いました」

「川崎でヘイト禁止条例の成立後、拉致被害者のポスターが撤去」はミスリード。ネットで拡散

拉致被害者、横田めぐみさんの父・滋さんと母・早紀江さんが暮らす市内のマンション住民有志「あさがおの会」と市、神奈川県が連携し、張り出したポスターの張り替えと、ヘイト禁止条例を結びつけるツイートが拡散している。

セブンに神、現る。たった“13kcalのお菓子”が正月太りした私に降臨した

セブンで発見した「まるかじり海苔チップス 贅沢うに味」が面白い!うに味の顆粒を、2枚の海苔で挟んだだけのお菓子なのですがこの食感がお見事!うにの風味も本格的で、磯の香りが鼻腔をくすぐります。たったの13kcalだから、正月太りを気にせず食べられる♪

まもなく開かれる相模原事件初公判 「内なる優生思想」に私たちはどう抗うか

障害者入所施設「津久井やまゆり園」で元職員の植松聖被告が入所者19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた相模原事件の初公判が間もなく開かれる。「起こるべくして起こった」とこの事件を考え、「内なる優生思想」をテーマに対談集も出版した作家の雨宮処凛さんに、植松被告を生み出した日本社会についてお話を伺った。

「泡がふわっふわ」「激うま」ダイソーすごい!こんなのも110円で買えちゃうんだ…

コーヒー好きの方に、DAISO(ダイソー)の「カプチーノミキサー」がとってもオススメです。名前の通り、カプチーノに入れるフォームミルクが簡単に作れるっていう商品。簡単に作れるし、自分で牛乳の量を調節できるのですっごく便利ですよ〜!

back to top