back to top

忙しい人にオススメ、心と体をヘルシーに保つ24の工夫

心と体のどちらかでも少しはヘルシーにできたと感じられた、2017年にした簡単な工夫を紹介しちゃう。

健康的なライフスタイルをキープするのは、とっても難しい。メッチャ忙しいあなたは特に。

BRAVO / Via gfycat.com

「やることがクソ多くて、もううんざり」

そこで、2017年のライフスタイルヘルシー化に役立った簡単な続けられる方法を、BuzzFeed読者のみんなに聞いてみたよ。

そうしたら、こんなに素敵なアイデアが集まっちゃった。

1. あらゆる人を気分良くするのが自分の役目、なんて考えは捨てよう

Warner Bros. Pictures / Via gifimage.net

「ドビーは自由だ」

私はほかの人を楽しくさせるタイプの人間で、誰かがひどく怒っていると、とても居心地が悪くなる。私が何か失敗したせいで怒ったって、いつも思うから。でも、セラピーを受け始めて、誰かが怒っても大抵は私のせいじゃないって学んだ。そして、そうした人の気分を良くすることに自分の時間とエネルギーをすべて注ぐ義務なんてない、ってことも知った。気分は本人の力でしか変えられないことだってあるんだし。

jennab17

広告

3. 1日に最低1回は家の外へ出よう

Comedy Central / Via giphy.com

家のなかに1日中いるのが快適だと思っていたのだけど、気分は落ち込む一方で、特に冬のあいだはひどかった。そこで今は、1日に1回は外へ出るようにしている。休みの日でも、雨が降っていても、具合が良くないときでも。外出といっても、近所のスタバへ歩いていくだけだったり、近くの公園へ散歩したり、食べ物を買いに出たりする程度。新鮮な空気を吸い、血液を体に巡らせ、外に出ることは、本当に大切。

ariellevictoriat

4. 「思ってもいないことを言わない」姿勢を貫き、自分で責任を取る

BRAVO / Via gifsec.com

「許せないことが3つあるの。それは、でたらめと、でたらめと、でたらめ」

「思ってもいないことを言わない」とは、嘘をつかず、真実を隠さず、誰かに言われたことを額面通り受け取る、ということ。自分の気持ちをもっとオープンにしようと決めたら、精神面の健康全般にとてもいい効果があった。思いやりを抱きながら自分自身に正直だと、自分の不健康な習慣を直視することにつながるし、少し努力して省みる部分が見つけられる。大変ではあるけれど、そうなりつつある。

ameliarf

5. 水とお茶を多く飲むようにして、砂糖を入れたコーヒーや、ジュース、ソーダ、アルコールを減らそう

tenor.com

もちろん、時々はコーヒーが必要なこともあるし、断酒するのがとても難しい週末もある。でも、ソーダとジュースを全然飲まなくなると、実際に体調が改善してきた。それに、水が本当に美味しいと感じるようになった。

puckvandenb

6. あと、ダイエットコーラ的な飲み物もやめよう

Coca Cola / Via giphy.com

「普通のコーク」は飲まなかったけど、「ダイエットコーク」は毎日5缶か6缶飲んでいた。飲む水分が全部ダイエットコークのこともあった。大好きだったけれど縁を切る決心をして、それから1年間は1缶も飲まないようにした。その結果、体調がとても改善し、今はまた飲もうなんて考えられなくなった。ダイエットコーク断ちして1週間くらいは、ひどい頭痛に襲われ、飲みたくて仕方なかったけれど、今や欲しいとすら思わない。ちょっとしたことかもしれないが、その差はとても大きかった。そして今は、身体的な健康のほかの部分も改善しようと取り組んでいる。

meaghanschram

広告

7. ちょっとした健康的な習慣を続けるのに役立つ、「Fabulous」などのアプリを使ってみよう

Google / Via design.google

31歳になった2017年、ヘルシーな生活に変えたいと考えた。でも、新しいことを始めても、続いた試しが今までなかった。そこで、少し検索して、簡単な変更を続けることに特化したアプリ「Fabulous」を見つけた。使いやすいし、大げさでないし、使う人事の目標や必要性にうまく合わせられる。

christinas4b13bd5fc

8. 簡単な自宅ワークアウトをしよう、ストレッチだけでも、腹筋を数セットだけでもいい

Lauren Zaser / Via buzzfeed.com

毎週3回ヨガのクラスへ通う生活を数年続けていた。でも、2017年に自宅で毎日ヨガをするようにしてみた。ルーチンを全部こなすときもあれば、ストレッチしかしないこともあったけれど、それが大成功だった。

annad411f3b104

9. 甘いソースや調味料の量を少しずつ減らし、できれば最終的に使わないようにしよう

NBC / Via gifmania.co.uk

食事の際、特に外食時は、自分で料理にかけるソースなどの調味料を全般的に減らし始めた。そうしていたら、食べ物をソース漬けにするのが癖になっていただけで、必要のない無駄なカロリーと糖分を余計に摂っていたのだ、ということに気づいた。

evacastillo

10. そのうえで、食事の添加糖も減らそう

FOX / Via giphy.com

2017年5月に、3週間だけ添加糖(食物の素材そのものに含まれる糖分でなく、食品に加えられる糖分)を避けてみた。その少し前からそうしようとは考えていたのだけど、BuzzFeedのある記事を読んで実行へと動けた。その記事のおかげで、自分が砂糖中毒をはね飛ばし、食べている食事そのものに対する意識を大幅に高められる、と認識できた。今のところ、食事に特別気をつけているわけでないが、学んだ健康的な習慣を日々いろいろ考えるようになったし、そのいくつかを取り入れている。

e4b3820361

広告

11. 無理な食事制限で体重を急激に落とすのはダメ。食べ物に何が入っているかきちんと学ぼう

NBC / Via tenor.com

「食事のバランスはいいかな?」

私は、有害なダイエット習慣で人生の半分以上を惨めな気持ちのまま過ごしてきた。そんなダイエットをやめたところ、状況が劇的に改善した。すっかり染みついていた食事の「ルール」を気にせず楽しく生活できるようになり、今はダイエット業界に向かって中指を突き立てていられる。

rebecca0815

14. 一度に取り組むToDoリストの項目は1つだけ、予想以上に時間がかかっても自分を責めない

Buena Vista Pictures / Via giphy.com

「お前ならできる」

2017年は、一度に処理する問題は1つだけにするよう意識し、作業がやや遅れても自分を責めない、という点に気をつけてみた。自分はもっと力を出せると思っていたし、非現実的な基準を自分に設定していたので、常に失敗したような気持ちを抱いていたから。物事にマイペースで取り組み、作業の進捗が少なくても楽しむようにし始めたら、毎日の見通しがとても健康的になった。

deliriouslyhappy

広告

15. 精神の健康を優先させ、その助けになる専門家を探すのもいい

instagram.com / Via Instagram: @ellicottcitygirl

私の双極性障害および境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)を治療するにあたり、適した薬物療法の組み合わせを一緒に探ってくれる良い精神科医に出会えた。薬物療法、治療、私が格闘していると思っているそのほかの問題を説明する際、その先生はとても勇気づけてくれるし、理知的で至れり尽くせりだ。

すっかり健康になったわけではないが、2018年はさらに改善するだろう。

micheleb10

17. 空きっ腹を抱えて食料品を買うのはやめよう

Netflix / Via tenor.com

「今日のディナーはキャンディで決まり!」

ささいなことに思えるけど、空腹時には買いものへ絶対行かないようにした。そうしたのは、お腹が空いているときに買いものをすると、本当なら必要なかったり、実は欲しくもなかったりしたジャンクなものを買ってしまうことに気が付いたから。満腹だと、健康的なものを食べるようになるし、財布にも優しい。

louisatayloor

18. 自分が料理に使いたいと思える、「ヘルシーっぽく」て、美味しい食材をストックしておこう

instagram.com / Via Instagram: @jverafit

料理を覚えたのは100%役立った。お腹が空いたときにファストフードを食べるのではなく、何かを混ぜて料理できるように、いろいろなやり方で手を加えられる缶詰や冷凍の食材をストックするようにした。

ameliarf

広告

19. そして、週に数えるほどでいいから、自炊を始めよう

Facebook: video.php

自宅で以前より料理するようにした。母は糖尿病だし、母が祖母を世話しているあいだ、私の料理当番を増やしてみた。祖母は亡くなったけれど、私の料理当番が多い状態は変えなかった。今もたまに外食するけど、母の血糖値を下げるのにはそれで十分で、HbA1cと中性脂肪も改善した。私の兄弟も、今は糖尿病の予備軍じゃなくなったし。

annemariet4111c76b8

大量の料理番組をストリーミングで見始めて、BuzzFeed Tastyのニュースレター配信に申し込んで、ヘルシーな料理の新しいアイデアをたくさん勉強した。

ameliarf

20. 毎週少しでも時間を作って大切な人とやり取りし、近況を交換しよう

Focus Features / Via giphy.com

親友と私は、毎週お喋りし始めた。内容は、どうでもいい雑談のこともあれば、真剣な相談のことなど、いろいろ。目的は、近況を交換し、物事をよく考え、気持ちをすっきりさせ、お互いに寄り添うだけだった。それが、とてもいい効果をもたらしてくれている。

shayann4e8ad1c07

22. SNSの使用を控え、場合によってはしばらくアカウントを削除すると宣言し、習慣が自分の生活にどれほどの影響を及ぼしているかじっくり考えよう

NBC / Via gfycat.com

「私の1日は、必ずFacebook、Twitter、Tumblr、Instagramのチェックから始まる」

ちょっとしたことだけど、SNSのアカウントをすべて削除した。SNSなしで過ごすのは相当難しかったものの、やってみたら気分がとても良くなった。ひどく目に悪いスマホを常に必要とする状況から解放され、自分の精神と体の健康に配慮するための時間も増やせた。

kelseyk4ddd0391a

広告

23. 主要栄養素について学び、献立を考える際に考慮しよう

Jenny Chang / Via buzzfeed.com

「500kcalの献立」

「糖質:69g/タンパク質:31g/脂質:11g」

「鶏の胸肉:3オンス」

「玄米(長粒米):11/4カップ」

「アボカド:1/4個」

主要栄養素の摂取量を記録し始め、フルーツと野菜の量を増やしたら、体調がそれ以前に比べ10倍も良くなった。

doctorcarrigan

24. そして最後に、ジムへ行くようにすれば、多少はウェイトを持ち上げられるようになり、メッチャ丈夫になったと感じられる

Nintendo / Via wifflegif.com

人生で初めてジムへ通い出して、トレーニングマシンの使い方を学んだ。その結果、自分の体に対する感覚が、日々まったく違うようになった。

sydneyh488789294

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:佐藤信彦 / 編集:BuzzFeed Japan