• lol badge
  • sexedjapan badge

出産に関する疑問に答えます!これから産む人に知ってほしい出産の「リアル」

出産、つまり人間が人間を出してきました!

無事、男の子が生まれました!

まずは私の出産基本情報を。

Ydl / Getty Images

病院にて経膣分娩による出産。出産にかかった時間は9時間ちょい。

帝王切開に切り替えるかというギリギリのところでした。

スタートから6時間の時点で麻酔(Epidural)をいれた、無痛分娩でした。

注意:私は医者ではないので、あくまでも「私個人の体験談」としてご覧ください。出産は人それぞれ異なります。私に起きたことが他の人に起きるとも限らないし、その逆もしかり。

それでも、私の出産エピソードが誰かの参考になればと思います。

以下、表現や画像を過激だと感じる人がいるかもしれません。

1. イキんでいる時って便秘でイキむのと同じような感じ? うんちがでちゃったりしないの? —vanessam94

Science Photo Library / Getty Images

出産でのイキみは、人生最大の便を出すぞってレベルのイキみでした。

巨大ブリトーを25個くらい一気食いしたあと、全部出すような。

私はイキむ度に「うんちでてないよね?」って叫んでました。

何がなんだかわからないし、見えないので周りに聞いて確認するしかないのです。

あんまり言ってたら、最終的に担当のお医者さんに「ちょっと出てますね。でも、みんなそうですから」って言われてしまいました。

看護師さんがお尻を拭いてくれました。夫がシャツで鼻を覆っているのが目にはいりましたね。まぁ、臭かったんでしょう。失礼しちゃうわね。

というわけで、質問の答えは、私の場合はYES。

出産時のイキみでうんちがでてしまう人は多いです。

でも、お医者さんはそんなのおかまいなしです。

2. 陣痛ってどんな感じ? —pipermurreyj

Tetra Images / Getty Images

私は陣痛が来るたびに、死にかけの動物みたいな声をあげていました。

めちゃくちゃ痛いです。記憶から消したいレベルの痛さです。

かみそりの刃を持った誰かが体内を捻ったりしめつけたりしているような痛みで、立っていられません。

少なくても、私はそんな感じでした。背中や腰にきた、という話も聞きますよね。陣痛は生理痛の100倍くらい痛い…。

陣痛の中、看護師さんにいろいろ基本の確認事項を聞かれたのですが、あまりの痛さにまともに受け答えできませんでした。そもそも頭が動かない。

なので、出産に立ち会う人と情報共有して、アレルギーや服用している薬についてなど必要なことを代わりに答えてもらうのをオススメします。

3. 何人もの人にアソコを覗きこまれるのってどうなの? —claire127

正直、気まずい! でも、この人たちは全員プロで、毎日何千何万もの女性器を見ているから大丈夫!と自分に言い聞かせました。

私の場合、研修医の見学OKにしていたので、麻酔入っていよいよ赤ちゃんが出るぞという段階で、研修医4人がやってきました。

産婦人科医になるのちょっと不安、って思わせちゃったかも。

私の出産シーン、ではありません!「VAGINAL CHILDBIRTH(経膣分娩)」で検索してでてきたストック画像です。

Vadimguzhva / Getty Images

4. 無痛分娩ってどうなの? 痛みを軽減するはずの無痛分娩なのに、泣きながら出産している人の動画を観たことあるんだけど…? —singactjoke

背中から硬膜外腔に麻酔を入れます。

麻酔の注射針はとても長い(8センチほど)でしたが、麻酔の処置の痛みはまったく感じませんでした。

というか、出産の痛みがすごくて、麻酔の痛みなんてわかんないレベル。麻酔が効いてくると、あれだけ痛かった状況が一変。

痛くない!というか、おへそから下は何も感じません。なので、麻酔が切れるまで立つことも歩くこともできません。

無痛分娩でも泣いていたという話ですが、理解できます。

痛みは感じなくても、強くイキんで赤ちゃんの頭を押し出すという感覚はあるわけで。

痛みに泣くというよりは、強くイキむのと同時に叫び声が出ちゃう、感情がでちゃうという感じだったのかなと。

5. 女性器と肛門の間を切るって話を聞いたけど本当? 痛い? 縫う時も痛いの? —sopphhiiiaaa

Tera Vector / Getty Images

会陰切開と呼ばれる処置で、分娩の補助としてお医者さんが会陰をカットすることがあります。

アメリカでは、今は一般的でなくなってきています。私は会陰切開はしなかったのですが、出産時に裂けて縫うことになりました。

サイドからサイド、横方向に裂けました😭思い出したくないですが、裂けました。

ただ、無痛分娩の麻酔が入っていたので、縫うところも含め何も感じず。

麻酔がきれてから、縫い目の痛みがきたので、股に保冷剤をはさんでいました。

ストック画像ブレイク。

Resat_dongel / Getty Images

6. 最近よく話題になる産後うつって実際どうなの? もともと不安症でうつ気味なので、赤ちゃんは欲しいけど産後うつのことを思うと怖い。 —alexish40fba31ea

産後うつは深刻な問題です。最近は多くの人が産後うつについて語るようになってきているので、ママたちの孤独感が少し減ってきているのかな。

アメリカでは、産後70%から80%の人が寂しさを感じ、そこから産後うつに発展していくケースが多くあるといいます。

私個人は、産後うつと呼ぶほどはなかったものの、お医者さんいわく「ベイビーブルー」というレベルで、不安でたまらず、ポジティブな気持ちになれないという感覚でした。

結局、抗うつ剤を処方してもらったのですが、そのことについて誰にも言っていませんでした。

今思えば、誰にも話さなかったことをちょっと恥じています。同じ気持ち、状況のママたちもきっといるので、もっとオープンに語ればよかったと後悔しています。

そもそも妊娠から出産でホルモンバランスは乱れまくりなうえに、寝不足での新生児のお世話。不安な気持ちになって当然なんですよね。

産後に気持ちが落ち込むかもしれないと考えると心配にもなりますが、サポートしてくれる人たちがいると知れば、その心配も少しは和らぐかと。

7. 出産後のお腹ってどうなってるの? —1988

Jane Khomi / Getty Images

ゼリーみたいに柔らかくなりました。ゼリーをスプーンでつついたみたいに、お腹を手でパンっと叩くとタプタププルプルします。

お腹がゼリーなんてあまり気分のいいものではないですが、妊娠中ひっぱられまくった皮膚のたるみなのでしょうがないのです。

そのうち皮膚のたるみも縮み、戻りますが、それでもやっぱりちょっとたるみが残るかな。

私の場合ほぼ元に戻りましたが、今後2人目3人目と産んだ時にどうなるかはわかりません。

8. 出産中、産後にパニックになるような体験は? – 匿名

そりゃありました。まずは出産中、息子の心拍数が急に下り、緊急帝王切開に切り替えという場面があり焦りました。

結果、手術の準備をしている間に息子の心拍数が戻ったので、経膣分娩でいけましたが。

出産って予定通りにいかないものなんですよね。できることは、お医者さんたちが、私と赤ちゃんのために最善を尽くしてくれていると信じることのみ。

出産後は、胎盤でびっくりしました。息子が生まれたあと、胎盤を体外に出すのですが、私はこれをよくわかってなかったのです。

胎盤を出すために、看護師さんがお腹をぐいっぐい押すんですが、これがかなり痛かった。私は10分くらいですみました。

出した胎盤を見せてもらうのもいいと思いますよ、ただ少々グロいのでそのつもりで。

Azmanl / Getty Images

9. 産前産後のセックスは? 感覚は変わった? – 匿名

Tom Merton / Getty Images

今回は「出産」についてのQ&Aで、セックスは、直接関係ないけれど、セックスについての質問とても多かったので答えます!

産前最後のセックスは、陣痛で病院にいく数時間前。夫も私もしょうがなくという感じで、あまりいいものじゃなかったです。お腹にガスが溜まりまくっている感じだったので、最中におならしなかっただけでもよしとしましょう。

それでもどうしてもセックスしたいと夫に頼んで決行。

実はもう予定日を過ぎており、2週間ほどリクライナーで寝るという生活だったので、とにかく赤ちゃんが出てくるように何か刺激になることをしたいというのがセックスの狙いでした。

おかげで(?)セックスから数時間後に陣痛がきて病院へ。もちろん、セックスのおかげではなくただの偶然かもしれませんけれど。

※これはあくまでも私の場合なので、おすすめしていません。人の体験談を鵜呑みにせず、何事も担当医と相談するのがベストです。

産後のセックスについて。裂けて縫ったこともあり、自分の女性器に無理をさせたくない、というのがまずありました。

女性器の準備が十分整ってからにしようと。

縫い目は2,3週間で吸収され、産後1ヶ月ほどで産婦人科医から「セックスOK」の診断が下りました。

それでも、ちょっと不安だったので、セックスしたのは産後6週間を過ぎた頃。

ローションを多めに使って臨みましたが、産前・妊娠前と感覚が異なることはありませんでした。

ワインをたくさん飲んだのがよかったのかも! きちんと締まりも感じました😜

10. どうやったらあの小さな穴から赤ちゃんが出てこれるの? —alisiakrieg

これは出産後も残る謎ですね。

私が理解しているのは、子宮口がゆっくり開きはじめ、10センチになったらGOということ。

穴がどれほど開くのか、下の画像がわかりやすいかと。びっくりですよね。

11. 出産中に命の危険を感じることは? —sanbosmom

私は、これはなかったです。お医者さんと看護師さんたちが、逐一私と赤ちゃんの様子をチェックしてくれていたので。

何が起きているのかよくわからない時も、チームのみなさんが最善を尽くしてくれていると思えたので、不安になることはありませんでした。

安心して任せるためにも、信頼できる産婦人科医を見つけるのは大切だと思いました。

また、担当医が当日いないパターンもあるので、バックアップチーム(担当医以外のお医者さん)の顔も知っておくともっといいと思います。

私は、いざ陣痛が来たときは担当医がおらず、その日の当直の先生に担当してもらいました。

事前にこの先生にも会っておけばよかったと思いましたが、それでも一瞬で信頼関係を築いてくれた素晴らしいドクターでした!

12. 立ち会えるのは何人? —neajess

私は母と夫が、処置室内に立ち会いました。左右に母と夫がいてくれたので安心できました。

立ち会いできる人数は病院によって異なると思うので、確認を!

個人的にはこれ以上は立ち会ってくれなくていいかな。4人も5人もいるとカオスになりそう…。

出産にどれだけ時間かかるかはわかりません。長丁場になる可能性もあるので、長時間一緒にいてイライラしそうなキャラは立ち会いをお断りしといた方がいいと思います。

誰が立ち会いするかに関して、罪悪感をもつ必要はなし!

産むのはあなたなので、あなたがいてほしい人だけにいてもらうべき!

これは実際の私の写真です。

Krista Torres / BuzzFeed

13. 病院に何持っていった? —neajess

まずは、赤ちゃんの服。息子の大きさがよくわからなかったので、サイズ違いを準備しました。

霧吹きスプレーは、出産中の暑さ対策のために。

バスローブ。

クッション。めっちゃ重宝しました。

産褥パッド。

赤ちゃんのオムツ、お尻拭き。

シャンプーやデオドラントなどの洗面用具。

持ち物は病院から指示があると思います。

赤ちゃんが必要なものは一通り病院にあるので、持ち物で重要なのは自分が必要なもの、持っていきたいもの。

私が買っておけばよかった・持ってくればよかったと後悔したのは、産後用の産褥ショーツです。

保冷剤をいれるポケット?みたいなのがついたショーツもあるようなので、それがあればよかったなと。

持ってきてなかった私は、病院のメッシュパンツを履いてました。

14. 縫った後はどんな下着をつけるの?

病院が産後パンツとして準備してくれたメッシュパンツです。

めちゃくちゃ伸びがよくて薄いパンツ。

あとは、大人の足くらいのサイズのパッドと、縫った跡を冷やす保冷剤も渡されました。歩くときはガニ股になります。

この上からズボン履くなんて無理だったので、ガウンを着ていました。

これがそのメッシュパンツです。

Krista Torres / BuzzFeed

うちの母が看護師なんですが、ウケ狙いのプレゼントで最近同じ物をくれたので、履いてみました。

15. 無痛分娩で体にあれこれ入れるのが不安。どんな感じだった? 痛い? —francescat414

正直に言いますけど、めちゃくちゃ不快感あります。痛いです。

麻酔自体は一瞬だし、前述の通り痛みを感じてる余裕はありませんでした。

無痛分娩の麻酔が怖いという声はよく聞きますが、実際は陣痛が痛過ぎてそれどころじゃないです。

カテーテルは使用しませんでしたが、想像するだけで痛そう。

私がつけた中で1番痛かったのは、手の甲の静脈点滴ですね。動くたびに、手の骨に針が当たるような感覚があって痛かった。

とにかくあれこれ処置があるので、出来る限り快適に過ごせるグッズを持っていっておくべき!

16. 麻酔なし希望なので、痛みを紛らわすベストな方法があれば教えて? —chessaf

Nataliia Nesterenko / Getty Images

麻酔なしスゴイですね!

実は、私も麻酔なしをちょっと考えていたんですが、いざ始まったらその考えも消し去ってしまいました…😂

私が麻酔を入れたのはスタートから6時間経過した頃で、麻酔なしでけっこうな時間を過ごしたのですが、1番助けになったのは呼吸法です。

基本の基本なんですが、私はこれに助けられました。

おでこの保冷剤も良かったです。あとは部屋の一点をみつめて、とにかく呼吸に集中するのみ。

17. 出産って怖い? —lizzifer

痛いとか、グロいとか、怖いとかって話を散々しといてなんですが、出産を怖がることはないです!

女性の体の作りは素晴らしく、出産を経験した後の万能感はすごいです。

なんせ、人を1人この世に生み出したわけですから。

人間が人間を産む。その達成感がすべてであり、1番誇りに思えることです。

さ、産むぞー!

Netflix

ーーー

誰にとっても他人事ではないけれど、どこか話しづらい「性」。BuzzFeed Japanは、10月29日(木)から11月4日(水)までの1週間を「性教育ウィーク」として、性にまつわる様々な記事を集中的に配信します。

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan