Reporting To You X

sexedjapan

sexedjapan

男性のみなさん、ちょっとこのクイズやってみて! #男の妊活クイズ

不妊の検査や治療をしたことのあるカップルは6組に1組以上(※)。妊活は女性だけのものではありません。男性のための妊活クイズ、あなたはいくつ正解できる?

「マスターベーションは女も男もする」世界の性教育はこんなに違う!?

日本、中国、フィンランドの性教育の教科書を比べました。

私のセックス、間違ってる?人に聞けないSEX前に知りたい悩みを解決します

「みんな付き合って、どれくらいでエッチしてるの?」「セックスのきっかけってどうすれば…?」と言った人に聞けない疑問から、コンドームの付け方やAVをどこまで参考にすべきか?など、SEXに関する悩みに答える記事をまとめました。

「嫌よ嫌よは嫌なんやで」 うさぎちゃんのLINEスタンプで相手に気持ち伝えよう

性暴力の相談にのってきた産婦人科医の宋美玄さんが、性の同意・不同意をやんわりと伝えるかわいいLINEスタンプを作りました。

セクハラを避けるため女子禁制の「ハラミ会」はアリ?ナシ? 作者に意図を聞いた。

飲み会での「うっかりセクハラ」に嫌気がさした男性たちの会(フィクションです)。

ある日、診察に来た5歳の女の子。体に残されていたのは性的暴行の傷跡だった。

「女性のからだを守る活動がしたい」と決意した医師はいま、妊娠不安を抱える人向けのLINEボットを開発している。

小学生のころからレイプされていた友達がいた。私にできることはなんだろう

セックスってなに? 話しづらい性のことを、大学生が正面から考えた。

ゴムの正しい付け方、教わったことはありますか?

11月29日(木)午後10時配信の「もくもくニュース」では、「聞きたくても聞けない『セーフセックス』」を考えます。

「きちんと管理していることで叩かれるなんて…」ルナルナの“中の人”が思うこと

「きちんと管理していることで叩かれるなんて、そんな悲しいことはないですよね 」

女子ならわかる「生理あるある」9選

11月22日(木)午後10時配信の「もくもくニュース」のテーマは「生理のこと、一緒に知ろう」。生理中のあるあるを、読者アンケートで聞きました!

「自分から言う」「添い寝」初セックスのきっかけをみんなに聞いてみた

BuzzFeedでアンケートをして集まった469件の回答から紹介します!

しみけん、紗倉まなが語る「撮影現場」の本当のところ

「(セックスとは)お互いの同意があって愛を深めること。相手が何を考えてるかを知り、この人と結ばれてよかったなと感じることだと思います」

生理のとき、男性に知ってほしい9つのこと

女性スタッフに聞きました。

元AV女優・麻美ゆまが語る 「AVはファンタジー。あくまで観賞用なんです」

11月15日午後10時から「ふたりが幸せなセックス」を考えるトーク番組を配信します!

「付き合ってどれぐらいでセックスするの?」 学校では教えてくれない性教育スタート!

性教育で知りたいことって何ですか?「初めてのsexは1ヶ月以内がおすすめ!」「3回目のデートまではエッチしないようにしましょう!」などネットには本当かどうかわからない情報がたくさん。学校では教えてくれない性教育をすずゆきさんの漫画と産婦人科医のきゅーさん先生こと遠藤周一郎先生が解説します。

開業してわかった 日本でピルが普及しない理由

効果があるのはわかっているのに、日本では広まらない様々な壁があります

大手IT企業の広報を辞めて、私がバイブについて語る理由

セックスは人生の一部。後ろめたいものでも、恥ずかしいことでもない

妊娠の仕組みと不妊の原因 不妊の場合はどんな検査をするのか?

不妊の原因は男女半々。検査や治療は二人で協力し合うことが大切です。

生理が重いからって、ひとりで悩まないで

ホントのところ一体どのくらいだと「重すぎる」の?

人気女優が「生理初日はつらい」と告白 ネットで共感の声が続出

「私にできることは、悪口を吸収してポジティブなエネルギーに変えていくだけ」

LGBTの人が性教育で学びたかった23のこと

社会がインクルーシブを目指すのであれば、性教育もまたインクルーシブであるべきだ。

「AVが性の教科書」の現状をどう変えるのか。望まぬ妊娠、中絶をした女性の願い

「決していやらしいことではなく、命につながる、大切な人とのパートナーシップに関する知識として、幼い頃から知ることが大切だと考えています」

生理が憂鬱になってしまう11の理由

なぜこんな試練に耐えなくてはいけないの…

私たちは、「ベッドの上のマナー」を知っているだろうか

2億円の資金調達をうけたばかりの「MakeLoveNotPorn」は業界に衝撃を与えた。CEOのシンディ・ギャロップが指摘する「矛盾」とは――。

あなたは「19世紀のセックス」をどれだけ知っているだろうか?

例題:ベッドに入る前、生殖器を冷水で洗わなければならない?

とっても大事な場所だから。知っておきたい19の女性の「アソコ」のケア方法

「やりすぎて痛い」「クリトリスが白い」「できものができた」女性器のにまつわる悩みはさまざま。垢の掃除の仕方など基本的なことも含めて、女性器についてあまり語られることはありません。痒みや痛みを防ぐケア方法を、2人の医師に教わりました!

パートナーとよりよい関係を築くために、知っておきたいこと

簡単そうだけど、実践するのはむずかしい

すべての人に知ってほしい、生殖能力と年齢の関係についての事実。

「35歳になったから避妊は不要?」「40代の妊娠する確率は?」「男性も年齢とともに生殖能力が低下?」年齢と女性の妊娠率や生殖能力の関係について、子どもがほしいと思っている人も、そうでない人も、覚えておくべき基本を紹介します。

セックスに関するちょっとビックリする12のお話

ある意味、性に真面目で自由な人々。

つい笑っちゃう。生理に関する13の誤解

これをマジで信じてたら、笑えない。

「生理中にやってはいけないこと」を定めた世界のおかしな迷信たち

「生理中はタコを食べてはいけない」???

アダルトサイトの見すぎでセックスができなくなる…悩む若者たち

「ポルノを見すぎたことで、彼らの性的な物語は、ほかの誰かのものになってしまいました。自分自身の幻想を作れなくなってしまったのです」

辛いけどなんか笑える。生理のときの悲惨なあるある

「生理中、ムラムラする」「おならや便意がやばい」「ドロっと経血やお風呂が気になる」など多くの女性にとってしんどい思いをすることも多い、生理。2日目や1日目の大量の血問題や、漏れや腹痛、タンポンやナプキンの匂いなど、失敗や辛い体験など生理のあるあるを集めました。

「赤ちゃんは諦めろ」って言えますか? 精子を他人に提供する、ドナーの声

子供を授かる選択肢は個人精子提供しかなかった…

なぜ学校では、ゴムのつけ方を教えないのか 文科省に聞いてみた

知りたい性の知識は、いつもネットで調べていた。

正しいマスターベーションとは?間違ったオナニーに泌尿器科医が警鐘

「正しい射精のためのやり方がわからない」「毎日してるけど健康に害はない?」「床オナしてると病気になる?」間違ったマスターベイション(オナニー)を続ける治療が難しい病気になってしまうそうです。正しい自慰はどのような方法や頻度なのでしょうか?泌尿器科医の先生に教えてもらいました。

"マスターベーションで死ぬ"は本当なのか  医師は語る「可能性はゼロではない。でも…」

「テクノブレイク」は、長時間のオナニー(マスターベーション)によって、性ホルモンの過剰分泌を引き起こす症状。自慰行為によって死ぬことは本当にあるのか?何が真実で、何が嘘なのか。医師に聞いた。

平成生まれはびっくり? 1950年の保健の教科書に載っていた“性”の話

「自分の生まれたときのようすを、父や母にうかがってみよう」

back to top