Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

コロナが日本人の休みの取り方を見直すきっかけに? 新型コロナ分科会、尾身茂会長が問題提起

尾身茂会長は新型コロナウイルスの感染拡大で「新しい生活様式」に移行することが求められている現在の状況を1つの契機として、これまでとは違う「新しい会食のあり方」を考える必要性を強調。そのため、提言の1つ目の柱には「新しい会食のあり方を考える機会」というメッセージが盛り込まれている。

ちょっと、やたら美味いじゃない…。カルディの「サバ缶」レモンバジルでむっちゃ爽やか!

カルディに売っていた「サヴァ缶 国産サバのレモンバジル味」がひと味違います…!レモンバジルの香りが効いたサバ身がめっちゃ美味しい!そのまま食べても、マヨネーズ付けても、自分史上最高に美味しいサバ缶です!kaldi-sabakann

「低気圧の時は頭痛がひどい」「寒い季節は関節が痛む」 天気の変化に伴う「気象病」はどこまで解明されているのか?

低気圧になると頭痛が悪化する、寒い季節には関節が痛むーー。天気の変化にともなう不調は「気象病」とも「天気痛」とも呼ばれていますが、どこまで解明されているのでしょう。研究者や医療者に対処法も聞きました。

カルディでまたエース級の“激ウマおやつ”を見つけた…!これ、一度食べたらハマるやつ!

KALDI(カルディ)のオリジナル商品「コーヒースティックパイ」。生地にオリジナルのインスタントコーヒーが使われた、スティックタイプのパイお菓子です。程よい甘さとコーヒーの苦味、そしてパイの香ばしさが合わさって美味しい〜!

新型コロナ外出自粛の呼びかけ 刺さるのは、専門家でも知事でもなく「現場の医師」のメッセージ

新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で盛んに呼びかけられた「外出自粛」のメッセージ。人の心を動かしたのは、知事でも専門家でもなく、コロナ病棟で必死に患者を救っている医師たちの言葉であることがわかりました。

GUさん、センス上がりすぎでは?「1990円ボトムス」がプチプラには見えないオシャレさなんです!

GUで見つけた「カットソーカラースラックス」。この秋使える優秀ボトムスでした!上品見えするポイントは、トレンドのくすみカラーとセンタープレス。トップスをインしてもそのまま出して着てもオシャレに決まりますよ〜!

タトゥーへの偏見を打破する第一歩 「無罪確定」経済学者はこう見た

医師免許なく客にタトゥーを入れたとして、大阪の彫り師・増田太輝さんが医師法違反の罪に問われた裁判。最高裁は検察側の上告を棄却し、増田さんの逆転無罪判決が確定することになった。裁判を支えた小倉利丸名誉教授、宇都木伸名誉教授、小山剛教授の談話を紹介する。

たとえ、うさんくさく見られても…憲法学者がタトゥー裁判に感銘を受けたワケ

医師免許なく客にタトゥーを入れたとして、大阪の彫り師・増田太輝さんが医師法違反の罪に問われた裁判。最高裁は検察側の上告を棄却し、増田さんの逆転無罪判決が確定することになった。裁判を支えた曽我部真裕教授、高山佳奈子教授の談話を紹介する。

タトゥー裁判で無罪確定へ 法学者が彫り師に「深くお詫び」した理由

医師免許なく客にタトゥーを入れたとして、大阪の彫り師・増田太輝さんが医師法違反の罪に問われた裁判。最高裁は検察側の上告を棄却し、増田さんの逆転無罪判決が確定することになった。裁判を支えた辰井聡子特任教授、小野友道名誉教授、山本芳美教授の談話を紹介する。

「夜の街という言葉を試しに1度翻訳してごらん?」 ロバート キャンベルさんが語るコロナ禍で生まれた言葉たち

「3密」や「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」、「夜の街」といった言葉は連日報じられ、日常生活の片隅に入り込む。感染症が流行する中で、こうした言葉が次から次へ生まれることの意味、そして歴史や文学が教えてくれることとは。

「韓国が小池知事に謝罪と賠償を要求」は誤り。関東大震災の朝鮮人虐殺めぐり、まとめサイトが拡散

韓国側の大学教授らが求めている内容は、都内で毎年9月1日に開かれている虐殺の追悼式典に「小池知事に追悼文を送ってもらうこと」であり、謝罪と賠償ではない。追悼文をめぐっては、小池知事が就任翌年の2017年から、歴代の知事が送ってきた送付を止めたという経緯もあることに留意が必要だ。

関東大震災の朝鮮人虐殺、追悼の場で起きたこと。歴史修正、そしてヘイトをめぐって

追悼式典は、都立横網町公園に立つ朝鮮人犠牲者追悼碑前で1974年から毎年、震災のあった9月1日に開かれている。式をめぐっては、2017年から保守系団体「そよ風」などが真横で同時刻に「真実の関東震災追悼祭」を開催。朝鮮人虐殺を否定するような主張をしており、昨年の集会における参加者の発言は東京都に「ヘイトスピーチ」と認定されていた。

セブンは本当にすごいわ…。絶賛されてる「かぼちゃプリン」シンプルなのにとてつもない美味しさ

セブンイレブンの新作「とろ生かぼちゃプリン」。かぼちゃの「ほっくり感」が感じられて、とっても美味でした!ムダな甘さがなく、かぼちゃの良さをしっかり生かした味がします。SNSでも大絶賛されていましたよ〜!

コメダさん、期待を超えてくるじゃん…。季節限定の“コーヒーシロノワール”がほろ苦くて美味しい〜!

コメダ珈琲店の季節限定シロノワール「大人ノワール」が期待以上の美味しさでした。シロノワールにエスプレッソ風味のコーヒーシロップがかかっているので、少しほろ苦い!甘さ控えめだから食べやすいですよ〜!

ディズニーめぐる通説がくつがえる。舞浜の由来は「マイアミ」ではないと公式見解

ディズニーワールドのあるアメリカ・フロリダ州で有名な「マイアミビーチ」にちなんだものとされてきた「舞浜」の由来。浦安市は昨年、近代神楽である「浦安の舞」が由来であると新たに記した。市史の検証作業のなかで、過去の記載が発見されたという。

茂木外相、外国出身の記者に「日本語分かっていただけますか?」会見のやりとりに「差別的」などとの批判広がる

問題となったやりとりがあったのは8月28日。質問をしたのは英字紙・ジャパンタイムズに所属する女性記者だ。日本政府が新型コロナウイルス感染拡大を受け、在留資格を持つ外国人に対する入国規制を実施していたことに対するものだった。

「『産後うつ』は『甘え』です」は危険な嘘 産婦人科医「心に余裕をもって育てられるようサポートを」

「『産後うつ』は『甘え』です」と国政選挙に立候補したことのある人物がツイートし、批判を浴びています。産後に心身が弱っている母親を追い詰めるのは、百害あって一利なし。産婦人科医の宋美玄さんに取材しました。

命を守るHPVワクチンを知ってほしい 産婦人科医、小児科医、公衆衛生の専門家らがプロジェクト「みんパピ!」を始動

世界で日本でだけ接種率が1%未満と極端に低いHPVワクチン。最新の正確な情報を伝えて、命を守る手段を知ってもらおうと、産婦人科医や小児科医たちが啓発プロジェクト「みんパピ!」を立ち上げました。

「菅氏と安倍首相は共犯関係」公文書管理めぐる”壊れたブレーキ” 新政権はどう対峙するのか

森友、加計学園問題や自衛隊PKO日報、桜を見る会……。改ざんや破棄、そして隠蔽など、安倍政権では、公文書管理をめぐる様々な問題が取り沙汰された。専門家が危惧する菅義偉新政権の課題とは。NPO法人「情報公開クリアリングハウス」理事長の三木由希子さんに聞いた。

back to top