顔を黒く塗るのは「ネタ」で済む? ブラックフェイスが韓国で物議に

文化の盗用という根深い問題も。

1. 韓国SBSが4月19日に放映した番組「お笑いレジェンドマッチ(웃찾사 레전드 매치)」が世界中で物議を醸している。

顔を黒塗りにしたキャラを登場させたからだ。このキャラがお笑いタレントに必要な才能があることを家族に説得するというあらすじ。

2. ライオンキングの「サークル・オブ・ライフ」を踊って、ネタは終わる。

SBS Entertainment

3. 全く面白いと思わない人たちの声がツイッターに溢れた。

4. 「なんなんだSBS、視聴者もなんでこれを面白がるのか!?!?! 吐き気がする!!!! ファック・ユー!! ブラックフェイスは面白くない。歴史的にも!!!!」

5. 「ブラックフェイス」とは、顔を黒く塗って、黒人の役を演じること。人種差別や搾取を肯定し、偏見を助長するとして、物議を醸している。

YouTubeにアップロードされた動画には、こんな批判コメントが。(現在、動画は削除)

「いつになったら、ブラックフェイスが問題だと理解するのですか? 人種差別です。人を傷つけるものです」

「2017年にもなって、これを放映してもOKだと思うわけね。今年見た中で、ダントツ一番むかつく」

6. 「この不愉快であからさまに人種差別的なネタを削除し、感情を害された人たちに対して謝罪しなさい。放置するわけにいかない」

take down this disturbing and blatantly racist skit @SBSNOW and issue an apology to the communities you offended. t… https://t.co/97uSV4BBJA

— ㅤ (@jonghyun)

「みなさんは大人ですから、これがどれだけ最低で、感情を害するもので、非常に人種差別的かわかるでしょう。この行動は容認できない」というツイートも。

7. ブラックフェイスだけではない。衣装にも批判が集まった。

SBS Entertainment

8. 「SBS、なんなんだこれは?! ブラックフェイス、白菜の葉のスカート、色を塗った大きな唇。憤慨する人がいるってことが、どうして頭をよぎらなかったのか?」

SBS what the actual fuck?! black face,cabbage leaf skirt,painted big lips,how does it not click in your heads that… https://t.co/1a9vBW9ZuV

— V (@itsVarunG)

9. 「SBSはサイテーの寄せ集め。黒人、ネイティブアメリカン、ポリネシアンをいっぺんに笑い者にするとは」

SBS is a fucking mess, how are they gonna mock black people, native americans and polynesians all at once

— Ram (@primesuga)

BuzzFeed NewsはSBSに対して、コメントを求めている。

10. ブラックフェイスは「文化の盗用」(cultural appropriation)だとしても批判される。

文化の盗用は、自らが属するわけではない文化を、衣装や髪型、化粧などで擬似的に表現すること。植民地支配の歴史や人種差別といった支配関係が批判の背景にある。つまり、支配者が被支配者の文化を、オリジナル文脈から取り出して、都合のいいように歪めて表現する。支配者は、被支配者の差別や苦痛を無視して、「エキゾチック」などとして都合よく崇拝(fetishize)する。

11. 例えば、ディズニーは昨年、映画「モアナと伝説の海」に登場するキャラクター・マウイの衣装を売り出した。タトゥーの入った褐色の肌を衣装にしたところ、「ディズニーによるブラックフェイスのニューバージョンだ」「文化の盗用だ」と非難を浴びた。

Disney makes racist 'brown skin' Moana Halloweeen costume https://t.co/lvMhZEhXZO

— Disney Trends (@Disneylizer)

親愛なるディズニー、私たちの褐色の肌は衣装じゃない。このクソを取り下げろ。心を込めて、怒れる褐色の肌の太平洋諸島の住民より

私たちは衣装じゃない

コスプレは人種に関係なくできるべき。だけど、褐色の肌の衣装を着るって? ノー

モアナの衣装の問題がわからないなら、あなたたちも問題の一部です

ニュージーランドのメディアに対し、マオリ族の人権活動家カライティアナ・タイウル氏はこれは「差別と搾取」であり、「死んだ人から服を剥ぎ取り、それを着るような、宝石を奪って身に着けるようなものだ」と指摘。「マオリ族のタトゥーは神聖で、アイデンティティの形であり、家族の起源、功績や歴史を象徴するもの。衣装として着るというのは、よくない」などと述べた。

ディズニーは「マウイの衣装が人々の感情を害してしまったことを遺憾に思います」と謝罪し、販売を中止している。

12. 日本のケースもある。アメリカ版VOGUE3月号の写真特集「神隠し」で、白人モデルのカーリー・クロスが芸者風のスタイリングで登場した。激しい非難を浴び、カーリー・クロスは謝罪した。

Karlie for Vogue US - March 2017

— bestkkpics (@bestkkpics)

これらの写真は、私の自身のものではない文化を盗用するものです。文化的な配慮のない撮影に参加したことを心よりお詫びします。私の目的は、女性たちをエンパワーし、インスパイアーすることです。今後もそうです。今後の撮影やプロジェクトは、この使命をきちんと反映するようにします」とツイート。

13. 「ブラックフェイス」は世界中で物議を醸している。オランダのサンタクロースには、顔を黒く塗った「ズワルト(黒い)ピート」がお供する。この伝統について「人種差別を助長する」と廃止を求める側と、「文化を壊すな」と擁護する側に分かれ、大きな議論となっている。

Dean Mouhtaropoulos / Getty Images

2015年2月14日、オランダ

14. 日本でも同様の例はあるが、大きな批判にはさらされていない。

この記事は英語から編集しました。

Check out more articles on BuzzFeed.com!

 
  リアクション
 
話題の記事