back to top

気づいた?? 大ヒット映画に潜んでいた、26個の残念なミス

公開前になぜ気づかない??

映画の中に見つけた凡ミスについて、BuzzFeed読者のみなさんに聞きました。完成前のチェックが雑すぎた作品が、こちらになります↓

1. 『キューティ・ブロンド』で、エルの前にいる女性が水を飲むんだけど、この給水機、実は水が出てない。飲むフリをして、ほんとは空気を吸っているだけ。男の子のときは、ちゃんと水が出てたのに。

広告

6. 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』の最後で、なぜかカウボーイハットを被った男性が映ってる。

広告

8. 『スパイダーマン』で、トビー・マグワイア演じるスパイダーマンがメリー・ジェーンを助けるシーン。彼女が抱きついてるのはどう見てもマネキンだし、メリー・ジェーンの髪もスイングと全然違う方向に揺れてる。

9. 『ミーン・ガールズ』で、ケイディがジャニス&ダミアンを驚かせて、ポップコーンが散乱するのに、次のカットでなぜか飛び散ったポップコーンがボウルに戻ってる。

広告

13. 『素晴らしき哉、人生!』で、天使クラレンスがジョージに弟は9歳で死んだと告げる場面。でも、暮石だと8歳で死んだことになってる。

14. 『夢のチョコレート工場』で、お菓子屋のビルが持ち上げたカウンターが、女の子の顔を直撃。

広告
広告

22. 『ブレイブハート』で、13世紀末の戦闘シーンなのに、白いトラックが見切れてる。

23. 『ピッチ・パーフェクト』で、最終選考のときに髪をほどいたオーブリーだけど、歌が終わるまでの間、髪型がコロコロ変わる。

広告

26. そして、きっと誰もが吹いた『アメリカン・スナイパー』。ブラッドリー・クーパーが、指で赤ちゃんの手を動かす技を繰り出すも、完全に人形とわかるww

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:本間綾香 / 編集:BuzzFeed Japan