週末にマーベル映画を一気見した俺の仮説を聞いてくれ 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ソウル・ストーンが見つかるのは...

    『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にその答えが…!?(ネタバレ注意)

    以下、これまでのマーベル・シネマティック・ユニバース(『ブラックパンサー』を含む)のネタバレがたくさん出てくるので要注意!

    10年前にスタートしたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成となる作品、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がいよいよ4月27日から日米同時公開される。

    Marvel

    どのキャラクターが死ぬか(ロキでしょ…!?)ということの他に、『インフィニティ・ウォー』では、マッド・タイタンこと強敵サノスが、いかにしてインフィニティ・ストーンを手に入れるのかという大きな謎が明かされる今作。

    Marvel

    これまで、マーベル映画を見たり見なかったりという人でも、サノスが魔法の籠手、インフィニティ・ガントレットに必要な6つのインフィニティ・ストーンを集めようとしてきたことは、知っているはず。

    Marvel

    サノスがインフィニティ・ガントレットを装着するシーンは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のエンドクレジット後に初めて登場した。

    Marvel

    今のところMCUには18作品あり、そのなかでインフィニティ・ストーンは5つ出てきたけれど、6つめのソウル・ストーンはまだ発見されていない。では一体、ソウル・ストーンはどこにあるの?

    If you’re puzzled about the Infinity Stones, this might help! Movies they’re featured in, their containment devices, and who has them now. https://t.co/gLquJlbzIT

    その答えはずばり、ワカンダ。どうしてか、これから順を追って説明するけれど、その前によく知られているもう1つの仮説について、その可能性はないということを一緒に検証していこう。

    MARVEL

    言うまでもなく、マーベル映画ファンにとって、ストーンのがどこにあるのかは最大の関心事の1つで、いちばん有名なのは“T.H.A.N.O.S.”説。つまり、サノスの名前の頭文字が、6つのインフィニティ・ストーンの場所を示しているというものだ。

    Marvel / Via Twitter: @shuricarter

    この“T.H.A.N.O.S.”説だと、未だ見つかっていないソウル・ストーンは、Hがつく『マイティ・ソー』シリーズのヘイムダルが持っているということになり、なるほど、信憑性がある話に聞こえる。

    MARVEL

    アスガーディアンたちは、何万年にもわたってインフィニティ・ストーンを守ろうとしてきた。ヘイムダルは目がオレンジ色に光るし、ソウル・ストーンもオレンジ色だ。

    それに、目が光るなんて、いかにもインフィニティ・ストーンを持っている証に見える。

    『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のなかで、ヘイムダルは自分の能力について、9つの世界にある全ての魂を読み取ることが出来ると説明していた。

    『エイジ・オブ・ウルトロン』ではソーのヴィジョンの場面で(『インフィニティ・ウォー』の予告編だけでなく)、ヘイムダルが盲目になっていた。

    MARVEL

    このことから、サノスがヘイムダルからソウル・ストーンを略奪して、ヘイムダルが視覚を失うのだろうと、ファンは予想している。

    でも、この他に、ヘイムダルの能力とソウル・ストーンとの関連はない。

    MARVEL

    原作コミックでは、ソウル・ストーンの特性についてこう描かれている。

    • 知覚能力のある石。

    • 人の魂を攻撃できる。

    • 人の魂に隠された真実を、暴露できる。

    • 人の魂を乗っ取り、理想空間に隔離することが可能。

    • ソウル・ストーンを行使する者は、隔離した魂の中に眠る記憶やスキルにアクセスすることができる。

    • 能力を得る前の状態に戻すこともできる。

    (注意:コミックでは、インフィニティ・ストーンはインフィニティ・ジェムと呼ばれていて、色も映画とは異なる。)

    それに、ヘイムダル(または他の誰か)がインフィニティ・ストーンを隠し持っていたとする案は、これまでマーベル映画がインフィニティ・ストーンを描いてきた例と、どうも合致しない。6つのうち最初に登場した、スペース・ストーン(テッセラクト、T)の場合を見てみよう。

    MARVEL

    スペース・ストーン、別名テッセラクトについて初めて描かれたのは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』だった。悪の組織ヒドラのエージェント=レッドスカルが、ノルウェーでスペース・ストーンを奪取し、この石が納められた4次元キューブの圧倒的パワーに魅せられる。しかし、キャプテン・アメリカとのバトルの末、レッドスカルは次元の彼方に吹き飛ばされ、4次元キューブは海の底に沈んだ。

    その後、これを発見したハワード・スタークが「たいして危険なものではなさそうだ」なんて、たぶんマーベル史上最も頭の悪いセリフをつぶやいて、S.H.I.E.L.D.で利用しようとするが、ロキに盗まれてしまう。『アベンジャーズ』では、ロキがスペース・ストーンを使って、地球のニューヨーク上空と異次元をつなぐワームホールを開き、多くの人々が犠牲に。でも、アベンジャーズの勝利により、スペース・ストーンは最後にアスガルドにあるオーディンの金庫に保管された。

    ところが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』でアスガルドが崩壊する前に、ロキが再びスペース・ストーンを盗んで、アスガーディアンの難民船にテレポートしている。

    次に登場したのが、マインド・ストーン(セプター、S)だ。

    MARVEL

    マインド・ストーンは、ロキがアスガルドを追放された後に、サノスから受け取った杖=セプターに埋め込まれていた。ニューヨークでの戦いの後、セプターはS.H.I.E.L.D.が保管。しかし、ソコヴィアのヒドラの手に渡り、『エイジ・オブ・ウルトロン』で描かれたように、ワンダ&ピエトロ・マキシモフ姉弟に特殊能力を与えるために使われた。

    その後、セプターは破壊され、マインド・ストーンは今のところ、ヴィジョンの額に埋め込まれている。

    続いて登場したのが、そもそもストーンと呼べるのか微妙なエーテル(A)。

    MARVEL

    エーテル、別名リアリティ・ストーンは、赤い液状のもの。『エイジ・オブ・ウルトロン』でソーが泉に入るまで、エーテルはストーンとして描かれたことはなかった。

    『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で、マレキス率いる軍団ダークエルフとアスガルドの戦いの最中、ジェーン・フォスターがロンドンでエーテルを発見。ジェーンは封印されていたエーテルを解放してしまい、ロンドン南部が壊滅状態に。ソーはTUBEに乗って、マキレスを倒しに行き、アスガルドがエーテルを手に入れた後、コレクターに預けた。

    それから、インフィニティ・ストーンで最も有名なパワー・ストーン(オーブ、O)。

    MARVEL

    オーブが初めて描かれたのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で、冒頭にスター・ロードが盗み出した。その後、サノスの手下だったロナンに渡り、オーブからパワー・ストーンを取り出すと、ロナンは自らのハンマーに埋め込んで、ザンダー星を破壊しようとした。これをスター・ロードとガーディアンたちが阻止。パワー・ストーンをオーブに戻して、ザンダー星のノバ軍に預ける。

    最後は、タイム・ストーン(ネックレス、N)。

    MARVEL

    タイム・ストーンは、『ドクター・ストレンジ』で初登場。ドクター・ストレンジによって、アガモットの目というネックレスに埋め込まれた。ドルマムゥとの対決後、ドクター・ストレンジはこの石の能力を完全にコントロールできないと悟り、魔術師養成施設カマー・タージにアガモットの目を返却。

    ところが! 『マイティ・ソー バトルロイヤル』でニューヨークにいるドクター・ストレンジがソーと対面した際、またネックレスを着けていたので、もしかしたら石の使い方を完璧に習得したのかもしれない。

    インフィニティ・ストーンはたいていどれも、最初は何かに収納されている。そして、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』に出てきた駐車場のように、その保管場所・環境に影響を及ぼす。

    MARVEL

    『アベンジャーズ』の空母ヘリキャリアでは、ロキの杖=セプターがアベンジャーズの思考を洗脳しようとしていた。

    MARVEL

    ここで、インフィニティ・ストーンが今ある場所を整理しておくと、アスガーディアンのところに1つ、ヴィジョンの額に1つ、コレクターのところに1つ、ザンダー星に1つ、ニューヨークに1つ。

    MARVEL

    『インフィニティ・ウォー』の予告編では、サノスはパワー・ストーンとスペース・ストーンのみ装着している。つまり、ザンダー星とアスガーディアンたちは、サノスに襲撃されたということだろう。ご愁傷様です…。

    MARVEL

    ってことは、もうロキって絶対、死ぬよね!?

    それから、サノスの部下ブラック・オーダーが、ヴィジョンからマインド・ストーンを略奪しているようにも見える。

    MARVEL

    このシーンが、ヘイムダルがソウル・ストーンを持っている説を否定することになる。だって、同じ映画のなかでインフィニティ・ストーンを2つも人から奪うなんて、あまりに工夫がないでしょ?

    それに、『インフィニティ・ウォー』の予告編では、サノスがワカンダに行くことがわかる。

    MARVEL

    キャプテン・アメリカと戦うサノスの籠手には、さっきと同じ2つの石がはめ込まれている。サノスは理由があって、ワカンダに行くと考えていいはず。つまり、インフィニティ・ストーンを手に入れるために。

    MARVEL

    あと、MCUの作品は全て、S.H.I.E.L.D.とアベンジャーズに関係しているか、またはインフィニティ・ストーンが出てくる。

    MARVEL

    S.H.I.E.L.D.のエージェントや、ほかのアベンジャーズのメンバーが登場しない、独立したストーリーが描かれたのは、MCUのなかで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『ドクター・ストレンジ』の2作品だけ。(『ドクター・ストレンジ』は、エンドクレジット後にほんの少しだけソーがカメオ出演しているけれど)

    しかし、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も『ドクター・ストレンジ』も、インフィニティ・ストーンの背景には大きく関わっている。

    さて、ここまで納得してくれたかな? みんな、ついてきてる? 今まで説明したのは全て、ワカンダ説のための前振りだからな!

    MARVEL

    ワカンダが舞台の『ブラックパンサー』には、これまでのMCUに登場したキャラクターが何人かいる。例えば、マーティン・フリーマンが演じるCIAエージェントのエヴェレット・ロス、アンディ・サーキスが演じるユリシーズ・クロウ。それから、ティ・チャラは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でも重要な役どころだった。ただ、これはMCUのフェーズ2、3のパターンを踏襲しているのかもしれない。

    S.H.I.E.L.D.のエージェントも、ほかのアベンジャーズのメンバーも登場しない。そんなときは、たいていインフィニティ・ストーンが登場する。

    現時点で、原作コミックに説明されていたソウル・ストーンにいちばん近いのは、MCUのなかで1つだけ。そう、ヴィブラニウム。

    MARVEL

    ソウル・ストーンが収納されているヴィブラニウムが、ワカンダに衝突したと考えて間違いないと思うんだ。

    MARVEL

    「でも待って、色はどうなの?」と思う人もいるだろう。ワカンダのヴィブラニウムはいつも、青みがかった紫色で描かれてきた。

    MARVEL

    ヴィブラニウムが、メタリックなシルバーになることはキャプテン・アメリカの盾を見ればわかる。それに、インフィニティ・ストーンの入った容器の色は、ストーンの色とは別のこともある。ロキの杖=セプターは青だったけれど、割って開くとマインド・ストーンは黄色だった。

    ヴィブラニウムの隕石に、ソウル・ストーンが入っていたとしたら、ワカンダで突然繁殖したハート型ハーブの説明もつく。

    MARVEL

    このハート型ハーブは、原作コミックで描かれるソウル・ストーンの特性に多く当てはまる。

    • 人の魂を乗っ取り、理想空間に隔離することが可能→ティ・チャラが、ハーブを摂取する儀式で、『ライオン・キング』の世界へとトリップする。

    • ソウル・ストーンを行使する者は、隔離した魂の中に眠る記憶やスキルにアクセスすることができる→ティ・チャラが亡くなった父と会話する。

    • 能力を得る前の状態に戻すこともできる→ティ・チャラの能力が消える。

    ハーブでトリップしたシーンでは、ティ・チャラは全ての能力を消され、亡くなった父にまつわる記憶にアクセスしていた。

    MARVEL

    また、このシーンでティ・チャラはワカンダを守護する豹の女神バストに出合う。

    MARVEL / Via io9.gizmodo.com

    MCUの主要テーマの1つは、古代から伝わる宗教の数々が、異種族をもとにしていることだ。バストが動物ではなく、人間の姿をした女神だったら、つじつまが合わない。

    MARVEL

    MCUには、ワカンダの王女シュリとアメリカ人のハワード・スタークという2人の科学者のように、興味深い類似点もある。

    MARVEL

    ワカンダは、何世紀にもわたって世界との国交を絶ち、ヴィブラニウムによる最先端テクノロジーを開発してきた。一方で、ハワード・スタークはS.H.I.E.L.D.とテッセラクトによる武器開発を試みたが失敗している。

    もしもワカンダがソウル・ストーンに関与していないとしたら、なぜブラックパンサーがサノスと戦う必要があるのか。思い出してみて。『アベンジャーズ』でサノスの配下チタウリがマンハッタンを破壊したときも、ワカンダは何もせず傍観していたんだから。

    とにかく、サノスはソウル・ストーンを手に入れるためにワカンダに行く。これが僕の見解だ。

    (それから、ロキは『インフィニティ・ウォー』で完全に死ぬんじゃないかな)

    MARVEL

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:本間綾香 / 編集:BuzzFeed Japan