• lgbtjapan badge

ブリーフ×ハイヒール。有名歌手の「ノンバイナリー」モチーフタトゥーがステキ

自身の性別を男性や女性に定義しない「ノンバイナリー」だと公表している歌手のサム・スミスが、腕に新しいタトゥーを入れました。

イギリス出身の歌手サム・スミスは、自身の性別を男性とも女性とも定義しない「ノンバイナリー」であると公表しています。

Karwai Tang / WireImage / Getty images

2019年3月、俳優のジャミーラ・ジャミルとの対談で「自分は男でも女でもない。その間を漂っているような感じ。スペクトルみたいなもの」と語りました。

自身を指す代名詞についても、性別を男女のいずれかに特定する「He(彼)」や「She(彼女)」ではなく、「They」や「Them」を使うと発表しています。

Today is a good day so here goes. I’ve decided I am changing my pronouns to THEY/THEM ❤ after a lifetime of being at war with my gender I’ve decided to embrace myself for who I am, inside and out...

Sam Smith / Twitter: @samsmith

「今日はとてもいい日なので、言っちゃいます。私は自分の代名詞を『THEY/THEM』に変えることを決断しました」

「これまでずっと自分のジェンダーについて悩み、苦しんできましたが、内面も外見もありのままの自分を受け入れることに決めました」

そんなサム・スミスが、右腕に新しいタトゥーを入れました。

Toni Anne Barson / FilmMagic / Getty Images

施したのは、ロンドンにを構えるタトゥー・アーティスト、マイルズ・ラングフォード。インスタグラムに、サム・スミスとのツーショットと新たなタトゥーの写真を投稿しました。

ブリーフパンツとハイヒールを身につけた若者が、鏡と向かい合っています。男性・女性を彷彿とさせるアイテムが混在しており、「ノンバイナリー」さを表現するようなデザインです。

Miles Langford / Instagram: @mileslangford

詳細は明らかになっていませんが、成長過程で「心と体が戦争状態だった」と明かしているサム・スミスの若かりし頃なのかもしれません。

ステキなタトゥーですね!💓

ITV

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子