• mokumoku badge
  • lgbtjapan badge

「自分は男性でも女性でもない」あるスターの告白

「自分にとって『ノンバイナリー』や『ジェンダークイア』は、特定のジェンダーに属さないということ。僕たちは色んなものが混ざり合ってできていて、一人ひとりが特別な存在だということです」

イギリスのシンガーソングライターのサム・スミスさんが、3月15日ごろに公開された動画で、自分の性別を男性とも女性とも定義しない「ノンバイナリー」だと告白した。

「一人ひとりが特別な存在」

モデル・タレントのジャミーラ・ジャミルさんとの対談で、スミスさんは「ずっと自分の体や心をめぐって葛藤してきた」と言い、こう続けた。

「時々、頭の中で女性のような考え方をしていることもあるし、『性別を変えたい?』と考えることもありました。いまだに考えることがあります」

「そんな中、ノンバイナリーの人たちの言葉を読んだり聞いたりした時に『待って、これ僕のことじゃん』と思ったんです」

ノンバイナリーやXジェンダー、ジェンダークィアなどと呼ばれる、男女の枠組みを超えた性自認を、「第三の性」として法的に認める動きは世界中に広がっている。

ロイター通信によると、アメリカでは、ニューヨーク市やカリフォルニア州などが出生証明書の性別に「X」を選択することを認めている。

カナダ、インド、パキスタンなどの国々でも、公的書類に「その他」の性別表記を認める動きが進んでいる

スミスさんは対談で、彼にとってノンバイナリーやジェンダークイアとは、「特定のジェンダーに属さないこと。色んなものが混ざり合ってできていて、僕たち一人ひとりがそれぞれ特別な存在だということ」と語った。

「自分は男性でも女性でもない。多分その間のどこかでふわふわしている。何か一つのものを選ぶようなことではないと思うんです」

ボディイメージをめぐる悩みも

動画では、スミスさんが子どもの頃からずっと体型のことで悩み、苦しんできた経験も赤裸々に語っている。

スミスさんは対談を受けて、パパラッチによって撮影された水着姿の写真をInstagramに投稿。自分の体型が世界中に晒され、からかいの対象となったきっかけの写真だ。

「私は恥じない」と書かれた写真のキャプションで、スミスさんはこう綴った。

「自分の体型やボディイメージについて、こんなに安心できる空間で、オープンに話すことができて、本当に自由になった気持ちです」

「自分と同じように悩んでいる人が、この対談で、少しでも寂しくなくなったり、居場所を感じたりできたら嬉しいです」


体型、髪質、顔の造形ーー。多くの人が抱える「見た目コンプレックス」。

3月21日(木)23時〜配信のもくもくニュースでは、「春、どんな自分で生きていく?」をテーマに、見た目に関する悩みとの向き合い方についてゲストと一緒に考えます。

🤔「自分って○○なのがイヤだなぁ……」 あなたはコンプレックスはありますか?みんなは、どうやって自分のコンプレックスを乗り越えているのでしょうか。 📺💭 もくもくニュース「春、どんな自分で生きていく? #コンプレックスと生きる魔法教える」 3月21日 23時配信👇 https://t.co/Hh1PzUmd6W

Contact Saori Ibuki at saori.ibuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here