実際にやってバレなかったテストのカンニング方法を教えます

    カンニングはダメよ。ダメ。何がダメって自分のためにならないからよ。

    テストでカンニングは絶対ダメ。

    それを踏まえた上で聞いてみました。カンニングしたことある? バレなかったカンニング方法ってどんなの?

    1. 足首に答え。

    空間図形のテストで、答えを足首に書いた。書いた部分は靴下で隠して、テスト中は足を組んで、足首を掻くふりして答えをチラ見。まったくバレなかった!

    —wreckommender

    Disney Channel / Via ugc.reveliststatic.com

    2. ヘッドフォンOKのテスト。

    公民の授業が、なぜかテスト中に音楽聴くのOKだった。となれば、そりゃ答えやメモを録音するよね。テスト中は、音楽の代わりに録音したカンニングメモきいてました。 そのせいか、このテストに落ちた人みたことない!

    —chloect

    3. 消しゴム貸して?

    友達と2人で組んでカンニング。答えがわからない時は、消しゴムを使って友達に聞いてた。

    例えば3問目がわからない場合、消しゴムに「3?」と書く。友達に合図を送ると、友達が「消しゴムかして?」と私の消しゴムを借りる。

    3問目の答えを消しゴムに書いて「ありがとう」と私に返すという仕組み。

    頭いい友達がいたから助かった!

    —belenl2

    MTV / Via data.whicdn.com

    4. 見えないインク。

    地理と科学のテストは持ち込みOKだった。

    ただ、教科書やノートは先生による事前チェックがあったので、ヤバそうなやつは見えないインクペンで書いてた。

    このペンは、ペンに付属の光をあてた時だけ文字が浮かび上がるというやつ。

    —lesleyann

    5. 先生を痴漢よばわり。

    高校生のとき、化学のテストで元素記号の周期表が不安だった。

    そこでテストの日、小さな紙に表を書いて太ももに貼り付けた。

    ショートパンツで隠してたけど、ごそごそやってる私を怪しんだ先生が覗き込もうとしたとき「先生エッチ! ちかん! 股をのぞかないで!」と叫んで注目あびて先生を遠ざけた。

    返ってきたテストは95点。先生、ごめんね。

    —reissm2

    Universal Pictures / Via media.giphy.com

    6. 剥がれたマニキュア風。

    紫のペンで公式をツメに書いた。遠目には剥がれかけたマニキュアに見えたっぽくて誰にもバレず!

    —jennal4b2a2c88d

    7. 証拠隠滅までしっかり。

    スペイン語の単語テストがとにかく苦手だった。

    そこで、板ガムに単語を書いてテストに持ち込み、途中食べるフリしてカンニング。

    もちろん、その後ガムは食べるのですぐに証拠は消えてなくなる。

    悪かったと思ってます。

    —briannao3

    Nickelodeon / Via media1.tenor.com

    8. 基本のキ。

    テストの答えを書いた小さな紙をクルっと巻いて、シャーペンの中へ。基本です。

    —allegrak4dd0a5df4

    9. 足元を見る。

    どうしても数学が苦手で、できるかぎりの公式を靴の裏に書いてた。

    テスト中は足組んで座って、わからなくなるとちょいちょい靴底をチェック。

    この方法で怪しまれたことナシ!

    —katth3

    The CW / Via i.gifer.com

    10. オシャレでカバー。

    苦手な科目の時は、手首に答えを書いてブレスレットやバングルで隠してた。

    —eabaker32

    11. スタバの使い道。

    テスト中、スタバのコーヒーを持ち込み。

    カップに答えを書いて、そこをスタバのスリーブで隠してた。だーれも気づいてなかった。

    —adelez

    Freeform / Via tumblr.com

    12. タトゥーが役に立った!

    手首にタトゥーがあるんだけど、その周りに公式や人名を書いてテストに挑んだ。みんなタトゥーの一部かと思ってたみたいでバレたことなかった。

    —ashleyb4f19c6a4e

    13. 証拠をごっくん。

    学生時代、元素記号の周期表を小さくコピーしてそれぞれの元素で切り分けてポケットに忍ばせてたヤツがいた。

    しかも、テスト中にそれを1つずつとりだして書き込んでは、証拠隠滅のため紙を食べてた。

    —alexis4909adb0c

    ABC / Via media.giphy.com

    14. 暗号解読。

    自分だけにわかるアルファベット暗号を作って暗記。

    それを腕や足に書いてテストに臨んでた。

    ぱっと見は変な記号に見えるけど、私だけは意味がわかるという。

    —klobella15

    15. 生まれ持った能力。

    子どもの時、皮膚描記症を患っていた。

    これは皮膚の圧迫させたりこすったりした部分が、赤く腫れるというもの。

    赤くなったところは20分ほどで元どおりになる。

    これを利用して、ペンの後ろの部分を太ももにこすってテストの答えを書いた。もしバレても、職員室に呼ばれる頃には消えてるから簡単に証拠隠滅できる。

    —laurar470241150

    Warner Bros. / Via hips.hearstapps.com*

    16. トイレに行っていいですか?

    テスト前にトイレの壁に答えをかいておく。私だけがわかるように略語で書くのがミソ。あとは、テスト中困ったとき、トイレに行っていいですか?でのりきる!

    —lukaisnotthatlame

    17. 真面目か!

    教科書を完全に丸覚えした。

    —kenz

    Nickelodeon / Via giphy.com

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan