back to top

自分だけだと思ったら…。セラピストに聞く、実は”みんな”が抱えている不安

「こんなの感じるのって私だけ?」とんでもない。

うつっぽい、不安、心配、怒り、パラノイア、またはその他の負の感情になったとき、おそらくあなたは「こんなこと感じるのって私だけ?」と少なくとも1回は自問したことがあるだろう。

なんと。克服しなくてはいけない負の感情と闘っているのは、確実に、絶対にあなたひとりだけではない。

そんな人たちの孤独感をやわらげるために、セラピーの場で何度も話に出てくる感情や心配にはどんなものがあるか、セラピストに尋ねてみた。これは、クライアントがどんなにその人特有の問題に取り組んでいる場合でも当てはまるものだ。結局のところ、どんな問題を抱えている人でも、おそらく自分が思うより多くの人に共感してもらえるのだ。他の人たちも経験していると知ることで、いくらか慰めになるかもしれない。

この投稿のためにご協力してくださった、メンタルヘルスの専門家の方々に深く感謝します: 臨床心理士 Ryan Howes (博士)。臨床心理士 Andrea Bonior (博士)。元臨床心理士、作家

Alice Boyes (博士)。Beth Rue (社会サービス学修士)、 認定ソーシャルワーカー、Summit Behavioral Health主任セラピスト。カナダ・バンクーバーに拠点を置く臨床カウンセラー

Joanna Boyd (臨床心理学修士)。心理士、Delphi Behavioral Health医療サービスディレクター Marc Romano (心理学博士)。臨床心理士 Amanda Zayde (心理学博士)。Simon Rego (心理学博士)、 Montefiore Medical Center/Albert Einstein College of Medicine主任心理士。臨床心理士 Jennifer L. Taitz (心理学博士)。臨床ソーシャルワーカー Gabriela Parra (認定臨床ソーシャルワーカー)。Barbara Nosal (博士)、Newport Academy最高臨床責任者。ほか、匿名希望のセラピストの方々数名。

1. 馬鹿げているとわかっていても、些細なことを悶々と考えてしまう。

たとえば、通りがかりに誰かがつぶやいた小さなことが本気で気になってしまったり、上司がメールに書いたことには何か負の意味があるに違いないと考えすぎてしまったりすることがよくある。確かにこうした思いにはイライラさせられるが、多くの人たちが抱くことである。(補足:こうした思考パターンと付き合う術は、セラピーで身につけられる!)
onlytwitterpics / Tumblr / Via onlytwitterpics.tumblr.com

たとえば、通りがかりに誰かがつぶやいた小さなことが本気で気になってしまったり、上司がメールに書いたことには何か負の意味があるに違いないと考えすぎてしまったりすることがよくある。確かにこうした思いにはイライラさせられるが、多くの人たちが抱くことである。(補足:こうした思考パターンと付き合う術は、セラピーで身につけられる!)

2. まだ本当の大人になった感じがしない。

心配しないように。単に成人といわれる年齢になったからって、自動的に大人として機能しているとはみんな思っていない。ほとんどの人は、自分”以外”の人全員が自分よりもずっとしっかりしているとひそかに思い込んでいるものだ。
Nickelodeon / Via troyesivan.tumblr.com

心配しないように。単に成人といわれる年齢になったからって、自動的に大人として機能しているとはみんな思っていない。ほとんどの人は、自分”以外”の人全員が自分よりもずっとしっかりしているとひそかに思い込んでいるものだ。

3. 自分を魅力的だと思ってくれる人は誰もいないと思っている。

Disney / Via buzzfeed.com

多くのクライアントと接してきたセラピストたちによると、自分はほかの人ほど魅力的ではない、ほかの人が自分に惹かれることは想像し難い、と考えている人は多い。そして、いわゆるルックスのよい人でさえ、こうした自尊心に関わる問題に取り組んでいる。

4. 自分がする決断を常に監視されている、または判断されているように感じている。

自分以外のみんなが自分に注目し、何を思われているのか自意識過剰になるのは簡単なことだ。が、といことは、ほとんどの場合、誰もが自分のことを心配するのに忙しすぎて他人のことなんて構っていられないのだ(そしておそらく、その人たちもあなたの目気にしているだろう)。
@prophetremy / Twitter / Via Twitter: @vaIentinescurse

自分以外のみんなが自分に注目し、何を思われているのか自意識過剰になるのは簡単なことだ。が、といことは、ほとんどの場合、誰もが自分のことを心配するのに忙しすぎて他人のことなんて構っていられないのだ(そしておそらく、その人たちもあなたの目気にしているだろう)。

5. 自分は変わり者ではないかと心配する。

Paramount Pictures / Via reddit.com

どこかの時点で、セラピストの多くは「私は変わり者ですか?」とクライアントに聞かれる。確かに、メンタルヘルスの問題を抱えてしまうとそんな気になるものかもしれないが、メンタルヘルスは白黒はっきりしているものではない。だから問題を克服するには、助けや治療、またはケアが必要ではあるが、ほとんどの人が経験しているものだ。

6. 真の自分がみんなに知られたら嫌われてしまうと考える。

SNL Studios / Via giphy.com

あまりにも多くの人が、自分が世界にみせている外面は「本物」ではなく、その下にあるものを見せてしまったら受け入れられず、放置されてしまうと思い込んでいる。本当のところ、誰もが自分で気に入らない部分や恥ずかしく思うものを持っているが、あなたが思うほどほかの人たちは大して気にしていないだろう。

7. 予期せずに暴力的な、突拍子もない、または不気味な考えをして、自分でもびびることがある。

何かおかしな考えが頭から離れないという経験は、ほとんどの人がしているので、突然まったくおかしな衝動に取り憑かれたとしても心配することはない。例えば、それが実にダークな内容のことだとしても、その思いを抱くということと、そのことをしたいという欲求や意図を持つのとは違う。脳みそとは妙なものだ。(そうは言ったものの、 どうしても頭から離れない思いは強迫神経症の症状かもしれない。日常生活に支障をきたしたり、苦痛を引き起こしたりする場合は専門家の診断を受けよう)
Rebecca Hendin / BuzzFeed / Via buzzfeed.com

何かおかしな考えが頭から離れないという経験は、ほとんどの人がしているので、突然まったくおかしな衝動に取り憑かれたとしても心配することはない。例えば、それが実にダークな内容のことだとしても、その思いを抱くということと、そのことをしたいという欲求や意図を持つのとは違う。脳みそとは妙なものだ。

(そうは言ったものの、 どうしても頭から離れない思いは強迫神経症の症状かもしれない。日常生活に支障をきたしたり、苦痛を引き起こしたりする場合は専門家の診断を受けよう)

8. 人とのつながりや有意義な関係を築くにはどうすればよいのか、途方に暮れている。

まるで友人の作り方ハンドブックを自分以外の人たちすべてがもらっていたかのように、人が大勢いる部屋の中で孤独を感じる? 幸か不幸か、あなた以外の大勢の人たちもあなた同様に途方に暮れているのだ。他の人たちは単にそれを隠すのがうまいだけかもしれない。
onlytwitterpics / Tumblr / Via Facebook: BuzzfeedCommunity

まるで友人の作り方ハンドブックを自分以外の人たちすべてがもらっていたかのように、人が大勢いる部屋の中で孤独を感じる? 幸か不幸か、あなた以外の大勢の人たちもあなた同様に途方に暮れているのだ。他の人たちは単にそれを隠すのがうまいだけかもしれない。

9. 他の人たちの方が自分よりも絶対に幸福だと思う。

この「隣の芝は青い」という感覚はいつでも沸き起こるものだ。うつっぽく感じたり、不幸せを感じたりするクライアントと接するセラピストは多い。そしてクライアントの多くは、他の人たちは自分よりずっと気分良く感じているに違いないと確信しているという。残念なことに、人生に不満を感じるのは、あなたが思っているよりもはるかによくあることだ。
FOX / Via picturequotes.com

この「隣の芝は青い」という感覚はいつでも沸き起こるものだ。うつっぽく感じたり、不幸せを感じたりするクライアントと接するセラピストは多い。そしてクライアントの多くは、他の人たちは自分よりずっと気分良く感じているに違いないと確信しているという。残念なことに、人生に不満を感じるのは、あなたが思っているよりもはるかによくあることだ。

10. 完全なインポスター症候群である。

Disney / Via mickeyandminnie.tumblr.com

「自分が何をしているのか全くわかっていない」と、いつか職場や学校の人たちにバレてしまうのではないかと怯えて生活している? それは確実にあなた1人だけではない。

11. 怒り、悲しみ、妬みなど負の感情を取り除くのは自分の責任であると思っている。

そのような負の感情は羞恥心や罪悪感をもたらし、セラピーに来る人の多くはそうした感情を抱くのをやめなくてはと思っている。しかし、そんなことはなく、そうした感情を認め、克服するほうがはるかに健康的なことなので、自分に余計なプレッシャーをかけないこと。
@ReactionBeyonce / Twitter / Via Twitter: @ReactionBeyonce

そのような負の感情は羞恥心や罪悪感をもたらし、セラピーに来る人の多くはそうした感情を抱くのをやめなくてはと思っている。しかし、そんなことはなく、そうした感情を認め、克服するほうがはるかに健康的なことなので、自分に余計なプレッシャーをかけないこと。

12. 家族の誰かについて、期待されるほど思いやらないので、自分はひどい人なのではと心配する。

もしかしたらあなたは両親と疎遠になり、この3年間口をきいていないことを気にしているかもしれない。または、あなたが親であり、親としての本能が芽生えるのではと思っていたのに…まだ芽生えていない。どんな形であれ、”伝統的な家族像”に当てはまる気持ちを持たないのはまったく一般的なことである。
MTV / Via buzzfeed.com

もしかしたらあなたは両親と疎遠になり、この3年間口をきいていないことを気にしているかもしれない。または、あなたが親であり、親としての本能が芽生えるのではと思っていたのに…まだ芽生えていない。どんな形であれ、”伝統的な家族像”に当てはまる気持ちを持たないのはまったく一般的なことである。

13. 自殺に関する思いがよぎったことがある。

Disney / Via giphy.com

信じられないことだが、自殺をしたい、またはその方法を計画するような考えと比べると、自殺を気楽に考えることは一般的なことであり、あなたに実際に自殺願望があるという意味ではない。かといって自殺の考えを無視したり、過小評価しては決していけない。ただ、死ぬのはどんなだろうかと時たま考える人の多さは驚くべき数だとセラピストたちは報告している。

14. 仲間たちが自分を仲間はずれにしてつるんでいると考える。

自分が家で孤独にNetflixを見ている時、他の人がいつも楽しいことをして、ワイルドな社交生活を送り、最高な時間を過ごしているという感覚を持っているのは、あなただけではない。(いつもなぜ自分が何かに招待されなかったのか考えてしまうのであれば、あなたが最後に社交的なことを率先してやったのはいつだったのか、振り返ってみよう。誰もが招待されるのを待っていたら、誰も招待されないだろう。人間関係って難しいよね)
me.me / Via me.me

自分が家で孤独にNetflixを見ている時、他の人がいつも楽しいことをして、ワイルドな社交生活を送り、最高な時間を過ごしているという感覚を持っているのは、あなただけではない。(いつもなぜ自分が何かに招待されなかったのか考えてしまうのであれば、あなたが最後に社交的なことを率先してやったのはいつだったのか、振り返ってみよう。誰もが招待されるのを待っていたら、誰も招待されないだろう。人間関係って難しいよね)

15. 自分が体験していることを誰もわかってくれないと思う。

Universal Pictures / Via tenor.com

自分が何か辛い体験をしていると、すぐに他人から切り離されているように感じるのは、ごくごく自然なことだ。なぜなら、君の立場がどんなものか、他人には知るすべがないからだ。そして、誰も「正確に」理解できないというのは本当かもしれないが、他人には理解できないと思って自分を孤立させることで、普通はさらに孤独を感じるようになってしまう。

16. 誰も気にかけてくれないと思うので、自分の考えや感情を表に出さない。

多くの人にとって、自分自身に価値があると認めることは、本当に難しい。その結果、自分について語ることを負担に思うのだ。しかし、聞いてほしい。人々は、あなたが思っているよりも、おそらくあなたのことを気にかけている。自分の考えを話すのを避ける必要はないのだ。
FOX / Via favim.com

多くの人にとって、自分自身に価値があると認めることは、本当に難しい。その結果、自分について語ることを負担に思うのだ。しかし、聞いてほしい。人々は、あなたが思っているよりも、おそらくあなたのことを気にかけている。自分の考えを話すのを避ける必要はないのだ。

17. 自分が、とにかく本当にとんでもなく孤独だと感じる。

Jenny Chang / BuzzFeed / Via buzzfeed.com

孤独を感じる時、そう感じるのは自分だけだと多くの人は考える。しかし、恥ずかしいこと、人と違うこと、困っていることはほとんどの人にあるし、これらが孤立感や孤独感につながることは、良くあることだ。孤独感は、人間が経験することのなかで最も辛いことの一つだ。だが、ほとんどの人が人生のある時期に孤独感と闘っている。そう、少なくともその点では、我々は一人ではないのだ。

最後に覚えておいてほしいのが、こうした問題が「よくあること」だからといって、我慢すべきというわけではない、ということだ。たくさんの人が助けを求めた上でこうした感情に対処しているし、そうして構わないのだ。全く恥ずかしいことではない。

@buzzfeedhealth / Instagram / Via instagram.com

この記事は英語から編集・翻訳しました。