トランプ氏「選挙制度の整合性はすでに損なわれた」 バイデン氏は過半数に迫る【米大統領選、速報中】

    結果がどちらに転んでも大きな影響を及ぼすアメリカ大統領選。開票の状況を随時アップデートします。

    このページは、状況の進展に合わせて随時アップデートします。

    UPDATE:日本時間11月5日12:30現在、バイデン氏は選挙人253人、トランプ氏は214人の獲得が確実に

    日本時間の11月5日早朝、選挙の勝敗を分ける激戦州として注目されていたウィスコンシン州(選挙人10人)やミシガン州(選挙人16人)でバイデン氏が勝利した。

    過半数の270人に向けて大きく前進し、のこり17人で当選確実まで迫った。

    BuzzFeed

    現時点でまだ勝敗が決まっていないのは、以下の6州だ。

    ・ペンシルバニア州(20人)

    ・ジョージア州(16人)

    ・ノースカロライナ州(15人)

    ・アリゾナ州(11人)

    ・ネバダ州(6人)

    ・アラスカ州(3人)

    バイデン氏「私たちは敵ではない」

    バイデン氏は日本時間11月5日午前6時すぎに、デラウェア州で会見を開き、「いまここで勝利宣言はしないが、集計が終わったとき、私たちは勝者になると信じている」と述べた。

    また、選挙を通じて分断が深まっていることを念頭に、「選挙結果が明らかになったときには、選挙戦のとげとげしい言葉は過去のものとして冷静になり、(立場や思想を超えて)互いのことを見て、話を聞き、尊重し、思いやり、団結し、癒し、また国として一つにならなければならない」と訴えた。

    「これは決して簡単ではないことはわかっています。この国の様々な問題において、いかに深く、そして強く意見が対立しているかは、私も知っています」

    「しかし、私はこのことも知っています。前に進むためには、対立する相手を『敵』として扱うことをやめなければなりません。私たちは敵ではありません。私たちアメリカ人を一つにするものは、私たちを分断するものよりもはるかに強いはずです」

    「だからこのことを明確にしておきたいと思います。私は民主党の候補として、この選挙に臨みました。でも大統領になったら、アメリカ人の大統領として統治します」

    It’s clear that when the count is finished, we believe we will be the winners.

    トランプ氏「制度の整合性は損なわれた」

    一方、トランプ氏は11月4日の会見以降、これまでの選挙戦でも繰り返してきた「郵便投票によって不正が行われる」という根拠のない主張を強めている。

    日本時間11月5日午前0時ごろには、「多くの激戦州でリードしていたのに、不意打ちで大量の票が開票されたことによって、次から次へと(リードが)消えていった」とツイート。

    さらに、「大統領選挙制度の整合性はすでに損なわれてしまった」とツイートした。こうした発信の背景には、大統領選の仕組みそのものへの信頼に疑念を抱かせて、訴訟合戦に持ち込むための戦略があるとみられる。

    しかし、こうしたツイートの多くに対して、Twitter社は「選挙や他の市民行事への参加方法について誤解を招いている可能性があります」という警告を出している。

    勝つのは現職トランプ氏か、民主党バイデン氏か

    AFP=時事

    UPDATE:日本時間11月4日午後6時現在、バイデン氏は選挙人227人、トランプ氏は213人の獲得が確実に。

    BuzzFeed

    選挙情報サイト「Decision Desk HQ」の分析によると、激戦州として注目されているアリゾナ州、ペンシルバニア州をはじめ約10の州でまだ勝敗が決まっていない。

    UPDATE:「トランプ氏がウソの勝利宣言」海外メディア相次ぎ報道

    ホワイトハウスで会見し、「率直に言ってもう私たちは勝利した」と事実上の勝利宣言と取れる内容の発言をしたトランプ氏。

    しかし、アメリカの主要メディアでトランプ氏に「当選確実」を出した社はなく、ロイターForbesは「開票が続く中、トランプ氏がウソの勝利宣言」などの見出しで報じている。

    UPDATE:トランプ氏「私たちはもう勝利した」

    Chip Somodevilla / Getty Images

    日本時間11月4日16:20ごろ、トランプ氏がホワイトハウスで会見を開き、「率直に言ってもう私たちは勝利した」と事実上の勝利宣言と取れる内容の発言をした。しかし、開票作業は続いており、郵便投票も含めて投票結果が確定するまでは数日かかるという見立てもある。

    米国の主要メディアでトランプ氏に「当選確実」を出した社はない。

    トランプ氏が親族とともに会見場に現れると、会場からは「U.S.A.」などと叫ぶ大きな歓声が上がった。

    トランプ氏は冒頭、「今日投票してくれた何百万ものアメリカ市民に感謝したい。一部の哀れな人たちが、人々の選挙権を奪おうとしているが、そんなことは私たちが許さない」と述べた。

    続けて、勝利した激戦州を列挙。さらに、郵便投票などによって開票作業が遅れていることに触れながら、「これは私たちの国家に対するひどい詐欺だ。法がきちんと適用されるよう私たちは最高裁にいく。午前4時になっても新しい票が見つかるなんてことがないよう開票を止めたい」などと述べ、最高裁で郵便投票を中心に、選挙結果を争う姿勢を見せた。

    トランプ氏は以前から、郵便投票で不正が起きると根拠を示さず主張してきた。

    さらに「率直に言って、私たちは勝利した」「私に言わせれば、私たちはもう勝利した」などと述べた。

    一方、同席した副大統領のペンス氏は「我々は勝利への道のりにある」と語ったが、「勝った」と断定的には語らなかった。

    また、Twitterでは、会見場に集まったトランプ支持者たちがマスクをしていないことを指摘する声も上がった。

    UPDATE:日本時間4日午後4時現在、バイデン氏が選挙人225人、トランプ氏は213人の獲得確実に

    BuzzFeed

    日本時間11月4日午後4時現在、バイデン氏は選挙人225人、トランプ氏は213人の獲得が確実に。

    「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ)」運動が全米各地に広がる発端となった、ジョージ・フロイドさん殺害事件が起きたミネソタ州(選挙人10人)では、バイデン氏が勝利した。

    2016年の大統領選でも、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が勝利していた。

    UPDATE:「勝利宣言する立場にない」バイデン氏が声明発表

    日本時間11月4日14:30すぎ、民主党のバイデン氏がデラウェア州ウィルミントンの集会で登壇し、声明を発表した。

    バイデン氏は、「これまでも述べてきたように、期日前投票や郵便投票の影響で、選挙結果は11月4日の朝(現地時間)かそれ以降まで出ないだろう」といい、「自分もドナルド・トランプも勝利宣言をする立場にない。選挙の結果を決めるのはアメリカの人々だ」と語った。

    その上で、自分は「選挙結果に対して楽観的」で、自分たちは勝利に向かっていると言い、今回の選挙で一票を投じた有権者への感謝の言葉を述べた。

    Tune in as I speak to the nation live from Wilmington, Delaware. https://t.co/ye8knRucoz

    @JoeBiden

    声明発表の様子はTwitterでも配信された。バイデン氏はその後、Twitterで「自分もドナルド・トランプも勝利宣言をする立場ではない」と重ねて強調し、「みんな信じ続けよう。私たちはきっと勝つ」ツイートした。

    It's not my place or Donald Trump's place to declare the winner of this election. It's the voters' place.

    @JoeBiden

    Keep the faith, guys. We’re gonna win this.

    UPDATE:トランプ氏が「今夜、声明を出す。大勝利だ!」とツイート投稿

    バイデン氏が声明を発表した直後となる日本時間午後2時45分ごろ、トランプ氏はTwitterを更新し、「今夜、声明を出す。大勝利だ!」と投稿。

    4分後にはバイデン氏陣営の動きにも言及し、こうツイートした。

    「私たちは大幅に差をつけて勝っているが、彼らはこの選挙を盗もうとしている。私たちは彼らにそうはさせない。投票が締め切られた後に投票はできない!」

    Twitter @realDonaldTrump

    一方、このツイートに対しTwitter社は「選挙や他の市民行事への参加方法について誤解を招いている可能性があります」との忠告文を入れた。

    同社は、大統領選挙でTwitter上での誤情報拡散などに対策を講じている。

    UPDATE:日本時間4日午後2時現在、バイデン氏が選挙人210人、トランプ氏は204人の獲得確実に

    BuzzFeed

    日本時間11月4日午後2時現在、バイデン氏は選挙人210人、トランプ氏は204人の獲得が確実に。

    勝敗を分ける激戦州として注目されていたテキサス州(選挙人38人)と、オハイオ州(選挙人18人)は、いずれもトランプ氏が勝利確実となりました。

    (選挙情報サイトDecision Desk HQによる)

    UPDATE:日本時間4日午後1時現在、バイデン氏が選挙人205人、トランプ氏は135人の獲得確実に

    BuzzFeed

    日本時間11月4日午後13:12現在、バイデン氏が選挙人205人、トランプ氏は135人の獲得が確実に。

    激戦8州のひとつで注目されていたフロリダ州(選挙人29人)は、トランプ氏が勝利確実となった。

    (一色で塗りつぶされているのは「勝利確実」。斜線付きの部分は「優勢」を意味します)

    UPDATE:陰謀論「Qアノン」支持の共和党候補、下院で当選確実

    Twitter

    大統領選挙に合わせて行われている連邦議会選挙で、インターネット発の陰謀論「Qアノン」を支持する共和党の候補、ジョージア州第14選挙区のマージョリー・グリーン氏が、下院で当選を確実にした。「Qアノン」の支持者が議席を得るのは初めてだという。

    「Qアノン」とは、「Q」と名乗る人物によってネット掲示板「4chan」(当時)に投稿された陰謀論の信奉者を指し、世界的に広がりを見せている。トランプ大統領が、小児性愛組織から世界を救おうしているという話が基礎にある。

    関連記事:ネット発の陰謀論「Qアノン」支持者が米議会で初当選。彼女は何者なのか? トランプ大統領の反応は?

    選挙情報サイトDecision Desk HQがフロリダ州でトランプ氏が勝利確実と予測

    Decision Desk HQ Projects Trump (R) Has Won The State Of Florida And Its 29 Electoral Votes Race Called At 11-03 08:11 EST All Results: https://t.co/6GfosqGUrH

    Desision Desk HQが「フロリダ州でトランプ氏の勝利が確実」とツイート。一方、CNNはこの段階ではまだ、フロリダでいずれの陣営にも当選判定を出していない。

    DDHQは、BuzzFeed USもデータを利用している有力選挙分析サイトだ。フロリダは29人の選挙人がいる大きな州で、選挙のカギを握る激戦州の一つと目されている。ここでは、選挙前に劣勢が伝えられていたトランプ氏の終盤の巻き返しが功を奏した可能性がある。

    このまま進めば、選挙の焦点はミシガン、オハイオ、ペンシルベニア、ノースカロライナなどの激戦州に移ることになる。

    日本時間4日午前10時現在、バイデン氏が選挙人16人、トランプ氏は13人の獲得確実に

    BuzzFeed News

    米国東部時間11月3日午後6時(日本時間4日午前8時)、ケンタッキー州の一部などで開票開始

    BuzzFeed

    赤はトランプ氏優勢、青はバイデン氏優勢。まだ地方の一部だけが開票されているため、この段階の情勢で全体を占うことはできない。

    注目の選挙。投票日までに1億人が投票を済ませた。記録的な勢いだ。

    フロリダ大学のマイケル・マクドナルド教授(政治学)らが運営する「アメリカ選挙プロジェクト」の集計では、11月3日現在、投票所で期日前投票をした有権者と郵便投票の用紙を請求した有権者を合わせると1億人を超えた。

    米国全体の有権者数は推計で2億3900万人だ。

    うち6524万人は郵便投票用紙を請求したが、2685万票は3日現在、各地の選管にまだ届いていない。

    期日前と郵便投票で投じられた票は、すでに2016年選挙の投票総数の7割を超え、記録的な勢いだという。同教授は、全体の投票率も上昇すると予測している。

    複数の米メディアが過去100年で最高の投票率となる可能性を報じている。

    関連記事:米大統領選、期日前に1億人投票済み 大勢判明はいつ?結果確定の前に勝利宣言?「赤い蜃気楼」シナリオとは