いますぐ走りたくなる!ランニングを始めるときに役立つ10のヒント

    さぁ、走ろう!

    1. 遅くても速くても、ランナーはランナー!

    Giphy / Via gph.is

    走るスピードは関係ない。ランニングに出かけたら、遅くても速くてもそれはランニング。走る距離が長くても短くても、あなたはランナー! 時に、外に出るのが億劫に感じることもあるけれど、終わった後の爽快感は最高。

    2. 立ち止まるのを恐れるな!

    Giphy / Via gph.is

    誰だって最初は初心者。いきなりフルマラソンを走れるわけがない。走ってみて、必要に応じてペースを落とす、足を止めて一息つくのも大切。走り方は人それぞれなので、立ち止まることを恥ずかしいと思わないで。

    3. 目標を決めよう

    4. 適切なウェアで

    NBC

    ランニング中の不快感、怪我をふせぐためにも、適切なウェアを着用しよう。足にあったランニングシューズは、怪我をしないためにまず最初に選ぶべきアイテム。

    ウェアやシューズはたくさん種類があるので、スポーツショップで店員さんに相談してみよう。

    5. アプリを活用しよう!

    Ben Armson

    走った距離やタイムの記録は、モチベーションに大きく影響。アプリを使えば、簡単に記録できる。先週よりも少しペースをあげてるなど、ゴール設定にも役にたつ。

    6. 街の散策で楽しむ

    Giphy / Via gph.is

    ランニングが、自分の住む街をもっとよく知るきっかけになるかも。いろいろなルートを試してみよう。電車やバスを組み合わせれば、ランニングがてら遠出することだってできちゃう。

    7. お気に入りのプレイリストを作ろう

    Giphy / Via media.giphy.com

    ランニングのパートナーとして、音楽を聴いている人は多いはず。お気に入りのプレイリストやポッドキャストなど、ムードを高めてくれる音楽を見つけよう。

    8. 落ち込んだときはランニングで気分転換

    9. ランニンググループに参加してみる

    Giphy / Via gph.is

    誰かと一緒に走ることで、より自信がつき走りも上達。新しい出会いのきっかけにもなるかも。ランニンググループは、走るスピードや目標に応じていろいろあるので、自分にあったグループを探してみよう。

    10. 楽しむことを忘れずに!

    Ben Armson

    最も手軽に始められる運動の1つが走ること。健康のため、目標のため、チャリティのため、どんな理由で走るにせよ、走ること自体の楽しみは忘れずに!

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan