減量を通じてわかった、コミットすることで起こる奇跡

    私はパスタを食べた後、45分間はぼーっとしてしまっていた。

    やあみんな。ザックです。生まれてこのかた覚えている限りずっと、自分の体重のコントロールに苦しめられてきました。

    @katiebe_photography

    子供の頃は何度も体重の変化を体験しました。スポーツをして体重を落とそうとするか、何もせずに体重が増えるかで、一度も健康的なライフスタイルにコミットしようとしたことはありませんでした。

    これは大学進学で家を出る前の夏の写真です。このくっきりした頬骨を見てください。サッカーをしていて、体調がよかった頃です。

    32歳の時、体重は人生で一番重い134キロ(295ポンド)に達しました。そして、34歳になるとひどい食生活と運動不足のせいで、2型糖尿病と診断されてしまいました。

    この写真は、何かしなくてはと思う前の夏のものです。

    2週間後、BuzzFeedのプロデューサー、エヴァン・グァンさんが減量動画の出演者を募集しました。これが私が求めていた最後の一押しでした。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    翌日、私はBuzzFeedに連絡を取り、そこから健康と幸せへ向かうプロジェクトがスタートしました。エヴァンは私を、「A Tighter U」のオーナー兼トレーナーのスティーブ・ジムに引き合わせ、私とクレア、アシュリーはスティーブの下で6週間にわたってトレーニングを行いました。

    スティーブは最悪なワークアウトメニューを組み、私はそれに挑戦することになりました。1週間に6日ジムでのワークアウトを行い、1週間に7日、有酸素運動をしたんです。そうです、かなり厳しいトレーニングです。

    BuzzFeed

    最初の2週間が最も大変でした。

    睡眠の習慣を変え、朝方人間にならなければなりませんでした。朝9時に出社する前にジムで2時間のワークアウト(1時間の有酸素運動と、1時間のウェイトトレーニング)を終えるため、朝5:30に起きる必要があったのです。それは本当に最悪なことでした。知らないと思いますが、LAの交通渋滞ときたら、早朝でも悪夢のようにひどいんです。あ、ご心配なく。シャワーをする時間はありました。

    3週間が過ぎるとすべてが簡単になり、ようやく体調が良くなり始めました。

    Zach Dresler

    よく眠れるようになり、もっと力が出るようになって、運動が気分をよくさせることに気づきました。ジムに行くのが楽しみになってきたくらいです。そして、ウェストが15センチ以上も減ったのです。

    体型が変わって行くのを見て、ワークアウトをさらに熱心にやりたくなりました。

    嘘は言わないことにしましょう。食生活を変えるのは最も難しい部分でした。自分自身をごまかして、食べているものを楽しむ方法を見つける必要があったのです。

    Zach Dresler

    「これ見て! すんごいスパゲッティとミートボールだよ!」

    私はちょっとしたメンタルゲームを行うことにしました。夕食が鳥のささみと芽キャベツだとしても「スパゲッティとミートボールだ」と言うのです。頭がおかしいと思うかもしれませんが、これは効きました。酔っ払っていたのかと思うかもしれないので念のために伝えますが、トレーニング期間中、一切お酒は飲みませんでしたよ。

    食事の準備は非常に重要だと気づきました。典型的な食事は、こんな感じです。

    Zach Dresler

    「チートデイ(ちょっとカロリー多めの日):ラザニア」

    朝食:ジムの後はりんご1個を食べ、いちご、ブルーベリーとバナナ1/4、氷と水、卵とプロテインの粉末を入れたプロテインシェイクを摂る。

    昼食:夜の残り物か170gから225gほどのサラダを摂る。サラダにはプロテインとドレッシングを少し含みます。そのほかは、ほんの少しのオリーブオイルとバルサミコ酢だけ使いました。

    おやつ:一握りの生のアーモンドかカシューナッツ、もしくは人参とフムスの小さなパック。ヨーグルトならギリシャ風ヨーグルトですが、フルーツがすでにミックスされているものはNGです。

    夕食:脂肪分が少ないタンパク質、例えば鶏肉やターキー、サーモンに加えて野菜類。私はたいてい、ローストした人参や芽キャベツ、ブロッコリやカリフラワーを食べました。

    5週間目の終わりには、新しい服を買う必要が出てきました。特にパンツです。新しい服を買い始めることは、ゴールに向けて続けるモチベーションを非常に高めてくれました。

    Zach Dresler

    6週目になる頃には、私のエクササイズの「日課」は、本当の意味で日課になってきました。有酸素運動が楽にできるようになったので、強度を増して完了時間を早めることにしました。食事制限にも慣れてきました。健康的な食生活をするのが楽になってきたのです。いえ、勘違いしないでください。今でもピザや脂っぽいチーズバーガー、ブリトー、山盛りのアイスクリームをすごく食べたいです。でも、毎日食べたいというよりも、時々の自分へのご褒美だと考えています。

    挑戦が終わり、私は自分自身の変身にびっくりさせられました。自分の横からの写真が本当だとは信じられませんでした。

    一週間後、医師がメールをくれました。ああ、どうかちょっとここでドラムロールを鳴らしてください。ジャジャーン! 基準値をクリア! 本当に信じられませんでした。

    そして完全に調子を取り戻した後、スティーブとともにトレーニングに戻る準備はできていました。今まで以上に、自分の理想体型に近づきたいというモチベーションが高まっていたんです。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    私はこの減量プロジェクトの成果に非常に興奮しました。減量をしたことで終わりではなく、自分はまだ道半ばだということに気づいたのです。

    たった1年前に始まったこのプロジェクトが、さらなる健康的な生活を追求することにつながり、今とてもワクワクしています。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan