• tokyo2020 badge
  • factcheckjp badge
  • Tokyo badge

「カナダ、東京五輪へ不参加を表明」はミスリード。「反日国家」などと去年の記事が拡散

カナダのオリンピック委員会は3月24日、今夏の東京五輪は「安全に開催できると確信している」と声明を発表している。

「カナダが今年の東京五輪への不参加を表明した」という情報がTwtterで拡散されている。

しかし、この情報はミスリードだ。

「カナダ、今夏の東京五輪に不参加を表明 IOCは4週以内に結論」というBBCの記事が根拠となっているが、この記事が配信されたのは1年前の3月。カナダのオリンピック委員会は今月24日、「安全に開催できると確信している」との声明を発表している。

拡散された1年前の記事

Twitter

「カナダが五輪不参加を表明」という情報は、俳優の宍戸開さんや落語家の立川談四楼さんなどのTwitterアカウントで拡散。

宍戸さんの投稿は1900回以上、立川さんは3800回以上リツイートされている。

ネット掲示板「5ちゃんねる」にも《【菅号外】カナダ、東京五輪不参加を表明!!》というスレッドが立ち、まとめサイト「ツイッター速報」は《【悲報】カナダ、五輪不参加を表明 反日国家》との見出しで記事化した。

だが、これらの情報のソースとして拡散されている元記事の配信日時に注意が必要だ。

BBCが「カナダ、今夏の東京五輪に不参加を表明 IOCは4週以内に結論」という記事を公開したのは、2020年3月23日。

つまり、この情報は東京五輪の延期が決まる前のものであり、最新情報ではない。

カナダ五輪委員会「安全に開催できると確信」

カナダ五輪委員会 / Via olympic.ca

では、現時点でカナダのオリンピック委員会は五輪参加についてどのように考えているのか? 今月24日に次のような声明を発表している。

《現在、我々は今夏に予定されているオリンピックは安全に開催できると確信しています》

《IOCはNBA、WNBA、NWSL、NHL、ヨーロッパのサッカーリーグなど試合再開に成功したスポーツ団体から学びました。彼らは移動、入国、物理的距離をとること、PPE(防護具)、クリーニング、ウイルスの検査と追跡、ワクチンなど、ほぼすべての可能性を考慮した対策を立てています》

《週末に発表されたように、海外からの観戦者が大会に参加しないことで、東京にいる人々にとっては(これまでの五輪と)異なる体験をすることになるのは間違いありません。ですが、チーム・カナダは、安全で安心なオリンピックを提供するという東京2020組織委員会の取り組みを支持しています》


BuzzFeed JapanはNPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)のメディアパートナーとして、2019年7月からそのガイドラインに基づき、対象言説のレーティング(以下の通り)を実施しています。

ファクトチェック記事には、以下のレーティングを必ず記載します。ガイドラインはこちらからご覧ください。なお、今回の対象言説の一部は、FIJの共有システム「Claim Monitor」で覚知、参考にしました。

また、これまでBuzzFeed Japanが実施したファクトチェックや、関連記事はこちらからご覧ください。

  • 正確 事実の誤りはなく、重要な要素が欠けていない。
  • ほぼ正確 一部は不正確だが、主要な部分・根幹に誤りはない。
  • ミスリード 一見事実と異なることは言っていないが、釣り見出しや重要な事実の欠落などにより、誤解の余地が大きい。
  • 不正確 正確な部分と不正確な部分が混じっていて、全体として正確性が欠如している。
  • 根拠不明 誤りと証明できないが、証拠・根拠がないか非常に乏しい。
  • 誤り 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがある。
  • 虚偽 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがあり、事実でないと知りながら伝えた疑いが濃厚である。
  • 判定留保 真偽を証明することが困難。誤りの可能性が強くはないが、否定もできない。
  • 検証対象外 意見や主観的な認識・評価に関することであり、真偽を証明・解明できる事柄ではない。

Contact Yuto Chiba at yuto.chiba@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here