豪雨災害のなか近づく台風8号 威力は「特急電車並」「トラックが横転するレベル」か

    10日(火)から11日(水)にかけて、猛烈な勢力で沖縄に接近する恐れ。

    豪雨災害で西日本が甚大な被害を受ける一方で、非常に強い台風8号が近づいてる。

    台風第8号マリア,宮古・八重山地方や台湾方面に進んでいます.今日8日から明日にかけて,中心気圧915hPaの猛烈な台風に発達見込み.予報円は対象時刻に台風中心が入る確率が70%ということを意味していて,予報円の大きさが小さいため確度が高いことが読み取れます.現地の皆様は備えをお願いします. https://t.co/0RBPQvs0kA

    気象庁気象研究所の研究官、荒木健太郎さんがTwitter上で注意を喚起している。

    気象庁は「台風8号は、8日9時現在で最大風速50m/s(100kt) 、最大瞬間風速70m/s、中心気圧は925hPaの『非常に強い』勢力」と発表している。

    人工衛星ひまわり / Via himawari8.nict.go.jp

    ウェザーニュースによると「台風8号は、猛烈な勢力から非常に強い勢力に変わりましたが、今後は海水温の高いエリアを進んでエネルギーを補給しながら北上するため、再び猛烈な勢力まで発達する見込み」という。

    気象庁 / Via jma.go.jp

    台風8号をめぐっては、「905hPaになる予想なので町が飛ぶ寸前のヤバさ」というツイートが話題になった。しかし、BuzzFeed Newsの取材に、荒木さんは「台風の強さは中心気圧ではなく風の強さで表す」と説明する。

    風速でもたらされる被害はこの通り。平均風速が50m/s以上は「走行中のトラックが横転する」威力を持つ。

    気象庁

    荒木さんは言う。

    「危険なことには変わりありません。中心気圧は目安にはなりますが、予想される風の強さを見たほうが良いと思います。最大風速は平均風速なのですが、最大瞬間風速はそれより大きな値になります」

    台風に対応するにはどうすればいいのか? 東京都が作った『東京防災』や気象庁のサイトに、備えが記載されている。

    東京防災 / Via metro.tokyo.jp

    家の外の備え

    ・窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。

    ・側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく。

    ・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、家の中へ格納する。

    家の中の備え

    ・非常用品の確認

     懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など

    ・室内からの安全対策

     飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。

    ・水の確保

     断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

    なお、台風8号はこのように進むと予想される。

    気象庁 / Via jma.go.jp

    「現在のところ、台風第8号は西日本には来ないと予想されます。しかし、最新の台風情報を確認して十分に備えてください」(荒木さん)

    バズフィード・ジャパン スタッフライター

    Contact Yui Kashima at yuuuuuiiiiikashima@gmail.com.

    Got a confidential tip? Submit it here