Posted on 2018年2月4日

    実は普段の生活でできる14のステキなこと

    ティッシュをちょっと控えてみたり、いわゆるエコのコツです。

    1. マイバッグを使ってみる

    Getty Images

    エコが目的じゃなくてもOK。オシャレなマイバックを持っていたら、お買い物がさらに楽しくなります。

    2. 野菜を市場や直売所で買ってみる

    Suzanamarinkovic / Getty Images

    いま直売所の野菜がじわじわ人気。品質の良い国産の農産物を買うことができます。

    3. 食べ残しは冷凍してみる

    Bravissimos / Getty Images

    冷凍庫は残り物の救世主。ハーブや野菜、果物など、いつもだったら残して捨ててしまうものを冷凍して、スムージーやスープを作りに活用してみてください。

    4. 生ゴミを堆肥にしてみる

    Fotomem / Getty Images

    生ゴミや雑草などを処理して堆肥として使う「コンポスト」と言う方法があります。このページでは、コンポストを作る方法が紹介されています。(英語です)

    5. 捨てちゃう野菜の切れ端でスープを作ってみる

    Tasty Demais

    普段は捨ててしまう野菜の皮やヘタ、そして種。実はここに栄養が凝縮されています。これらを使って、栄養満点の野菜だしを作ることができます。

    6. ペットボトルを控えてみる

    Getty Images

    水筒にお好みのドリンクを持ち運びましょう。小さなことですが、ゴミの削減にもなります。

    7. ペーパータオルを控えてみる

    Getty Images

    汗を拭くにしても、キッチンを拭くにしても、タオルを常に手元に置いておきましょう。ペーパータオルやティッシュを使う習慣が減ります。

    8. メイソン・ジャーを活用してみる

    Getty Images

    日本でもブームになったメイソン・ジャー。まだまだオシャレな使い方がたくさんありそうです。こちらがなります。

    9. ストローを控えてみる

    Getty Images

    ストローを使う前に考えてください。数百万本ものストローが、捨てる前に文字通り5分間しか使われていないってことを。

    10. 排水管に調理油を流さない

    Getty Images

    調理油は家庭で排出する最悪な汚染物の一つです。油を使わないエアフライアーの購入を検討するのも手です。

    11. カプセル式のコーヒーメーカーから、昔ながらのコーヒーメーカーに戻してみる

    Getty Images

    いま、カプセル系ポーションタイプやカプセル系ドリップボッドタイプのコーヒーメーカーが人気ですよね。しかし、このタイプはプラスチックのゴミを出し続けます。昔ながらのコーヒーメーカーならゴミを出す生活から抜け出すこともできます。(カプセル容器をリサイクルしているなら素晴らしいことです!)

    12. 中古品に目を向けてみる

    Getty Images

    ファストファッションでオシャレするのも良いですが、古着屋さんや中古品店でも良い出会いがあるかもしれません。

    13. すべての支払いをオンラインにしてみる

    Getty Images

    自動支払いシステムを設定した場合は、もう二度と郵送で請求書を受け取ることはありません。

    14. リサイクルをもう一度考えてみる

    Getty Images

    普段の生活を変えるのは正直面倒臭いかもしれませんが、適切なリサイクル方法(と、よりよい消費活動全体)をもっと学びたいと思っている人のための、ウェブサイトや授業はたくさんあります。

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan