結婚式なのにまさかの雨... 花婿の友達がとった行動とは

    これぞウェディング・マジック!

    こちらの夫婦、ダイアナとマーカスは5月の2日にジョージア州で式を挙げました。式の日には小雨が降ると事前に知ってはいたものの...

    Craig Obrist Photography / Via craigobrist.com

    「天気予報では、雨時々曇りと言われていたので、正直ちょっと心配でした」とダイアナはBuzzFeedに語りました。「でも、大切なのは私たちが結婚するということ。ただそれだけ」

    まさかの豪雨に。すると、マーカスの友達が傘を持ち合って、ダイアナをカバーするという「神対応」のおかげで、美しいドレスが濡れずにすみました!

    Craig Obrist Photography / Via craigobrist.com

    雨がなかなか止まないので、少し待機してみることに。式開始の予定時間を30分もオーバーして、どうすればいいか悩んでいると... 「式に来てくれた夫の友達たちが、私のドレスが濡れないように傘で守ってあげる、と言ってくれて。雨も止みそうになかったので、とても助かりました」

    これぞ「ウェディング・マジック」!

    ダイアナはほとんど濡れずに済みました。そして会場にたどり着き、素晴らしい式を挙げることができました。

    Craig Obrist Photography / Via craigobrist.com

    「雨が降って、逆によかったのかもしれない」とダイアナ。「おかげで、一生忘れることのない素敵な式を挙げることができたから。夫の友達に感謝しています」

    ダイアナとマーカス、いつまでもお幸せに!

    Craig Obrist Photography / Via craigobrist.com

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:日比友紀子