back to top

がんで亡くなった妻の、最後のジョーク。残された夫が気づいたこと

「このことで、ほんの一瞬だったけれども、母が父の元に戻りました」

アントニア・ニコルはロンドン消防隊に所属する46歳の消防士。アントニアの亡き母、フェードル・フィットンは、アントニアの父、ナイジェルと一緒に、南アフリカのヨハネスブルグに住んでいた。2013年に母親のフェードルはがんで他界した。

母親が亡くなってから、アントニアはロンドンの自分の家から、ヨハネスブルグにいる父親の元を絶え間なく訪れ、できるだけ時間を共にするようにしていた。最近、アントニアは父親が老人ホームで新しい生活を始める手助けをした。「とても大変でした」とアントニアはBuzzFeed Newsに話す。

Antonia Nicol

残念ながら、アントニアと両親は離れて暮らしていたので、母親が亡くなる前、思うように時間を一緒に過ごせなかった。母親は5年間、癌を患っていた。

「母が亡くなったとき、向かっている飛行機の中でした。なので、別れを告げるチャンスがありませんでした」とアントニアは回想する。

「その後何年か、父は家の中をそのままにして、家に留まっていました。何も変えたくなかったのです」

4年くらい前のことだ。母親が入院する前、父親に残した「いいつけ」がある、とアントニアは話す。トイレの植物に「必ず」水やりをすること。なので、父親は「指示通りに」植物に水をやっていた。枯らさなかっただけではなく、今でも活き活きしているので、よくやっている、と父はとても満足していた。

そこでだ。荷造りをして父親が老人ホームに入居するのを手伝うために、アントニアはヨハネスブルグへと向かった。そして遂にふたりはあることに気がついた。トイレにあった植物は、プラスチック製だったのだ。そう、偽の植物。

Dea / Getty Images

(この写真に写っている植物は、実物ではない。ロンドンに戻って話をシェアする際に、植物の全体像の写真は撮らなかった、とアントニアは説明している)

「小さな排水口があるわざわざ作った植木鉢で、本物の植物をプラスチックのものと入れ替えたに違いありません」とアントニアは話す。

アントニアと父親はすぐさまこれが母親のユーモアによるもので、トイレにあるこの植物に「必ず」水をやるように父親に厳しく言いつけたのは、ジョークだった、とアントニアは語る。

広告

「ジョークだと分かったときはとてもおかしかったです。ふたりして大笑いしました」とアントニアは話す。「まるで母が戻ってきてくれたかのようでした」

Antonia Nicol

「仕掛けたジョークが何年もばれずに母が笑っているのが聞こえるかのようでした」とアントニアは言う。

今週、アントニアはこの話をTwitterでシェアすることにして、反響を集めている。

@Flaminhaystack I was actually welling up til the punchline!!!

「母は亡くなる前に、トイレの植物に『必ず』水をやるように父に厳しく言いつけていた。父は言いつけ通りに水をやり、枯れないようにしていた。あまりに活き活きしているので、父は引っ越し先に持っていこうとしたのだけど、やっとプラスチック製なのに気がついた。母が笑っているのが聞こえる」

「オチを聞くまで涙が込みあげてきてしまいました」

ジョーク自体に大受けして笑い泣きするとともに、亡き母への優しい、そしてただひとつの手向けに涙するという声が寄せられている。

Life was meant to be LOVED. Don't take anything too seriously, or too harshly, because we all die in the end. The o… https://t.co/EUyXrIpNz1

「人生は愛されるように作られている。あまり深刻に、あまりきつく受け取りませんように。私たちはみな死ぬのだから。大切なのは、どう生きたか。

素敵なお話ですね」

注:アントニア自身もストックイメージの植物の写真を使っているため、話の真偽を問う意見が出てきているが、アントニアは単にイメージ写真だと言っている。Tweetの反響が大きくなった後、アントニアは父親に植物に「水やり」をしている写真を送ってくれるように頼んだ。(だから、インターネット自警団のみなさん、よくやりました。でも、落ち着きましょう)

みんな、フェードルは「レジェンド」であり、インスピレーションだと賞賛している。

@Flaminhaystack OMG! What a legend! Sorry to hear of your loss <3

「レジェンドですね。お母様のこと、残念です」

広告

Me as a wifey, aspire to be this extra https://t.co/UXkneF1tFr

「妻として、ここまでできるようになりたいです」

同じような「抜群」のユーモアのセンスを持った家族を亡くした人は、心から共感している。

@Flaminhaystack Sorry to hear of your loss. I lost my lovely mum last year, she was 85. But she would've loved that… https://t.co/OkUx8HkK4D

「お母様のこと、お悔やみ申し上げます。私も昨年、母を失いました。85歳でした。母もこのジョークには笑ったと思います。うちの母もあなたのお母さんと同じように、『抜群』のユーモアのセンスの持ち主でした」

ユニークで馬鹿げた話をシェアしてくれた人もいる。「愛する人を亡くした人が、ツイートにコメントしていることで、もっといい話になっている」「愛と喪失の気持ちを共有して、みんな繋がっている」とアントニアは話す。

@Flaminhaystack Before my mom died we made a picture with the whole family there she is sitting in the middle of al… https://t.co/pukJsVeJkz

「母が亡くなる前、母を囲んで家族全員で写真を撮りました。家族写真が欲しいと言っていたのです。母の死後、写真を見てみたら、母は舌を出していました」

大きな手術から回復中の父親は、この話が引き起こした驚くほどの反響と笑いのことを知り、また心を動かされた、とアントニアは言う。

This one gave me a genuine smile from ear to ear. https://t.co/JlTFlWeDJU

「この話を読んで、満面の笑みが浮かびました」

広告

「このことで、ほんの一瞬だったけれども、母が父の元に戻りました」とアントニアはつけ加えた。

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan

Tanya Chen is a social news reporter for BuzzFeed and is based in Chicago.

Tanya Chenに連絡する メールアドレス:tanya.chen@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.