• sexedjapan badge

「性行為について、もっと早くに知りたかったこと」を聞いてみた!リアルな回答 8選

「オーガズムを偽らない大切さ」

アメリカのBuzzFeed読者に聞いた「性行為についてもっと早くに知っておきたかったことはなに?」

※寄せられた回答は、あくまでも個人の意見や体験です。

1. オーガズムを偽らない大切さ

FOX/WhosThatGirlItsJess

「オーガズムを偽ることは、あなたのパートナーのためにも、あなた自身のためにもなっていない。何が好きなのかをお互いが理解するには、正直でいる方が近道になるよ」

—cazboline

2. 硬いままでいるのは大変なときもある

「お酒を飲んでないときでも、勃起するのが難しいときがある。テレビだと、男性はいつでも『やる気マンマン』という風に描かれていることが多いけど、気分が乗らないときもあるし、勃たないときもある」

—adamgregory

3. 潤滑ゼリーをもっと「当たり前」だと思うべき

FOX/Imperial Bedrooms

「『アソコが濡れる』『潮吹き』などの言葉が飛び交う社会で、女性(または女性器を持つ人)は、自然と十分な量の愛液が出ると信じられているけど、本当は違う。濡れない時もあるし、その時は潤滑ゼリーを使っても良いんだって、もっと早くに気付いてればよかった」

—ashleyt436f382f8

4. 大きさの好みは人によって違う

「膣の形は人によって違う。膣が短い人に、大きな男性器を入れても痛みや不快感が伴うだけ。挿入という行為が楽しめないこともある」

—greenbluepurple

5. 膣が狭いこともあり得る

Emilija Manevska / Getty Images

「性行為は痛いものだってずっと思ってた。初めて挿入を経験するまでは、タンポンすら入らなかった」

—sweetsmellofjasmine

6. 挿入が必要だと思い込まないで

「ゲイの私は、性行為を避けるようになった。肛門性交が好きじゃなかったから。他の行為でも十分に満足できるし、楽しめることを知った」

—oliver14

7. ゲイ男性として知っておきたかったこと。肛門性交するとき、ハプニングが起こることもある

Miakievy / Getty Images

「文字通り、ハプニングが💩」

—joshuamcjohnson

8. 少なくとも私は、いろいろな種類のオーガズムを感じる

「オーガズムはみんな同じ快感なのかと思っていたけど、違うみたい。自分が思ってたより多くオーガズムを感じてた」

—jayjay09468

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:オリファント・ジャズミン