• medicaljp badge

公開中止映画「MMRワクチン告発」、配給元代表が謝罪 監督・プロデューサーは疑義に回答せず

配給会社の代表が「一度限りの上映会」で謝罪した。

公開中止になったドキュメンタリー映画『MMRワクチン告発』の「一度限りの上映会」が11月12日、開催された。

上映会冒頭、公開中止を決定した配給元のユナイテッドピープル株式会社代表・関根健次氏がスピーチし、「急きょ、配給会社の独断、単独の判断により公開を中止させていただき、関係者のみなさまには多大なご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

ユナイテッドピープル株式会社 / Via vaxxedjp.peatix.com

さらに、「この映画が公開されることで、期待された方もいらっしゃれば、苦しい思いをされた方もいらっしゃると思います。ここにお詫び申し上げます」と続けた。上映後、関根氏が来場者から中止について質問を受ける場面もあった。

同作については、公開発表直後から、MMRワクチン(麻疹・おたふく風邪・風疹の混合ワクチン)と自閉症の発症を関連づける内容が批判されていた。そして公開直前、監督の主張に矛盾があるとして、日本の配給元が公開中止を決定していた。

この上映会には、プロデューサーのデル・ビッグツリー氏が来場し、質問に答える予定としていたが、直前に来日がキャンセルに。また、関根氏から、監督のアンドリュー・ウェイクフィールド氏と連絡がつかないことが明かされた。

回答がなかった「疑義」とは

公開中止の理由になった、ウェイクフィールド氏の主張の矛盾とは、どのようなものだったのか。

この映画の中では「MMRワクチンの使用による影響の可能性を連想させる使い方」で、日本においても自閉症と診断される患者数が急激に増加する様子のグラフが紹介される。

しかし、日本ではMMRワクチンの中止後も、自閉症と診断される患者数が増加し続けている。映画が示唆する「MMRワクチンと自閉症に因果関係が疑われる」可能性はないとする研究結果もあるがどうか、というのが、ユナイテッドピープル社からの第一の指摘だった。

この指摘について、ウェイクフィールド氏の認識は以下のようなものだ。(映画の最後に付け加えられる予定だったメッセージより引用)

“日本ではMMRワクチンは中止されましたが、1994年の法改正により、日本の赤ちゃんには、生後12ヶ月後からはしかと風疹の予防接種が同時に推奨されるようになりました。”

“MMR中止後減少した自閉症が再び増加した時期は、はしかと風疹のワクチン接種増加とちょうど比例しています。生ワクチンにさらされるという状況は、日本からなくなっていなかったのです。”

つまり、MMRワクチンは中止になっていたものの、それぞれのワクチンの単独接種ではなく同時接種をしていたから、MMRワクチン同様に自閉症との関連が示唆される、というのがウェイクフィールド氏の主張だといえる。

しかし、ユナイテッドピープル社が関係省庁や医療機関、医師などに確認したところ、日本ではこのような事実は確認できず、「むしろ1994年以後は単独接種が推奨されていた事実がある」と判明したという。

これが矛盾であるというのが、同社からの第二の指摘だ。そして、11月3日に「緊急で」と依頼したこの指摘への回答は、関根氏によれば、12日現在に至るまで、得られていない。

12日の上映会ではこれらの疑義を再度、ビッグツリー氏に対して投げかける予定だったが、同氏の来日がキャンセルされたことで、それも実現しなかった。

配給元「ふがいなさ」と「不信感」

配給元の代表である関根氏は現在、どのような思いでいるのか。12日の上映会後、BuzzFeed Japan Medicalの取材に応じた。今、同氏が感じるのは、何よりも「自分のふがいなさ」だという。

「命に関わるワクチンの映画を扱うにあたり、自分が予想していたよりもはるかに知識が足りなかった。今回の公開中止は、それが招いたことです。なぜもっと早く、小児科医師などとファクトチェックができなかったのか」

ウェイクフィールド氏は過去に「子どもへのMMRワクチンの予防接種が自閉症の症状を引き起こす」という論文を発表するも、利益相反行為や、患者のデータ・病歴が大幅に書き換えられたり、捏造されたりしていた疑惑が発覚した。

同氏は医師免許を取り消され、論文が掲載された『ランセット』は論文を撤回している。日本での上映にも、医療関係者などから批判が集中していたことには、このような背景がある。

公開中止に際して、「医療の専門家でない立場で、難しい分野の映画を取り扱うにあたり、それなりのリサーチはしておりましたが、足りませんでした」と声明を発表していた関根氏。このような背景は「把握していた」という。

その上で、一度は上映に踏み切った理由として、この映画の主題はウェイクフィールド氏という人物ではなく、あくまでも「米国疾病対策センターがMMRワクチンと自閉症の関連性を示すデータを隠蔽している」という内部告発であったため、公開に意義があると考えたと説明。

しかし、疑義に対するウェイクフィールド氏側の姿勢によって、その判断は揺らいだ。

「1000あるうちの1の要素かもしれませんが、それについての疑義に真摯に回答いただけなければ、残る999についても再度、検証の必要が生じます。公開までの短い期間でそれをするのは不可能と判断し、公開中止の決定をしました」

公開を中止にしたことで、ユナイテッドピープル社は経済的にも、また配給先の劇場などとの信用の面でも、大きな損害を受けたという。それでも決断に踏み切った理由を、関根氏は次のように語った。

「疑義が生じてからというもの、“誰のために、何のために映画を配給するのか”ーーそう自分に問いかけ続け、答えを出しました」