「人生のどん底」を経験したエド・シーラン。救ってくれたのは妻と先輩歌手だった

    アルコール依存、暴飲暴食…。グラミー賞4度受賞の人気英国歌手、エド・シーランがインタビューで語った自身の「人生のどん底」の経験とは。

    7月、出版社ヘイ・ハウスが「不安障害」をテーマに制作したドキュメンタリー映像を発表した。人気歌手のエド・シーランもインタビュイーとして登場し、自身のプライベートと2015年のツアー中に経験した「人生のどん底」について語った。

    Ed Sheeran on his "Multiply World Tour," a tour during which he struggled behin-the-scenes
    Nurphoto / Getty Images

    「乱れた食生活にお酒…ツアー中は全く日光を浴びなかったし、運動もしていなかった」

    Ed Sheeran on tour in 2015
    Gary Miller / Getty Images

    ツアーの期間中、アルコールに依存していたという。

    Ed Sheeran on tour in 2015
    Rick Kern / WireImage

    「一晩中お酒を飲んでいたよ。ライブ会場の近くにバスが停まっていて、ライブが始まるまでは1日中バスの中で寝る。ライブが始まる頃には起きて、歌って、お酒を飲んで、またバスに戻る。4カ月くらいは日光を浴びなかったと思うよ」

    「ツアーの最初のころは、すごく楽しい気分になるんだ。ロックンロールみたいにね。でもその後、悲しい気持ちが襲ってくる。あの時が人生のどん底だったと思う」

    エドは自身を「依存体質」と説明し、お酒との関係についても明かした。

    Don Arnold / WireImage

    「依存している時は、『適度に』っていうのがとにかく難しい。でもその『適度に』が大切なんだよね。体のタトゥーも(一部ではなく)全身に入っているように、僕は物事を中途半端にすることが嫌いなんだ。だからお酒を飲むときも、ワインを一度開けたら、1杯だけなんてことはせず、ボトル2本くらいは飲んじゃうタイプなんだ」

    当時の乱れた食生活についても語った。

    そんな彼を助けてくれたのは、妻のチェリーさんと、歌手のエルトン・ジョンだったという。

    Ed and Elton John, who helped Ed during his "rough patch"
    Kevin Mazur / WireImage

    「エルトン・ジョンと僕には共通点が多いんだ。例えば、彼はアイスをドカ食いして吐くまでデザートを食べ続けたらしい。これ、僕もしたことがある!って思ったよ」

    Ed with his mentor Elton
    Kevin Winter / WireImage

    妻チェリーさんの健康的な生活も、エドにとっては大きな助けとなったそう。

    Ed and his wife, Cherry, who helps Ed maintain a healthy lifestyle
    Stephen Pond / Getty Images

    「彼女はたくさん運動をするから、僕も彼女と一緒にランニングを始めたよ。彼女の健康的な食事のおかげで、僕の食事も健康的になった。彼女はお酒もそれほど飲まないから、僕も飲まないようになった。彼女のおかげで全てが変わったよ」

    インタビューでは、他にも「幸せ」や「メンタルヘルス」など、様々なトピックについて話している。

    インタビュー全編(英語)はYouTubeをチェック👇

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:吉谷麟