• WTF badge

「宇宙の香り」が手に入る?!香水製作のクラウドファンディングが開始

これまで「宇宙の匂い」は様々なものに例えられてきました。ステーキ、アーモンドクッキー、ベーコン、火薬…。「宇宙の匂い」を再現した香水はどんな香りになるのでしょうか。

宇宙ってどんな匂いがするんだろう…?そもそも「匂い」があるのか…?

NASA/CXC/SAO / Via Flickr: nasamarshall

宇宙飛行士にならずともこの疑問を解決できる、「あるモノ」が手に入るかもしれません。

それは「宇宙の香りの香水」!!

Eau de Space / Via kickstarter.com

クラウドファンディングサイト、キックスターターで「Eau de Space(オードスペース)」製作への出資募集が始まりました。

出資枠は15ドル(約1600円)から。29ドル(約3100円)以上出資すれば、見返りとして1本から香水を入手でき、加えて同数が教育のため米国の学校に寄付されます。

現在、約5700人が支援しており、23万5000ドル(約2500万円)以上の資金が集まっています。

実は、過去に「宇宙の香り」は再現されています。未知の香りに挑戦したのは、香料メーカー、オメガ・イングレディエンツの創業者で化学者のスティーブ・ピアス氏。CNNによると、2008年に同氏はNASAと契約し、宇宙飛行士の訓練のため「国際宇宙ステーション内部の香り」の香水を製作しました。

「Eau de Space」もピアス氏の指示のもと、前作をアップデートする形で作られるそうです。

これまで、「宇宙の匂い」は様々なものに例えられてきました。2006年、民間女性として初めて宇宙旅行をしたアニューシャ・アンサリ氏は「焦げたアーモンドクッキー」の匂いがしたと語っています。

Alice Mongkongllite / BuzzFeed

ピアス氏が参考にした宇宙飛行士の証言によると、オゾン、熱された金属、ステーキの匂いもしたとのこと。ベーコンの匂いがしたと話す宇宙飛行士もいます。

欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機ロゼッタのプロジェクトに関わった化学者、カトリン・アルウェッグ氏は、彗星(67p/C-G)の匂いを分析しました。硫化水素やアンモニアから、「腐った卵」や「馬小屋」の匂いがする可能性があるそうです。

アポロ17号に乗って月面着陸に成功したユージン・サーナン氏は、月の砂の匂いを「発砲後の火薬」に似ていると表現しています。

肉や金属が焦げたような匂いになるのかな…?いわゆる「良い香り」ではなさそうですが、自分で嗅いでみたい人はキックスターターをチェックしてみてくださいね。

Science Photo Library - Mark Gar / Getty Images

「Eau de Space」は製品化されず、出資額に合わせた数のみ製造される予定だそうです。現時点では後から購入できないので、手に入れたい人は出資を忘れずに!

※日本からの場合、8ドル(約860円)の追加料金がかかります。