再現度高すぎィ!人気漫画の主人公の髪色を真似したら、とんでもないネギができてしまった

    漫画の主人公のウィッグを作りたかっただけなのに……?

    ネ、ネギ……?ウィッグ……? 私はなにを作っているの……?(混乱)

    Twitterに「ウィッグ作ってんのかネギ作ってんのか分からなくなってきた今9割ネギ作ってる」と投稿された、2枚の写真が話題になっています。

    投稿者は、中部中心にコスプレをしているという、うるはさん。

    約3万回リツイートされ、17万以上の「いいね」が集まりました。

    「100億%ネギですね(違う)」「めっちゃネギ。束ねてるゴムがいい味だしてる!」となど、色づきの良さや、アイデアの斬新さを褒める声が寄せられています。

    スーパーで見たことのある、ネギじゃないですか? ゴムの束ね具合やグラデーションの美しさが、これまたネギ感マシマシにさせているような……😂

    提供写真

    BuzzFeedは作者のうるはさんに話を聞きました。

    提供写真

    今回、『Dr. STONE』という漫画の登場人物である、石神千空というキャラクターのウィッグを制作したいと思い立ち、手を動かし始めました。

    ただ、ウィッグを染めるということ自体が初体験だという彼女。造形ウィッグももちろん初めてだったそう。

    だから、染具の説明を丁寧に読み、キャラクターの髪色の忠実に再現したいと染め始めたといいます。

    ただ、問題は実は石神千空の髪色にありました。実は作る前から、ネギや白菜のようなグラデーションになることは想像できていたんだとか。

    「まだ完成形ではないので、工夫するなど大変なことはこれからです。公式画像に出来るだけ近づけるよう丁寧に作っていけたらと思っています」

    今はまだロングウィッグを染めた段階で、「今後は髪の毛をふかしたり、ワックスやスプレーで固めたりと、理想の形に近づけるにはまだまだ時間がかかる」と説明します。

    今回の大きな反響を、このように受け止めています。

    「いつものように、ただ進捗をつぶやいただけで、今回のような反響は全く予想していませんでした」

    「多くの方に褒めていただき嬉しさもありますが、完成までのプレッシャーや拡散力の怖さなども実感しました」