部屋に植物を飾っていたせいで…。愛猫を失わないために獣医が警鐘を鳴らすこと。

    大切な猫ちゃんとできるだけ長く過ごすために、部屋に置くべきでない植物があります。

    猫ちゃんを飼っているなら、住環境に植物を置かないでほしい。

    大切な猫ちゃんを無意識のうちに苦しめることになるかもーー。

    1匹の猫と暮らす、獣医師がTwitterで「猫を飼っているなら絶対にユリ科植物はお部屋に置かないでください」と警鐘を鳴らし、注目を集めています。

    BuzzFeedは、投稿者で「ユリ中毒の猫ちゃんは、これまで何例も経験したことがある」という、獣医にゃんとすさん(@nyantostos)に話を聞きました。

    まず話題になったツイートがこちら。

    獣医にゃんとすさんのTwitterより / Via Twitter: @nyantostos

    《猫を飼っているなら絶対にユリ科植物はお部屋に置かないでください。猫にとってユリ科植物は猛毒で、花びら1枚食べたり、花瓶の水を飲むだけで死に至ることがあります。ユリ中毒は発症してしまうと効果のある治療法はありません。1人でも多くの飼い主さんに届くよう、拡散よろしくお願いします》

    なぜ猫ちゃんはユリ科の植物を食べると死に至るのでしょうか。現時点で解明されている原因をこのように話します。

    環境省 / Via env.go.jp

    「猫は人間や犬と違って完全な肉食動物です。肉食に適応していく中で、肝臓の解毒経路であるグルクロン酸抱合を失ったからでは、と考えられています」

    投稿した理由を尋ねると、無知ゆえに、飼い猫を失って後悔している人を多く見てきたからだといいます。

    「今までもユリ中毒で愛猫を亡くし、後悔されている飼い主さんを病院でもみましたし、またSNSでも最近見かけました」

    「ユリ中毒は高い確率で死に至る怖い病である一方で、ユリをお家に置かなければユリ中毒になることはありません。ユリ中毒に苦しむ猫ちゃん、飼い主さんが少しでも減れば良いなと思ってツイートしました」

    また、ユリ科の植物の他にも700種類以上の植物が毒だと、ツリーに綴っています。代表的なものにはどんなものがあるのでしょうか。

    「チューリップやアジサイ、スズラン、トマトやナスなどのナス科植物なども危険だと言われています」

    また、環境省のパンフレット(写真)にもペットの誤食について記載があります。

    贈答用の花束やお仏壇に飾る仏花など、私たちの生活の中でさほど遠くないところにあるユリ。

    「ユリ中毒の猫ちゃんはこれまで何例も経験したことがあります。猫ちゃんは好奇心旺盛ですから、ユリの葉で遊んでいるうちに葉をかじってしまうパターンが多かったです」

    「そもそもユリが原因だと気付いていない飼い主さんも多く、話を聞いていくうちに『そういえばうちにユリを飾っています…』というパターンもありました」

    反響について「知らなかったという声をたくさんいただき、多くの飼い主さんに届いてよかったと感じた一方で、まだまだ注意喚起が必要」だと感じたといいます。

    今回のツイートではユリに限った話にしたものの、厳密にどの植物が危険で、または安全かきっちり証明されているわけではないといいます。

    「猫を飼っているなら、ユリ科以外でも、部屋や生活環境に植物を置かない方が無難です」

    ブログ「げぼくの教科書」で猫との暮らしについて綴っています。

    詳しくはこちらから。