Updated on 2019年12月2日. Posted on 2019年12月1日

    どうして『アナ雪2』ができたのか?制作裏話22連発!

    映画『アナと雪の女王2』が公開中!舞台裏と制作秘話を教えちゃうよ❄️

    🚨注意!ネタバレを含みます🚨

    1. 『アナ雪2』制作のきっかけになったのは、クリエーターやプロデューサーたちが頻繁に聞かれていたこと。「どうやってエルサはあの力を得たの?」

    Disney

    2. そして、制作のジェニファー・リーとクリス・バックは、それぞれのキャラクターが「関係を築くスタート地点」に立ったところで1作目が終わっていることに気付きました。

    Disney

    クリストフとアナは結ばれたばっかり、オラフは「生まれたて」、エルサとアナも数年越しに通じ合ったところで1作目は終わりました。

    3. 『アナ雪2』は、ディズニーのプリンセス映画史上で初めて劇場公開される続編になります。

    Disney

    4. アナとエルサはそれぞれ別の北欧伝説がモデルになっています。アナはおとぎ話、エルサは神話をイメージして作られました。

    Disney

    楽観的で愛情豊かなアナと、不思議な力と運命を持つエルサ。確かに対照的ですね。

    5. ディレクター陣とプロデューサー陣は、リサーチのためノルウェー、フィンランド、アイスランドを実際に訪れました。

    Disney

    6. そして北欧で初めて氷河を目にした時、「何千フィートも厚くて、何千年もの歴史がある氷」とエルサが関連づくのではと考えました。

    Disney

    「それがきっかけで、より壮大な物語が生まれたんです」と語っています

    7. クリストフが森の中で「恋の迷い子」を歌うシーン。バックコーラスのトナカイたちの歌声も、クリストフと同じ声優(ジョナサン・グロフ)が担当しています。18パターンも録ったそうです!

    Disney

    8. 劇中歌「わたしにできること」 は、クリスティンが普段大切にしている真言が元になっています。

    Disney

    9. 実際にジェニファーとクリスティンは2人の熱い議論を録音して、作曲家に送りました。その議論が「わたしにできること」 へのインスピレーションになったのです。

    Disney

    10. 元々、続編はアナ(クリスティン・ベル)が歌う「ホーム」から始まる予定でした。

    Disney

    「『ホーム』を歌ったんだけど、みんなで見てみたら違和感があったの。他のキャラクターが映らなくて」とクリスティンは語っています

    11. アナとクリストフが歌う「ゲット・ディス・ライト」という曲も作中に入る予定でしたが、結局使われず。2人のラブソングでした。

    Disney

    12. アナの衣装には、122着もの候補が用意されていました。中には元々エルサのためにデザインしたものも。

    Disney

    13. エルサとオラフとの離別を乗り越えようとするアナの物語は、アナの声を演じたクリスティン・ベルの実体験が元になっています。

    Disney

    「私はとても共依存的な人間なの。その点が人を喜ばせたり楽観的にさせることもあるんだけど、(この人間性の)良い点と悪い点、しかもそれが混在していることについて、アナと深く掘り下げた」

    「でも、他の誰かのために生きられなかったらどうするの?子どもたちに考えてみてほしいと思う」とエンターテインメント・ウィークリーの取材に答えています。

    14. オラフの「サマンサ?」シーンは、オラフの声を演じるジョシュ・ギャッドのアイデアでした。

    Disney

    15. アナとエルサの母・イドゥナの声を演じたエヴァン・レイチェル・ウッドは、オーディションでザ・ルミニアーズの「アンジェラ」をプリンセス風に歌いました

    Kevin Winter / Getty Images

    16. 制作人は、エヴァンが「部屋に入った瞬間」、アナとエルサのお母さんだと直感したそうです。

    Disney

    17. オーディション合格の通知が来たとき、エヴァンはディズニーランドに向かっている途中でした。

    18. アナとエルサの父・アグナルの声を演じたスターリング・K・ブラウンは、オーディションで映画『ラグタイム』の曲「ウィールズ・オブ・ア・ドリーム」を歌いました。オーディションで歌ったのは初めてだったそう。

    Rodin Eckenroth / WireImage

    19. スカンジナビア半島の先住民・サーミ族が作中に登場します。制作時にディズニーは、「サーミ族の文化を尊重して、映画に反映させること」をサーミ族と契約しました。

    Disney

    20. エルサの馬・ノックのアニメーション制作には、6人がかりで半年近くかかりました。

    Disney

    水でできているノックの質感を水中で表現するのが至難の技だった、とアニメーションエフェクト部門のトップは語っています

    21. 風の精・ゲイルが通る道はVRを使って考案されました。

    Disney

    22. 1作目では少ししか出てこなかったアレンデール王国の全体像。2作目では登場シーンが増えます。デザインも土台から一新されました。

    Disney

    UPDATE

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form