バズフィードが記事で紹介してめっちゃ売れたベストバイ商品

    どれもめっちゃおすすめなんです。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    バズフィードにはおすすめ商品を紹介する記事があります。

    これは企業からお金をもらう広告じゃなくて、編集部のメンバーが「これいいな」と思うものを勝手に取り上げています。ステマじゃないよ!

    そういった記事の中には、AmazonやYahoo!ショッピングの商品ページへのリンクが貼ってあるものがあります。読者がそこで買い物すると売上の数%がショッピングサイトからバズフィードに支払われます。

    読者が買いたくなるような商品を紹介して、買ってもらって、読者も企業もショッピングサイトも嬉しい。しかも、BuzzFeedにも収入がある。いつもありがとうございます!

    ではバズフィードでは2017年、どんなものが売れたのでしょうか。Amazonでたくさん売れた順に振り返ってみます。

    1位:フロム・ザ・バレル 500ml

    ニッカウィスキー / Via amzn.to

    これはむちゃくちゃおすすめのウィスキー。なにがすごいって2500円前後という手頃な価格ながらしっかりとスモーキーな香りと味わいがあって、圧倒的にコスパが優れているところ。

    最近、国産ウィスキーは国内外から人気で、どんどん在庫が枯渇していっています。サントリーの山崎に至ってはスーパーでもあまり見かけなくなりました。

    このフロム・ザ・バレルもとくに外国人観光客から人気らしく、酒屋でも品切れのことが多い印象。Amazonで在庫を見かけたらチャンスと思って購入するのをおすすめします。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    家飲みに超おすすめ。これ1本あるだけで必要十分なウィスキー
    https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/whisky-osusume

    2位:会議でスマートに見せる100の方法

    早川書房 / Via amzn.to

    この本はすごいです。ここまで実用的なビジネス書は見たことがありません。

    我々の仕事と切っても切り離せない存在なのが会議です。会議でどう振る舞うかがその人の評価を決定づけます。

    ということは逆に言えば会議さえ上手く乗り切れば仕事の評価は上がるわけです。

    そこを突いた悪魔の書がこの本で、恐ろしいまでに実践的なティップスが紹されています。

    たとえばこうです。

    例1. ベン図を描く

    早川書房

    席を立ちあがり、ベン図を描くのは賢く見せるすぐれた方法だ。ベン図がデタラメでも構わない。むしろ、デタラメなほうがいい。あなたがマジックを置く間もなく、同僚たちは領域の名称や円の大きさについてああでもないこうでもないと議論しだすだろう。そうなればしめたもの。あなたはこっそり席に戻り、スマホゲームを再開できる。

    例2. プレゼンで1つ前のスライドに戻すよう頼む

    早川書房

    「ごめん、1つ前のスライドに戻って」。これはプレゼンターが一番聞きたくない言葉だ。それがプレゼンテーションのどの段階であっても。そして、あなたがそう言うとたちまち、ほかの誰よりも熱心に聴いていたように見える。プレゼンターがなにかを忘れ、それを賢いあなたが指摘しようとしているのだから。なにも指摘することがなかったら? 戻されたスライドを数秒だまって見つめ「よし、次に進んで」と言う。

    例3. みんなの意見がひとつにまとまったら「いざ出陣!」と言う

    早川書房

    ひとつのアイデアや方向性にみんなが熱狂するような瞬間がある。誰よりも先に「いざ出陣!」と掛け声をかける。そうすれば、その会議を終結させるのと最終的な決定を下すという二つの権限があなたの手中に転がり込む。実際にはどちらの権限もないとしても。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    【シェア禁止】会議室で誰よりも賢そうに振る舞うためのすごいトリックhttps://www.buzzfeed.com/jp/narumi/tricks-to-appear-smart

    アイリスオーヤマ / Via amzn.to

    SNSなどで「今年買ってよかったもの第1位」と絶賛されている大ヒット商品

    使い方は超簡単。本体から出ているホースを布団に差し込むだけ。室内で手軽に使えるので布団が干せない時などにとても便利です。

    そんなすごいマシーンが、Amazonのサイバーマンデーセールで安くなっていたのでめちゃくちゃ売れました。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    今年買ってよかったもの第1位? SNSで話題の「布団乾燥機」がスゴイhttps://www.buzzfeed.com/jp/asamitogi/kararie

    4位:Fire TV Stick

    アマゾン / Via amzn.to

    このFire TV Stickは人をダメにする悪魔のリモコンです。これをテレビに挿すだけで、Amazonの大量のコンテンツをテレビの大画面で見られるのです。

    Amazonプライム会員なら絶対に買いの商品なのは間違いない。筆者はこれを使い始めてからはもう地上波をテレビに映すことがほとんどなくなりました。

    テレビはもはやAmazonプライムのビデオを映すためだけのスクリーンで、動画を見てないときはAmazon Musicの音楽を流しっぱなし。リモコンの音声入力もとても快適です。

    Fire TV Stickのせいで休日に家から出られなくなる人が増えているそうです。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    人をダメにする魔のリモコン「Fire TV Stick」が本当にヤバいhttps://www.buzzfeed.com/jp/yuyayoshida/firetv-haizin

    5位:マスコット 印度の味 中辛

    マスコット / Via amzn.to

    美味しいカレーを自宅でさくっと作りたい人にぴったりなのがこの「印度の味」というペースト。

    これを使うともう普通のルーには戻れません。それくらい味の完成度も、作り方の手軽さも桁違いに優れているのです。

    手順は簡単です。

    1. 鍋で適当な鶏肉を炒める。

    2. そこにカレーペーストを投入する。

    3. 空になった瓶で2杯分の水を入れる。

    4. あとは15分煮込むだけ。

    narumi / BuzzFeed

    たったこれだけで本場インド風のチキンカレーができあがるのです。そのへんのカレールーで作ったものとは全然違います。めちゃくちゃスパイスの香りがするし、味の深さもやばい。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    本格的なインドカレーを15分で作れる“魔法の瓶”を知ってる?https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/curry-paste

    6位:アメリカ海軍SEALのサバイバル・マニュアル

    三笠書房 / Via amzn.to

    これはあり得ないくらい実践的なマニュアル本。著者はアメリカ海軍の精鋭部隊である「SEAL」の元隊員。

    高度な訓練を受けた秘密工作員が、命がけの状況に直面する中で開発した100のスキルが紹介されています。

    たとえばこうです。

    例1. 背中を狙われたときに銃を奪い取る

    三笠書房

    例2. 自動車のトランクから脱出する

    三笠書房

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    突然、銃で狙われたら?アメリカ海軍の『サバイバルマニュアル』が実践的すぎる
    https://www.buzzfeed.com/jp/tsunehikonishimaki/seal

    7位:明日クビになっても大丈夫!

    幻冬舎 / Via amzn.to

    ライターのヨッピーさんの初めての書籍

    巷にあふれる「会社なんてやめてしまおう」「好きなことで生きていこう」「とにかくチャレンジしよう」といったある種極端な主張は見ていて爽快だが、誰もが真似できるものでもない。

    その点でヨッピーさんの本がユニークなのは「いつクビになってもいいように、会社員をやりながら趣味をお金に変える準備をしてみよう」と手近な手段で自衛することをすすめているところ。

    将来にわたった終身雇用が怪しい時代、会社員だけが忠誠心を持つ必要があるのだろうか。僕らはもっとずるく生き抜いていくべきなのでは。

    そんな気づきを与えられる本でした。BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    ライターのヨッピーさんに「会社員やりながら“生産する趣味”を持つのが最強」という話を聞いてきた
    https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/yoppy-tsuribori

    8位:ファイン シューズ洗濯ネット

    ファイン / Via amzn.to

    スニーカーをお風呂場でごしごし洗う後ろ姿はちょっと悲しい。でもこのネットなら! 洗濯機のなかに放り込んでスイッチを押すだけ。

    靴も洗濯機も痛むことなく洗えます。そして手で洗うよりもしっかり汚れが落ちます。

    780円と安いので1つくらい持っておいて損はないはず。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    2017年、買ってよかったものをまとめてみた(1-3月編)
    https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/katte-yokatta

    9位:永谷園 業務用 たまねぎスープ 50P

    永谷園 / Via amzn.to

    50袋も入って580円と格安!

    ロースト感のあるオニオンパウダーとフレッシュ感のあるオニオンパウダーの2種類のオニオンパウダーを使用しているそうで、焦がし玉ねぎの風味が評判。

    マグカップで手軽に飲めるスープが手元に大量にあると便利です。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    Amazonの“業務用”が神すぎる。あの定番商品がこんなにおトクに
    https://www.buzzfeed.com/jp/hironakobashi/gyomuyo-saiko

    10位:ゾーリンゲンペディー

    solingen / Via amzn.to

    足にできたタコや魚の目を「ゾーリンゲンペディー」の刃でなぞるだけで、かつお節のように余分な角質が削れていきます。

    ガッチガチな角質がつるつるになるのが、病みつきになります。筆者はもはや角質ができるのが待ち遠しくなるレベルです。

    BuzzFeedでの紹介記事はこちら。

    2017年、買ってよかったものをまとめてみた(1-3月編)
    https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/katte-yokatta

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。