映画『タイタニック』で切ない死を遂げたのはむしろ脇役

    ジャックよりも、こっちだ。

    by ,

    映画『タイタニック』と言えば、ラストのジャックの死が切ない。彼の死を悲しむ人があまりに多く、「実はジャックは死んでいなかった説」がでるほどだ。

    でもメインキャラのジャックたち以外にも、ファンの心に残る死はたくさんあるはず。

    1. 荷物があるからと避難しなかった女性。

    Paramount Pictures

    そこじゃないだろ!と見ながら思ったはず。

    2. ジャックを誘拐犯と間違えて激怒した男。

    Paramount Pictures

    その結果、子どもとともに水に飲まれることに。

    3. マードック士官に撃たれた2人。

    Paramount Pictures

    沈みゆく船の中で、まさか銃で死ぬとは。

    4. マードック士官の自殺。

    Paramount Pictures

    5. 船から落ちて、プロペラに巻き込まれた男。

    Paramount Pictures

    残酷なシーンでゾっとした。

    6. ローズとジャックを探して水に飲まれた2人。

    Paramount Pictures

    メインキャラのために…。

    7. ダイニングルームの人々。

    Paramount Pictures

    水位が増して、天井ギリギリまできた時の絶望感は、恐ろしくて想像すらしたくない。

    8. 凍りついたまま海に漂う人々。

    Paramount Pictures

    悲しいというより、恐ろしかった。

    9. 死に備えて正装し、ブランデーを飲む紳士。

    Paramount Pictures

    紳士の心構えが切ない。

    10. E・J・スミス船長。

    Paramount Pictures

    自業自得とはいえ…。

    11. ローズのメイド、トゥルーディ。

    Paramount Pictures

    主人は助かったけどさ。

    12. トーマス・アンドリュース。

    Paramount Pictures

    主役たちに寄り添った人物だけに。

    13. ゲートを閉められてしまった人々。

    Paramount Pictures

    非常事態の人間の無情さ。

    14. 互いに寄り添い、ベッドで死を覚悟する老夫婦。

    Paramount Pictures

    この夫婦のシーンが強く心に残っているファンは少なくないはず。こういう覚悟の仕方があるのかと、当時子どもながらにひどく驚いた。

    😢😢😢

    この記事は英語から翻訳されました。