【やってみた】マイナス14度に卵を放置したら目玉焼きっぽいやつできるんじゃね?

    みんな大好き、理科の実験の時間だよーーー!

    ※アメリカ中西部を襲う大寒波が話題ですが…この記事は、2018年に開催された平昌オリンピックの取材担当者が書いたものです。

    「いや〜、暑いなー!こんなに暑いと、道路で目玉焼き焼けちゃうよ!」って言う奴いるじゃないですか。

    Apolys / Getty Images

    じゃあ、逆に寒すぎたらどうなんの?って話ですよ。韓国、めちゃくちゃ寒くて笑った。で、思いついちゃった。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    気温はマイナス14度。寒すぎるってーーー!

    アツアツの道路で目玉焼きとか正直見飽きた。でも、寒すぎたらどうなるかって気にならん?それに凍った卵がどんなのかも知りたい。

    だから、まぁやってみた。

    舞台は平昌。そう、2018年の冬季オリンピックの会場になったあそこ。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    ルールはとってもシンプル。めっちゃ寒いところに卵を置いて、どれくらい時間が経てば凍るのかをチェックする。フライパンの上に1つ。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    そして4つを雪の中に。だってさ、凍ったゆで卵ってどうなるのか知りたいじゃないですか。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    そして、最後の1つは直接雪の上に!

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    実験開始時刻は午後2時4分。記念撮影をパシャっ!

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    ということで、あとは待つだけ。

    5分が経過した段階で、すでに凍り始めたときにはさすがに震えたわwww

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    ほらほら、少しずつね。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    しかも、ちょっとずつ硬くなりはじめちゃったんだけど。

    video-player.buzzfeed.com

    雪の上に直接置いた卵は、すでにだいぶシャリシャリ。

    video-player.buzzfeed.com

    ここまで読んでくれたみんな、「またBuzzFeedの奴らが遊んでるよ」って思ってるかもしれないけど、この日は普通に平日。卵が凍るのを見届けるのも大事だけど、仕事もしなくちゃいけないんだわ、だって社会人だもの。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    ということで、一旦屋内に退避してデスクワークをすることにしました。偉いぞ、私。

    1時間後、うっかり卵の存在を忘れかけてたけど安心してくれ、ちゃんとチェックしたから。それではお待たせしました…

    ちょw カッチカチなんだけどw

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    だってさ、叩いたときの音がマジだもん。

    video-player.buzzfeed.com

    自然って恐ろしいな〜

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    テンション上がりすぎて、朝ごはんごっこもしちゃったよ。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    凍っていても生卵には変わりないので、食べるのは止めといた。

    まさか、こんなに早く夢が叶うなんて。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    同僚に1秒でも早くこの結果を見せたくて、フライパン持ったままセキュリティチェック!職員の人もさすがに引いてたけど、まぁ気にしない。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    みなさん、お気付きだろうか。何か忘れているということを。そう、凍ったゆで卵の存在を。

    Lauren Yapalater / BuzzFeed

    フライパンの上で凍った卵を見つけたら嬉しすぎて、すっかり忘れてた。2日後に取りに行ったんだけど無事でした。結果は成功。ちゃんと凍ったぞ。

    【結論】めっちゃ寒いところに卵を置いておくと、目玉焼きっぽいやつができる。

    video-player.buzzfeed.com

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:千葉雄登